1月のお誕生日会

きんそく建築測量 バースディ

<主役のメッセージ>

お疲れ様です。バースディありがとうございました。焼肉をみんなで食べ、色々な話で盛り上がり、身も心を元気になりました。今期もあとわずかですがみんなで力を合わせてがんばっていきましょう! 樋口
バースデーありがとうございます。最後の20代悔いのないよう努力したいと思います。 吉岡
今回は新入生の私のために盛大なバースデーを開催して頂いてありがとうございます。まだまだ未熟者ですがコツコツと作業内容を覚えていき、早く手順をマスターできるように努力していきます。 朝山

奥野社長のお誕生日会

奥野社長 バースディ

<主役のメッセージ>

本日は役員の方々に誕生日をお祝い頂き「Happy Birthday to you〜♪」歌って頂き、感謝・感謝・感動です!お料理は鳥料理「末よし」さんで最高!お酒もたくさん頂き、大変楽しい55歳の誕生日会でした。
ありがとうございました😊1年全力で頑張ります!! 奥野

28期 1月の朝会

2020年1月6日

28期1月の朝会です。令和2年、最初の朝会となります。
奥野社長から2020年(令和2年)年頭のご挨拶を頂きました。

新年明けましておめでとうございます。
皆様方が健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。

昨年は皆さんの努力の結果、大きな成果を残すことができました。2年後の30期30億達成に向け、実り多い一年であったと思います。心より感謝申し上げます。

オリンピックイヤーである2020年、私たちを取り巻く環境を8つ挙げてみました。
①震災復興、2020年オリンピック・パラリンピック関連事業の減少。
②20年度政府予算案、公共事業関係費(通常分)6兆に加え、ここ数年に起きた自然災害の猛威から「防災・減災、国土強靭化」への対応に国土強靭化対策費約8千億円を計上し、6兆8千億円となりました。
③生産性向上への取り組みとしてICT施工は、土工・舗装・浚渫と広がり、ICT活用工事が急増する。
④生産性向上へ向け、ゼネコン各社の技術革新への取り組みが活発化する。
⑤働き方改革は長時間労働の是正、22年度目標週休2日の実現に向けた取り組みとして、現場作業所の4週7閉所の対策が強化される。
⑥IT技術の進歩による新機器、新技術が進歩する。
⑦建設業の担い手確保の取り組
⑧堅調な市場環境の中、人材不足が続く
この8つが主なキーワードであると考えています。

こうした経営環境の中、きんそくが持続可能な成長発展を遂げるための基盤をつくる一年でありたいと思います。きんそく独自の強みを活かし、お客様に満足して頂き、信頼され、そして期待される企業となれるよう確かな仕事を、日々積み重ねる。そのベースとなる技術を常に磨き、時代に合った商品・サービスを創り提供していくことに私たちは努めていかなければなりません。

そのために『謙虚にして驕らず、さらに努力を』重ね、果敢にチャレンジし結果を出していきたいと思います。本日皆様と新年の会を迎え、きんそくのトップとして、心新たに社業に全身全霊で取り組む覚悟です。2020年もきんそくグループ一丸となり、一人ひとりが惜しみなく持てる力を思う存分発揮できることを願っています。最後になりましたが、皆様・ご家族様の新しい1年のご健勝とご活躍、そしてご多幸を心から祈念申し上げ、年頭の挨拶と致します。本年も元氣で参りましょう!

1月テーマ
「実力主義に徹する」

組織を運営していく上で最も重要な事は、それぞれの組織の長に本当に力のある人がついているかどうかということです。本当に力のある人とは、職務遂行の能力とともに、人間として尊敬され、信頼され、みんなのために自分の力を発揮しようとする人です。こうした人が組織の長として場や機会を与えられ、その力を十分に発揮できるような組織風土でなければなりません。こうした実力主義によって組織の運営が行われれば、その組織は強化され、ひいてはみんなのためになっていきます。きんそくでは年功や経歴といったものではなく、その人がもっている真の実力がすべてを測る基準となっているのです。
 

2020年も明るく元氣な一年でありますように。頑張っていきましょう。よろしくお願い致します。

望年会~本社~

2019年12月27日
本社 望年会開催!

