致知1月号感想文 木鶏会

2021年1月14日
テーマ「運命をひらく」

今月の『致知』特集のテーマは「運命をひらく」です。コロナウイルス感染拡大防止から今回の社内木鶏会は中止となりました。今月も仲間が書いた、素晴らしい社長推薦優良感想文を掲載いたします。
 

社長推薦優良感想文

テーマ:『特集 運命をひらく』
 
 二宮尊徳は「至誠をベースに、勤、倹、譲の三つを繰り返すことで、個人も会社も国もその運をひらき発展することができる」ことを身をもって示した。運命をひらく道に近道はない。私は建設業で約35年仕事を続けて58歳で定年退職した。まだ社会とかかわって仕事をしていきたいと思っていたが、なかなか次の職に就くことができなかった。10数の会社に応募したが約半年間ことごとくダメだった。その時はもう社会で働くことができないのかと心が折れかけていた。ガードマン会社の管理職に就いたが長続きしなかった。ただ1年半の間、コツコツと自分にあった仕事を捜し続けることは諦めなかった。最後にきんそくの営業職に奥野社長に拾っていただけた。そこから現在までの約10年間やりがいを持って働くことができた。この間に、娘3人は社会人となり結婚し孫が7人できて私としては大変充実した年を過ごすことができた。本当にきんそくの人達には感謝で一杯だ。これからはきんそくに恩返しをしていきたいとしみじみ思う。
 
本社 営業部 忠津
テーマ:『運命をひらくリーダーの条件』
 
 対談を読み終えて感じたことは、働いてる世界は違うはずなのに突き詰める求道者たちは、話す内容、言葉まで似かよってくるのかと、きんそくでは働く場所の提供だけじゃなく、社員教育までやってもらい気が付けば、皆【きんそく丸】という船に乗船しておりました。ちゃんと素晴らしいリーダーが上にも横にも下にもいます。安心してしまいそうなのですが、柳井さんが「企業に安定なんかないんですよ」と話してました。いきなりひっくり返る事は無いと思いますが、危機感を持って、従業員の生活を守るのも大事だけど、自社だけの事を考えてるならいつまでも続くと思わない。ロングスパンで考えることも大事と思います。先ずは、自分たちの技術を使って貢献する方法で利益をしっかり出し税金を納め、雇用を確保することも貢献のひとつですし、もっと地域に喜ばれる事も探してみても良いと思います。人のためにやったことが自分のためにもなってたりすると鴻池組の便所にも貼ってありました。運命をひらいてきた人達とは、こういうことを忘れずにいた人なんだと思います。
 
本社 技術部 荻
テーマ:『特集 運命をひらく』
 
  今回「運命をひらく」を読ませていただいて感じたことは、人が成長する要因の一つとして出会いが大切だなと感じました。きんそくに就職させていただいて最初に長く仕事をさせていただいたのが現東京営業所 竹内役員と名古屋営業所 橋本次長でした。二人とも仕事に対する姿勢はすばらしくストイックで一緒に作業をさせていただいた時は、厳しくご指導を頂きました。橋本次長からは「取捨選択」「自身の目標設定の大切さ」を、竹内役員には測量の基本や丁張りなどの技術、きんそくとしての考え方など、また困ったことや悩んでいるときには真摯に対応していただいたことを覚えています。それまでの自分は仕事というものに漠然とした考えを持っており、それほど情熱がなかったと思っています。しかし、二人と仕事を行う中で自身にも小さな火が宿り、二人のような仕事がしたいと思いながら今も頑張っています。きんそくで仕事をするうえで「生涯現役生涯きんそく」を目標に掲げていますが、本物の測量技術者の二人に出会えたことが人生に於ける宝物だと感じています。
 
本社 技術部 松浦
テーマ:『運命を開くリーダーの条件』
 
 柳井会長が言われている、「本当に能力のある社員が世界中どこでもそこのトップにたって経営できる会社を目指している」 というのはまさにきんそくの目指すところである、全員参加経営・日本一の社員、というところに共通していると思いました。そのためにはどうすればいいのかという問いに、リーダーは各々の専門性をうまく発揮させ、みんなの気持ちを一つに持っていくことだとおっしゃっています。自分も部下を持つようになり、指導・育成の難しさを痛感し、悩んだこともあります。しかし、今はフィロソフィーを実践し、しっかりと部下と接することで必ず上手くいくと確信しています。しっかりコミュニケーションをとり考え方のベクトルを合わせて、個々の能力を把握し、伸ばしていけるように指導する。そして一丸となって高い熱意を持って仕事に臨めるような強いグループを作っていく。日本一になるための計画は既に与えられています。あとは実践あるのみです。
 
