第33回 社内木鶏会 開催

2018年9月20日
第33回 社内木鶏会 テーマ「内発力」

今月の『致知』特集のテーマは「内発力」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第33回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

今がうまくいっていないからと言って諦めてしまうと何も変わらないし、何も成長しないので、諦めずに継続し内発力を高められるように頑張りたい。

2.社内外に伝えたいこと
いろんな人の意見を聞くことができる良い機会だと思います。

3.参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)

良い雰囲気で楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

参加レポート
本社技術部 技術3課 野中


第33回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:内発力

きんそくに入社し3年半。情報化施工G、ICTG、生産性向上Gと常に新しい技術に触れ、学べる機会を与えて頂いてきた。測量、土木まして情報化施工について右も左も分からないし、入社当初は荻GLとパート社員の中山さんと私の3人で、2人が外に出てしまえば1人内業ということも多かった。とにかくがむしゃらに勉強した。同期が成長していく中、負い目を感じていたというわけでもなく、ただ”知りたい” ”知識・技術を得たい”という気持ちが大きかったと思う。i-Constructionが始まってからは会社としても取り組むこと全てが初めてで何が正解かも分からない。要領書は何度も読んだし、答えが不明確なものはとことん調べて試して正解に近づくよう努めた。これも全て自分の”探求心”致知で言うところの”内発力”がそうさせたのだと感じる。今期からは後輩、仲間も増え伝えていく側。一龍斎貞友さんの言葉にも「伝えるということは、それを受けとろう。自分の身に先人の技を刻み込もうとするから伝わる」とある。伝えたい相手から”知りたい、学びたい”と内発力を引き出せるよう、自分が学んだことを伝えたい。

本社技術部 生産性向上G
(きんそく入社3年6ヶ月)
 

第32回 社内木鶏会 拠点(2)

第32回 社内木鶏会 テーマ「変革する」

東京営業所・名古屋営業所の参加レポートです。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

変革期にある建設業界において、全社員が問題意識と進むべき方向を共有する事で、良い方向に進んで行かないといけない。

 
2.社内外に伝えたいこと
今も昔も「人間学」は不変のものである。どんな状況に対しても、何が正しいかの物差しを身に着ける事が大切だ。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

お互いの意見を尊重し合える有意義な場となりました。

参加レポート
 東京営業所 営業部 松本

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

危機を危機として感じられること、感じ取ったことを即行動に移すことが大事だと感じました。

 
2.社内外に伝えたいこと
従業員みなさんで現状に満足せず、より良いサービスを提供できるよう、努力していきたいです。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

一人一人の発言がフィロソフィを意識しており、価値観が統一されているのを感じた。

参加レポート
 名古屋営業所 営業部 松尾

 

第32回 社内木鶏会 拠点(1)

第32回 社内木鶏会 テーマ「変革する」

和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の参加レポートです。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

大西専務の脳梗塞を乗り越えたエピソードが印象深かった。普段、普通の生活は普通ではない事。先人たちの努力・熱意が様々な分野で変革をもたらし今がある事を学べた。

 
2.社内外に伝えたいこと
“きんそく”で働く人間の熱さや魂を伝えていきたい。これだけ情熱のある会社は、なかなか無いと思います。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

今回は参加者が上司、先輩ばかりだったので、落ち着いた雰囲気でありながらも考えが深く、熱い気持ちが非常に良く伝わってきました。
 
参加レポート
 和歌山支店 技術部 古野

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

危機を危機として認識することで、リーダーは変革力を発揮する。危機を認識できないことが最大の危機とある。きんそく心得にもあるように、日々変革しなければ企業として存続できない。改めて心したいと思います。

 
2.社内外に伝えたいこと
木鶏会でみなさんの考え、意見が聞ける。なるほどなあ~と思うことも多々あります。全ては、前向きに捉え、日々の業務につながることばかりです。さらに深めていきたいと思います。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

回を増すごとにパフォーマンスもバージョンアップし、美点凝視で、感想を述べ合う事で、くすぐったく、照れ臭いながらにもみなさんまんざらでもない様子。今回JALの再建が題材となり深く勉強できました。少しでも、自分、会社に置き換え、日々の業務にいかし、明日からまた頑張ります。
 
