12月のお誕生日会

商品開発事業部 バースディ

<主役のメッセージ>

師走の忙しい中、バースデーを開催頂きありがとうございました。システム室の方々の様に新しい商品を生み出す事はできませんが、「子年」はコツコツ勉強・情報を集めて勘と閃きでお役に立てるように頑張りたいと思います。来年もCPDS講習会、宜しくお願いします! 三浦

 
 

本社技術部 バースディ

<主役のメッセージ>

本日はお忙しい中、バースデーを開催していただきありがとうございました。皆様のいつもひたむきに業務に励むお姿とは少し違った一面も発見することができ、とても楽しい時間となりました。来期に向けてのお話もでき、より一層、頑張ろう!という気持ちが増しました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。 濱野

 
 

本社管理部 バースディ

<主役のメッセージ>

お忙しい中、バースデーを開催していただき、ありがとうございました。2月よりきんそくでお世話になり、あっという間に10ヶ月が経ちました。きんそくには素晴らしい人生の先輩方がおられますので、常に学ぶ姿勢を持ち続け、会社とともに成長していきたいと思います!引き続き、よろしくお願いいたします。 藤田

 
 

本社営業部 バースディ

<主役のメッセージ>

バースディ 祝ってもらえるって、幾つになってもうれしいものです。あと何年みんなに祝って頂けるかわかりませんが、来年のバースディを楽しみに今以上に頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。 薮内

望年会~東京営業所~

2019年12月7日

東京営業所 望年会開催!

平成から令和に変わり最初の忘年会です。普段は仕事の話しかしないような方々とお酒を注ぎ合い、美味しいものを食べながら、世間話や過去の失敗談などを和気藹々と話すことができました。奥野社長より労いのお言葉をいただき、各人にしっかりと伝わった忘年会となりました。
最近入社したバイトの方も、緊張するなることなく初対面の仲間とも楽しく歓談していました。絆を生み、そして絆を深めるきんそくイベントを通じ、今まで接し方がぎこちなかった方が仲間の輪に入っているのを見て、自分も積極的に参加しまだ話したことのない方とも話し、絆を深めたいと思いました。この1年の頑張りが自信に繋がるとともに、来年もより一層頑張ろうと思える忘年会でした。

東京営業所の皆様、1年間ありがとうございました!2020年も宜しくお願い致します。

東京営業所 勉強会

2019年12月7日

東京営業所で今期の取り組みと来期に向けての勉強会が行われました。

勉強会の内容は
・東京営業所の過去業績振り返り
・セグメント別売り上げ報告
・事業戦略における、今期の取り組みと来期に向けてのディスカッション
(講師:奥野社長)

 

参加を終えて感想
(学び、気付き、活かせること等)
東京営業所の強み、弱みを理解し、強い部分は伸ばし、弱い部分は改善・工夫する。このことを念頭に意見を出し合い、来期への展望が具体的に見えてきました。30期30億、34期40億に向け力添えできるよう東京営業所一丸となり、一層の努力をしていきたいです。
周りに伝えたいこと
今回のような社員のみ参加の勉強会では、社員だけが理解するのではなく、パートやアルバイトの方々にも情報共有し従業員全員で弱み強みを理解していただく。ここまでがこの勉強会だと思っていますので、各拠点の方々も、自分の中だけで終わらせることなく、不参加だった方にも積極的に情報共有しましょう!
参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)
この瞬間全員が今ぶつかっている問題に対し本気で考え、意見を出しているということが分かりました。30期まであとわずかという中で大小問わずできることを全部やるという真剣味を営業所中から感じることができました。
 
