31期生 内定式・入社前研修

2021年11月11日
きんそく31期生 新入社員内定式開催

きんそくの明るい将来を担う、新しい仲間、内定者11名が京都本社に集い、「内定式・入社前研修・懇親会」を開催いたしました。内定者同士の親睦も深まり、入社に向けた心構え、決意表明を力強く発表いただき、活力あるすばらしい時間を共有することができました。内定者の皆さんも、同期となる仲間と一堂に集まることができ、大変喜んでくれました。

入社前研修では、奥野社長より直接、内定者全員に熱いメッセージ・想いを伝えていただきました。経営理念やきんそくの社会的役割使命、素晴らしい人生を送るための心磨き、人間学を学ぶことの大切さ等、どれも重要なお話しばかり。内定者全員、真剣に社長のお話を聞き、入社に向け、更にやる氣と希望に満ちた表情となりました。

入社前研修で、考え方の大切さを知ったあとは”内定式”です。今日という日は今日しかありません。この日を迎えられたこと、自分の周りの方々に感謝して各々が”内定式”に臨みました。緊張が伝わってきます。皆さん、おめでとうございます!

内定式では代表者2名が”決意表明”を発表し、力強く熱い”決意表明”でした。一人ずつ「内定証書」も社長からいただき、更に社会人となる覚悟や実感も大きくなったのではと思います。

内定式も無事に終わり、懇親会の時間です。内定式とは違い緊張もほどけ、楽しく親睦を深めることができました。全員に決意表明も発表していただき、入社後に自分が目指したい目標や夢、決意の発表がありました。内定者一人一人のやる気に満ちた情熱を感じることが出来ました。

“きんそく”ではフィロソフィを通して人格を磨き、全従業員が素晴らしい人生を送るために学び続けます。残りの学生生活も充実した毎日を送り、来春の入社に向け準備を進めていただきたいと思います。内定者の皆さんのご入社を心よりお待ちしております!元氣にお会いしましょう。

記事:管理部 狩野