参加レポート
 きんそく家屋調査 田中

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

どんな状態であっても利己の心を持たずに、お客様のため 会社のため 仲間のためを思い、常に利他の心を持ち続けることが大切だと分かりました。

 
2.社内外に伝えたいこと
常に時間は動き、時代も変化する。その時代の変化に対して飲み込まれないよう会社・個人は変化し続ければならないことが大切だと思いました。それは、将来どのようなことが起こるか想像し、芸と学を極めなければならないと思います。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

皆さんの仕事にかける熱い思いが言葉として飛び交い、とても良い雰囲気でできました。
 
参加レポート
 きんそく建築測量 営業部 辰野

 

第32回 社内木鶏会 開催

2018年8月20日
第32回 社内木鶏会 テーマ「変革する」

今月の『致知』特集のテーマは「変革する」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第32回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

自分が感じた事と、同じテーマでも違う考え方や思いを持っているんだなと思い、勉強させて頂けているなと感じました。

2.社内外に伝えたいこと
変革というテーマから思うことは違っても、会社へ向けて自分をどうするかということを考えていて、今後も成長していく会社だと思いました。

3.参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)

楽しいことは楽しく、意見に対しては高め合えるとても良い雰囲気だと思います。今後もその空気作りに協力できればと思います。

参加レポート
本社技術部 技術3課 喜多村

第32回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:かくてJALは甦った

なぜ、成功する確率はほぼゼロといわれる中でJALは甦ったのか。それは稲盛会長の本気と愛情が社員に伝わったからだと思いました。上辺だけではなく言葉に力があり、人をかえる力がある。”他人と過去は変えられない”と言うが、稲盛会長はそれを可能にする人ではないかとさえ思ってしまった。そして誰よりもJALという会社を愛し、JALの社員を愛する。変革を実現する上で深い愛情は必要不可欠だと思いました。
きんそくに入ってからもたくさんの変革がありました。フィロソフィ、アメーバ経営、リーダー教育、木鶏会等、新しくなにかをはじめる度に奥野社長の本気が伝わってきました。「これをやりなさい」と口だけの人は沢山います。それでは長く続きません。次第に手を抜きます。しかし、私が思う”きんそく”のすごいところは、社長はじめ上司、リーダーのみなさん全員が誰よりも「本気」になって取り組んでいることです。その姿をみて私たちも頑張らなきゃ!と思い力が入ります。
会社は常に変わり続けなければ生き残れません。”きんそく”も変革を通じて、世のため人のために役立つ企業になれるよう成長発展していかなければなりません。その中で自分がなにで”きんそく”に貢献できるかを追求し続けていきたいと思いました。

本社 管理部
(きんそく入社10年3ヶ月) 

第31回 社内木鶏会 拠点

第31回 社内木鶏会 テーマ「人間の花」

名古屋営業所・和歌山支店・きんそく建築測量の参加レポートです。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

人間の花を咲かせることに年齢は関係ないと思いました。いくらでも成長することができるので、挑戦し続けて行きたいと思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
木鶏会を行うことで、人間として美しい心を学ぶ事ができ、毎月1回気持ちがリセットされる心地です。またこの1ヶ月頑張ろうと気合が入ります。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

今回は技術の方から柘植さんが参加されました。いつも外勤の方は参加されないのでとても新鮮でした。タイミングが合えば内勤と外勤が交ざりあって行う木鶏会を行いたいと思いました。

参加レポート
 名古屋営業所 管理部 豊留

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

人間の花を咲かせるにはどうすればいいのか。日々、真面目に一生懸命努力を続けること、凡事徹底の大切さを改めて感じました。そして、花はすぐに咲かないということを忘れてはいけないと強く思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
木鶏会を通じて絆を深め、互いに成長する。回数を重ねる毎に、良いサイクルが周っていると感じます。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

人間の花を咲かせる為、日々どう生きているか。出来ていないことや反省点を挙げる人が多いように思います。すると上司からも部下からもここが出来ている。こういうところは見習いたいと賞賛の声が続きます。お互いを高め合う良い雰囲気が出来ていると感じました。
 
参加レポート
 和歌山支店 技術部 平岡

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

会社の花を咲かせるためにも、利他の心を持ち、ベクトルを合わせて意識を高め、成長をすることが大切だとわかりました。

 
2.社内外に伝えたいこと
日々の作業に中で感じていることや、1人1人が違う意見で学ぶことができました。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

意見を尊重し合い、学べる機会ができました。
 
参加レポート
 きんそく建築測量 技術部 濱本