和歌山支店 技術部 平岡
テーマ:『かくして成功の扉はひらかれた』
 
 このインタビュー記事の中で、「既に分かりきった分野の中だけでつくってもつまらないものしかできない。これまで知らなかった世界に果敢に飛び込むことが必要。」という言葉に、私は大西専務の姿が重なった。マルチビームをやると言った時、余りの金額に絶句しましたが、専務の迷いない姿勢に和歌山支店の全員が腹を括れたのだと思う。当時専務はよく、「これだけ啖呵切ったのだからこけられない。やるしかないんだ。」という様な言葉をよく口にされていたことを覚えています。その言葉で全員が同じ目標に向かって本気で考え、動き、一丸となって走った結果が、今なのだ。ただそれは、「やってみたら案外うまくいった」のではなく、「ここのメンバーならできる」と専務が信じてくれていたからだ。本気の姿勢を見せられ、それに本気で返し、ベクトルを合わせ余所見をせずに走り続ける。誰か一人でも後ろ向きな考えを持っていたら、今と同じ結果にはならなかっただろうと思う。専務は普段から、目標や目指す場所、理想などを言葉で表してくれる。それを聞くことで、そのために私にできることは何か、今しなくてはいけないことは何かを考えることができ、とても励みになる。会社とはとても大きなチームで、全員にそれぞれの役割がある。管理部の場合は得点を得ることは無いが、多方向から常にアシストを求められる部署だと思っている。そんな時、「今までのやり方はこうだったから」と断るのではなく、こうしたらどうだろう、こういうやり方ならできるかも、と模索しながら良い環境を創っていきたい。新しいことに挑戦するのは怖いことではなくワクワクすること。そんな風潮をこの和歌山支店から広めていこうと思う。
 
和歌山支店 管理部 今里
テーマ:『特集 運命をひらく』
 
 私の夫は食品卸の営業をしています。2年前に大きな得意先を任され昨年には売上を倍にしたそうです。それを聞いて私は運がよかったなぁと思っていたのですが、昨年のリモートワーク時の仕事ぶりを見て驚きました。入念な下調べや関係部署との打合せ、入力のチェック等しつこいと思える位確認していました。お茶を飲む暇もない程集中している姿を見て、運が良かったのではなく自分で運命を開いてきたのだな、っと思い直しました。いつも強気な発言で対立したりしても最終的には必ず指名を得ていたのも納得です。私はいつも頑張ろうと気持ちだけが先走っていましたが行動が伴わないと信頼されたり、自信を持ったり出来ないのは当たり前だと気付き、今年は行動を起こしていきたいと思いました。
 
和歌山支店 技術部 河合
テーマ:『特集 運命をひらく』
 
 私の人生の中で最大の試練は間違いなく6年前の母の死でした。母が亡くなってから私の生活は180度変わりました。母に頼りきった生活をしていたにもかかわらず子育てのことも家事のことも母に何も聞いてこなかったと後悔しました。今でも母が亡くなったことを乗り越えきれていないのかもしれません。しかし母が亡くなったことにより、働けることにより感謝するようになりました。自分でできることを精一杯行い、同じミスは二度としないように反省し、毎日勉強し、成長できることばかりです。母の死は試練でもありましたが、同時に運命がひらかれた出来事でした。この先も私の身に起きる試練は運命が開かれるチャンスだと思えるようになりたいと思います。
 
名古屋営業所 営業部 加藤
テーマ:『かくして成功の扉はひらかれた』
 
 昨年12月24日「はやぶさ2」が地球に届けたカプセルの中身をテレビで観て、とてもワクワクしました。小さい時に父親によく連れて行ってもらったプラネタリウム。惑星の事は詳しく分からない子供でもたくさんの星を見ていると宇宙に行ったような気分になり楽しかったのを覚えています。プロジェクトマネージャーである津田さんはチームのトップではあるものの、一人ひとりと同じ目線で物事を考え要所で現場に関わっていた事が「リュウグウ」の小石や砂の採取の成功を導いたと思います。今の日本の会社のトップといわれる人は部下に指示をするだけの方が多いのではないかと思いました。特に会社の下にいるパートやアルバイトには自分の会社のトップがどんな考えでいるのかがなかなか伝わってきません。きんそくで働いて私が他と違うと感じた事は、常に社長の存在が分かる事でした。月に1回の朝会、毎月の目標やこの木鶏会で従業員のモチベーションを上げようと発信している。今まで働いてきた会社の中で初めての事でした。きんそくで働いてまだ1ヶ月ほどですが自分の運命がこれからどれだけひらけるのかが楽しみです。
 