仕事納めの最終日、本社・きんそく建築測量の望年会が開催され社員全員で2019年の労をねぎらいました。
はじめに奥野社長から全社員の一年間の頑張りに感謝のお言葉と2019年の振り返り、2020年のきんそくの目指すものをお話いただき、山田副社長からの乾杯の挨拶で望年会のスタートです。一年間ありがとうございました。乾杯!
毎年恒例のきんそくチャリティーオークションも盛大に盛り上がりました。「未来を担う子供たちに笑顔を」をコンセプトにオークションで集まったお金は保育園、小学校へ本の寄贈に役立たせて頂きます。最後に大西専務、伊藤常務、田中取締役から締めの挨拶を頂きました。
今年も無事に忘年会が開催できましたのも、これもひとえにお客様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。2020年も”きんそく”を宜しくお願い申し上げます。

2019年 年末のご挨拶・納会

2019年12月27日

本年残すところあと僅かとなりました。
本年中は格別のお引き立てを賜り、誠に有難く厚くお礼申し上げます。
今後も更なる発展と飛躍に向け、従業員一丸となってより一層努力して参ります。
来る年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

なお、年末年始の休業日を下記の通りご案内申し上げます。
 
【年末年始休業期間】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)
 
新年は1月6日(月)9:00より営業開始となります。
期間中皆様には、大変ご不便をおかけいたしますが、
何卒ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

2019年最後の出勤日です。全員で大掃除のあと、納会で奥野社長から2019年(令和元年)締めの挨拶・従業員への労いのお言葉を頂きました。

『皆様、一年間本当にお疲れ様でした。大変穏やかな気持ちで年の瀬を迎えることができました。大きな事故、けがもなく、また会社経営も順調で2019年を終えることが出来そうです。これもすべて、皆様のお蔭であると本当に感謝いたします。

今年の国内の出来事を振り返りますと多くの出来事がありましたが、清水寺での昨年の漢字一字『災』に表されたように、災害が多く起きた1年であったように感じます。被災地の方々にはお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復興を心よりお祈りし、機会があれば私たちの社業を通じ貢献できればと思います。本日皆様のご厚意で行われるチャリティの一部をこうした被災地に寄付をしてはとも考えています。

今年のきんそくの主な出来事を振り返ると、本年も皆様の協力のもと中長期ビジョンを見据え、果敢にチャレンジした結果であると頼もしく思います。こうした歩みを一つ一つ積み重ねることができるのも、私たちが掲げる「全員参加経営」に基づき、『きんそくフィロソフィ』を私たちの哲学とすることで、その価値観を共有しているからだと思います。きんそくグループの持続可能な成長発展の原動力となるのは『フィロソフイ』であると信じて疑いません。

きんそくが今後も成長発展を続けるためには、変化を取り入れ、弛まない努力と挑戦の日々が待ち受けています。逆境も試練ですが、よい時、順境も試練です。業績がよい時こそ、今がその時だと思いますが、気を引き締め、『謙虚にして驕らず、さらに努力を』の今期のスローガンを胸に刻み、素直な心で誠実に社業に取り組んで参りましょう。

2年後30期30億円、6年後34期40億円を目標に邁進していきたいと考えます。大きく高い目標を見据えるきんそくにとっては、それ相応の、目標に見合った試練が待ち構えていると思います。しかし、日々精進を重ね、挑戦し、時には耐え忍び、それらを乗り越える日々こそが、自分自身を成長させ、同時に仲間が成長します。きんそくを立派な企業へと導く『唯一の志』ではないかと思います。来年も果敢に挑戦して参りましょう。

今年一年、皆様の活躍できんそくを支えて頂きました。本年のご努力とご苦労に敬意と感謝を表します。
そして明ける年、2020年が皆様・ご家族様にとってより良く素晴らしい一年でありますよう心より祈念を申し上げ、2020年、令和最初の納会のご挨拶と致します。皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。』