28期 11月の朝会

2019年11月5日

28期11月の朝会です。下期に入り2ヶ月が過ぎました。

山田副社長より新商品についての説明がありました。お客様ときんそくと業務提携・技術提携して新しいものを開発して生産性をあげていきたい。現場に出ている方、営業に出ている方みんながそういった視点でも、お客様と接していただけるとありがたいです。
 

11月テーマ
「ベクトルを合わせる」

人間にはそれぞれさまざまな考え方があります。もし社員一人一人がバラバラな考え方に従って行動したらどうなるでしょうか。それぞれの人の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全社としての力とはなりません。このことは、野球やサッカーなどの団体競技を見ればよくわかります。全員が勝利に向かって心を一つにしているチームと、各人が「個人タイトル」という目標にしか向いていないチームとでは、力の差は歴然としています。全員の力が同じ方向に結集したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。1+1が5にも10にもなるのです。
 
ベクトルを合わせるということは、力の大きさと方向を合わせること。きんそくフィロソフィのベースとなっている成功方程式「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」この考え方というのが”方向”、熱意と能力が”力の大きさ”その”方向”と”力の大きさ”のベクトルを合わせていこうということです。ベクトルを合わせるのはハードルも高く時間が必要です。27年前にはじまった”きんそく”も最初は2人からでした。小さいながらでもとことん話し合ってベクトルを合わせ、1+1が3になり3の力が5にも10にもなって今のきんそくがあります。きんそくは言いたいことを言える組織です。その関係が組織を強固にし、会社が成長発展していくと信じています。答えが出るまで時間をかけ話し合って、その答えにベクトルを合わせ会社を成長発展に導いていっていけるようお願いします。


1日の気温差が大きくなってきました。あたたかくして風邪をひかないように体調管理に気を付けてください。11月も元気によろしくお願いします。