東京営業所 管理部 永井
テーマ:『特集 運命をひらく』
 
 二宮尊徳のようになることはできないなと思いますが、学ぶことは多くあります。「わが道は至誠と実行のみ。--およそ世の中は智あるも至誠と実行にあらざれば、ことはならぬと知るべし。」 という言葉を残していますが、どんな場面であっても誠実さは大事であって、また同時に実行しなければ何も意味がないというように解釈しました。これは今20歳になった私にとって、非常に響く言葉です。今まで子ども気分でいましたが何かしなければならない、将来のことについて見つめ直さなければならないと焦燥感に駆られています。ですが、こちらで働かせていただけるようになったように、何事も考えすぎる前に実行だなと身に染みて感じています。また、その中でさまざまな出会いがあって、自分の運命を開いていくのだと考えさせられました。「運命をひらく道に近道はない」、という言葉に、まさにその道を自分のペースで寄り道しながらも歩いている最中であり、私はもっと誠実に様々なことに取り組み、新たな挑戦に挑まなければならないなと感じます。
 
東京営業所 技術部 岡野

29期 1月の朝会

2021年1月5日

29期1月の朝会です。令和3年、最初の朝会となります。奥野社長から2021年(令和3年)年頭のご挨拶を頂きました。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。
 
新年明けましておめでとうございます。
皆様方が健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
従業員・家族のコロナ感染も出ておりません。

昨年は皆さんの努力の結果、大きな成果を残すことができました。心より感謝申し上げます。

2021年、新年にあたり私たちを取り巻く事業環境を7つ挙げてみました。
 ①新型コロナウイルス感染症の影響
 ②国土強靱化5カ年加速化対策費(21~25年)15兆円
 ③働き方改革、生産性向上の取り組みICT施工の拡大
 ④技術革新、IT・AI・DX技術の利活用が活発化
 ⑤長時間労働の是正
 ⑥IT・DX技術の加速度的な進歩による新機器、新技術
 ⑦中小企業再編の加速

こうした経営環境の中、きんそくが安全安心で持続可能な成長発展を遂げるための基盤をつくる一年でありたいと思います。きんそく独自の強みを活かし、お客様に満足して頂き、信頼され、そして期待に応える企業となれるよう確かな仕事を、日々積み重ねる。そのベースとなる技術を常に磨き、時代に合った商品・サービスを創り提供していくことに私たちは努めていかなければなりません。そのために、5つの重点政策に取り組んでいきます。

 ①人財育成
 ②未来事業
 ③受注(持続可能な成長へ)
 ④新商品・新サービスの展開
 ⑤事業領域の拡大

以上5項目を事業環境変化の対策とし『強く・スピードある組織』にて、果敢にチャレンジして参ります。皆様と新年の会を迎え、きんそくグループのトップとして、また役員一同心新たに社業に全身全霊で取り組む覚悟です。2021年もきんそくグループが一丸となり、一人ひとりが惜しみなく持てる力を思う存分発揮できることを願っています。最後になりましたが、皆様・ご家族様の新しい一年のご健勝とご活躍、そしてご多幸を心から祈念申し上げ、年頭の挨拶と致します。本年も元氣で参りましょう!

 
 

1月テーマ
「心に描いたとおりになる」

 ものごとの結果は、心に何を描くかによって決まります。「どうしても成功したい」と心に思い描けば成功しますし、「できないかもしれない、失敗するかもしれない」という思いが心を占めると失敗してしまうのです。心が呼ばないものが自分に近づいてくることはないのであり、現在の自分の周囲に起こっている全ての現象は、自分の心の反映でしかありません。ですから、私たちは、怒り、恨み、嫉妬心、猜疑心など否定的で暗いものを心に描くのではなく、常に夢を持ち、明るく、きれいなものを心に描かなければなりません。そうすることにより、実際の人生もすばらしいものになるのです。
 
2021年が夢と希望に溢れる一年でありますように。
明るく元氣に頑張っていきましょう。よろしくお願い致します。

致知12月号感想文 木鶏会

2020年12月15日
テーマ「苦難にまさる教師なし」

今月の『致知』特集のテーマは「苦難にまさる教師なし」です。コロナウイルス感染拡大防止から今回の社内木鶏会は中止となりました。今月も仲間が書いた、素晴らしい社長推薦優良感想文を掲載いたします。
 