東京営業所 技術部 野中

28期 12月の朝会

2019年12月5日

28期12月の朝会です。令和元年、最後の朝会となります。

近況の報告としましては、昨日定例会で打合せをし令和2年4月7日新商品のプレス発表が決まりました。1年間頑張って開発して頂きました、ありがとうございます。皆さんにも発表できます、楽しみにしていて下さい。
盛和塾が年内の12月末日で解散することになりました。そこでまだまだ続けたい、経営を学びたいとの声をいただきまして、新たに「修和塾 南京都」として活動させていただくことになりました。その事務局をきんそく内におくことになりました。皆さんに迷惑かけることもあるかもしれません。恩返ししたいとの気持ちではじめさせてもらったのでよろしくお願いします。
12月に入ってとても忙しくなってきました。年末年始は事故が増えます。”絶対事故をしない!絶対ケガをしない!”そういう思いで過ごして頂きたいと思います。
 

12月テーマ
「現場主義に徹する」

私たちの原点は現場にあります。営業の原点はお客様との接点にあります。何か問題が発生したとき、まず何よりもその現場に立ち戻ることが必要です。現場を離れて机上でいくら理論や理屈をこね回してみても、決して問題解決にはなりません。よく「現場は宝の山である」と言われますが、現場には問題を解くためのカギとなる生の情報が隠されています。絶えず現場に足を運ぶことによって、問題解決の糸口はもとより、生産性や品質の向上、顧客深耕や新規受注などにつながる思わぬヒントを見つけ出すことができるのです。また、現場主義に徹するということは経験、つまり実際に自分でやってみて苦労してみないと決して分からないことを意味しています。この経験則と理論がかみ合ってはじめて、すばらしい技術をもった商品・サービスやものづくりができるのです。これは、技術や営業に限らず、すべての部門に当てはまることです。
 
3現主義【現地(場を確認する)・現物(自分の目で物を確認する)・現実(事実を確認する)】で本質が見抜けるのではないかと思います。企業活動や事業は全て現場で行われています。机の上ではおこなわれていません。現場に価値がある。今ある仕事全てお客様のためです。営業でも、事務でも、自分の業務の先にお客様がいる。お客様を創造しながら業務にあたると本質が見えてきます。理論だけではなく、現場を理解した上で仕事をしていただきたいと思います。


インフルエンザも流行ってきています。うがい手洗い、体調管理に気を付けてください。12月も元気によろしくお願いします。

第47回 社内木鶏会 拠点

第47回 社内木鶏会 テーマ「語らざれば愁なきに似たり」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは名古屋営業所ときんそく家屋調査です。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

誰しも苦しみや悲しみを持ち、日々成長してきている。成功している人を妬むのではなく、その裏の努力があることを考え自らの成長・努力に努めたい。

 
2.社内外に伝えたいこと
人生・仕事には苦しみや悲しみもついてきます。その苦しみを乗り越えた先に大きな成果・喜びがあると信じみなさんで協力して行きましょう。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

今回の木鶏会を通じて、普段明るく仕事をしている仲間の苦しみや悲しみに気付き、お互いに協力し、成長できるよう意識を共有できました。
 
参加レポート
 名古屋営業所 営業部 松尾

 


1.参加を通して
 (学び、印象等)

人生は年を経れば良い事だけではなく様々な問題が起こり、自分の力で解決できるものもあれば、他人の力やサービスを借りて解決しなければいけない事もある。仕事も自分だけの力で進められる事ではなく、複数の人間で進めてこなしていくものであり、問題にぶち当たった時はチームきんそくの絆で力を借りて、解決していきたい。

 
2.仲間の意見を聞いて
仕事の中で、自分の力だけで解決できない大きな問題が起これば、上司に報告するのは勿論ですが、先輩や同僚に相談して知ってもらう事も必要だと思います。その中でアドバイスや指示をもらって解決できれば、自分自身の成長、更には組織の成長につながります。自分だけで抱え込まず他人の力も借りていきましょう。

 
3.社内・社外に伝えたいこと、情報発信したいこと
 (雰囲気、感じたこと等)

今回のテーマは大きな問題に対してどうしてきたか、という重要な話でした。現在家屋の中で大きな問題を抱えておりますが、事務所全体でベクトルを合わせ、解決に向けて頑張っています。情報だけでなく意思も共有するのが大切な事だと感じました。

 
参加レポート
 きんそく家屋調査 技術部 坪倉