社長推薦優良感想文

テーマ:『特集 苦難の果てに掴んだ人生の心術』
 
 桑村さんとは志ネットワークの会合で何度かお会いしているが、素晴らしい志の持ち主の方で尊敬している。私は苦難と呼べるほどのものか分からないが、中学生の時に非常に辛い思いをした経験がある。中学3年生の時に今は亡き母親が大手術をしてほぼ半年間寝たきりの状態になり家事が全くできなくなってしまった。私が一番上なので学校の帰りに恥ずかしい思いをしながらスーパーで買い物をして夕食を作り、朝は早く起きて妹と弟の弁当を作る日々が半年間続いた。中学3年生で高校受験の勉強もしなければならず、泣きたくなることも多々あったがただただ無我夢中でやってきた。その時の経験があったので少々のことでは辛いとか苦しいと思ったことはない。その経験が自分を強くしてくれたように思う。桑村さんはピンチが来るとワクワクすると言われているが、私はピンチが来ることは「必然・必要・ベスト」なことが今起こっているのだと自分に言い聞かせてきた。そうすることでピンチをチャンスに変えることができたように思う。人生に無駄な経験は一つもないことを実感している。
 
本社 管理部 小南
テーマ:『特集 苦難の果てに掴んだ人生の心術』
 
 新型コロナウィルス感染が今も続き甚大な危機が世界中に広まるとは、今年の初めには考えもしなかった、まさに苦難の1年である。外出もままならず、ゆっくりと時間が流れているはずなのに、月日があっという間に過ぎている。人それぞれ善いことばかりではなく、谷あり山ありなのだろうが、今回のコロナ禍はあまりにも酷い出来事であり、苦難を乗り越える方法が見えてこないのが本当に辛い。働く意欲に燃えていたのに職を失った人、長い間築き上げてきた会社や店を閉じる事になった人、勉強をしたいのに学校を辞めなくてはならなくなった若者たち。その方たちが、もう1度やり直せる、「ピンチのあとにチャンスあり」と言えるような社会を作るために、奥野社長が常々言われているように、私達はしっかり働き、税金を納め、社会を支え貢献することに専念しなければと 強く思う。毎日が暗いニュースばかりの中、きんそくは、未来に向けて今飛躍していこうとしているのを日々感じている。先日、フィロソフィー研修で、オーテックから独立した会社の中で売上を伸ばし今や20億となっているのはきんそくだけだという話を大西専務からお聞きした。日々の積み重ねが今日に至る基盤だと理解しているが、その過程において、やはり山もあれば谷もあったことだろう。飛躍する大きな転機もあっただろう。人との出会いや気づきもあったことと思う。この苦難な時期だからこそ、30年存続し成長し続ける会社の歴史を知りたいと最近思う。また、社員の未来が描ける会社にしていくと社長が言われた言葉に心がワクワクしている毎日である。
 
本社 営業部 清水
テーマ:『苦難にまさる教師なし』
 
 特集の中の安岡正篤師の言葉「いかに忘れるか、何を忘れるかの修養は非常に好ましいものである」がとても印象に残りました。このコロナ禍で一時主人の収入が減り生活が厳しいときが何ケ月か続きました。もっとしっかり家計を管理し、いざという時に備えるべきだったと後悔しました。しかし、現実は続きます。裕福に生活をしていた時のことを忘れ、一から家計を見直し、主人にも家事を手伝ってもらい乗り越えました。収入が安定してきた現在も苦しかった時のことを忘れないように行動しています。正社員である主人でさえ休日が増え収入が減りました。正規雇用でない私がコロナ禍前と変わらず働けていることに感謝し、どんな苦難も乗り越え人格を育てていきたいと思います。
 
名古屋営業所 営業部 加藤
テーマ:『苦難にまさる教師なし』
 
 私は今回の特集を読み、人生というものは常に苦難の連続であると感じた。生きていく上では、誰しもが常に不安を抱えている。不安を解消しても、また新たな心配事が次から次へと積み重なるが、それを乗り越えることが重要である。私自身、毎日、道なき山を登山しながら鎌で道を作り、基準点を回すという現場があった。汗で作業服の色が変わるほどの夏の最中であり、先輩とともに長靴で足の皮がズタズタに破けるまで登山をし、山の中で急な大雨に耐えながら、たった二人で器械を運び、尾根から谷へ、谷から尾根へと基準点を繋いだ。明日も登山という不安と苦痛の中、「逃げようか」と冗談も話していたが、観測が終わった際の達成感は大きなものであった。その後もしばしば山の中で水準を回す現場などがあったが、思いの外、苦痛には感じられなかった。これは苦痛を乗り越え、自分自身が成長した証なのだと考え、あの苦痛は無駄ではなかったということが理解できた。困難な状況に置かれた際、今この状況を抜け出すための努力や苦労が、後に来る困難を悠々と乗り越えていくための「プロセス」であると私は信じている。
 
本社 技術部 中村
テーマ:『この苦難をどう乗り越えるか』
 
 今月号を読み、改めて新型コロナウイルスに対しての向き合い方に考えさせられることがあった。私たちの会社はお客様への信頼、対応があってこそ成り立つ職なので従業員感染で損失というのは必ず生まれてきます。そこで世間では第三波といわれる感染リスクの中、従業員の誰一人感染していないのはスゴイことだと思うし、誇らしくも思う。皆が奥野社長の考えを汲み取り、感染リスクのある行動をしていないというのは他の会社で実行できているのは少数である。やはりフィロソフィの教えが私たちの中にあり、同じベクトルに向いているこその結果なのだろう。年末年始の休みというのは誰が考えても感染リスクが高いので、ここでまた強く手綱を締め、会社のために気持ちを向かわせなければならないと思えるテーマでした。プラスα休みを有効活用し、普段照れくさくてできていない親に対してやれることもしようと思います。まずは家の細かな掃除、初のボーナスで蟹を注文し一緒に蟹鍋でも作ってあげたいです。
 
和歌山支店 営業部 山本
テーマ:『苦難にまさる教師なし』
 
 苦難と聞くとできるだけ避けたいものと考えてしまいます、が自分の人生でどんな苦難があったのか振り返ってみると次から次へと苦難があり、現在でもいろんな問題が発生して悩むことがたくさんあります。かなり大変だったのが、きんそくに入社する前職の時に、体調を崩して退職し、その時に親の事で悩んでいて、事情があり働かざるを得ない状況の中できんそくに入社させて頂きました。50歳を越えてやっていけるのか?不安に思いながらも今までの経験を最大に活かして目の前の仕事をこなし、少しでも役に立とうと思ってやってきました。少しづつですが、任されるようになり、貢献できたかなぁと思える事もありました。それも以前にあった苦難がなければここまでやっていなかったのではないかと思います。苦難が成長もさせてもらいました。これからも苦難を学びととらえ、乗り越えていこうと思います。
 
本社 管理部 和田

28期きんそく経営者賞

 

本社 技術部 生産性向上グループ

この度は素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます! コロナ禍という大変な状況ではありますが、生産性向上G28期の経営者賞食事会第1弾・第2弾と分け開催することができました!
 
第2弾ではテイクアウトを利用し、社内で皆でランチを楽しみました!(食事風景を撮影するのも忘れるほど楽しく頂きました!)美味しいご飯とともに、今年はどんな年であったかを皆でお話ししました。2020年はいろんな意味で変化の年、大変なことも多かったですが、技術や働き方等、新たな可能性を多く発見できる年でもありました。グループ一丸となって、どんな困難でもへっちゃら!という意気込みで今後もグループ名の通り、さらなる生産性の向上を目指して、みんなで知恵を出し合い頑張っていきます! 宜しくお願い致します!
 
本社 技術部 生産性向上グループ 一同

 
 

和歌山支店 技術部 ICTグループ

お店の方の協力もあり、コロナ禍の中でも開催させて頂くことができました。今年度も残り数ヶ月ですが課員一同心身とも万全の体制で目標達成へ取り組んでいきたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 ICTグループ 一同

 

和歌山支店 技術部 CMグループ

この度は素晴らしい賞をいただきありがとうございます。29期も残りわずかですが、グループを越え、和歌山支店全体の熱い話をすることができました。30期に向けて、全員が一丸となって必ず目標達成したいと思います。
 
和歌山支店 技術部 CMグループ 一同

 

和歌山支店 営業部・技術部 工事測量1グループ

コロナ禍の中、アクリル板持参で土木測量Gと開催することができました。技術・営業両輪となれるよう残り少ない29期、30期に向け課題もしっかりと話すことができました。ありがとうございました。
 
和歌山支店 営業部・技術部 工事測量1グループ 一同

 

本社 営業部1課グループ

この度はこのような素晴らしい賞を頂きまして、誠にありがとうございます。課員一丸となって達成したいという思いが、今回の成績に繋がったと思います。29期も折り返しを迎えておりますが、苦しい状況が続いております。28期以上にグループ一丸となり、何とか盛り返せるように精進してまいります。
 
本社 営業部1課グループ 一同

29期 12月のお誕生日会

東京営業所 技術部 バースディ


<主役のメッセージ>

年末の忙しい中、バースデーを開いていただきありがとうございました。感染対策としてリモートでの開催となりましたが、お世話になっている他拠点の方にも参加していただき、例年とは異なるバースデーになり楽しい時間でした。これからも力になれるように努力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 保科