致知3月号感想文 木鶏会

2020年3月17日
テーマ「意志あるところ道はひらく」

今月の『致知』特集のテーマは「意志あるところ道はひらく」です。コロナウイルス感染拡大防止対策から今回の社内木鶏会は中止となりました。今月は仲間が書いた、素晴らしい社長推薦優良感想文を掲載いたします。
 

社長推薦優良感想文

テーマ:『意志あるところ道はひらく』
 
 人はこの世に生まれて最も身近な両親や祖父母に育てられるのが一般的で大半であろう。成長するにつれて良き指導者に会えることで人生は大きく変わることになるといっても過言ではないように思える。現実は育つ環境などで左右され自分が思っているようにはならないかもしれないが強い信念を養うことでカバーすることが重要と思う。目的、目標を持ち挫折することなく努力と忍耐が必要であろう。そのことを実行できた人は成功者となり人生を有意義に過ごすことになる。逆に人は努力なしで楽な道を歩めば将来の保障はないものと認識する必要があり、早い時期に気付くことが大変大事なことであろう。過去の反省点を洗い出し今後の考えや行動についてステップアップした内容のブレ修正を行い今後に活かすことが最も重要と思う。今からでも社会、会社、家族、同僚、自分のためにも尚一層のチャレンジ精神を持続したい。
 
本社 技術部 阿南
テーマ:『意志あるところ道はひらく』
 
 今回の記事を読み、私は一つのことに打ち込んできただろうかと考えましたが、残念なことに全く思い当たりませんでした。「何か一つ。」そのたった一つさえ見つけることができず、私は今まで何をしてきたのだろうと情けなくなりました。唯一私が胸を張って「続けてきた」と言えることは、子供達を褒めるということです。私の父は育児に無関心で母は私の弟しか目に入らない家庭環境だったので、褒められることが全くなかった為、私は自己肯定が低く、周りの目ばかり気にする子供になっていました。なので自分が母親になった時、兎にも角にも「褒めて認める」ことを大事にし、叱っても否定はしないようにしてきました。ただ、それしかありません。もっと考えもっと努力し、人として成長しなければいけなかったと落ち込んだ私に対し、娘が一言、「でも、私も弟も、今まで大きな病気も怪我もなくここまでこれたよ。それってすごいことじゃない?」と言ってくれ、はっとしました、この20年間ただがむしゃらに後ろを振り返る暇もなく突っ走ってきましたが、子供を育てるという使命感を持っていたんだと。もし私が仕事の愚痴ばかりの毎日だったら、娘は事務職には就かなかっただろう。字を綺麗に書く練習や、電話応対での丁寧な口調を勉強するような社会人にはなってないかもしれない。何も無い・何もしてこなかったと思っていた私にも、ささやかな結果を出せていたんだと嬉しくなりました。これからも親として、社会人として、人として、正しい方法を選び、仕事に真摯に向き合う姿を見せ続けていくことが、私の最大で唯一の意志であり道であるんだと思いました。
 
和歌山支店 今里
テーマ:『意志あるところ道はひらく』
 
 きんそくで働いていると、この”意志あるところ道はひらく”という場面にスケールの大小あれどよく出くわす。7年働いた今でも、これ期日に間に合うかな?終わらないなと感じる時がある。しかしそんな時こそファイトが湧き、やってやろうという気持ちになる。これはきんそくで働きだして身につけたことだ。今まで働いた会社でも尊敬できる人はいたが、きんそくほど一生懸命働き、諦めず、立ち向かい、そして乗り越えていける人の多い会社は初めてでした。そんな先輩たちを見て、自分も少しは諦めの悪い男になれているな、と思える。やれば出来ると言うのは簡単。でも実際はそうじゃない。出来るようになるまでやる。そのためのフォローは黙って先輩が被る。これがあるから、きんそくで働く人は諦めない、諦められない。自分のためでなく、自分のために頑張ってくれる人がいるから頑張れる。これこそ「心力を尽くして私なき者、必ず功を成す」きんそくは働き方改革をしながらも利益・売上を向上させようとしている。外から見れば、そんな都合の良い話があるか、と思われるかもしれないが全従業員が本気でそれに取り組んでいる。それは、自分のためだけでなく、一緒に働くみんなのためを思うからこそ取り組めるのだ。
 
和歌山支店 技術部 古野
テーマ:『意志あるところ道はひらく』
 
 4月できんそくに入社し、丸3年になろうとしている。私がこの3年間で最も自分自身が変わったのは仕事に対する考え方だと感じる。最初は生活の為に働くという考え方から、自己成長の為、親に恩返しがしたいというように自分に近いところから広がり今では会社で働くことを通じて社会に貢献したいと思うようになった。自己ではなく利他の心を意識しながら仕事をするようになってから自分でも驚く程仕事に対するエネルギーが湧いてくるのを身に染みて感じる。先日、GLJ研修で学んだ4つの人間の究極の幸せのうち『人の役に立つこと』に当てはまるからだと気付いた。4月からは4年目になり様々な仕事を任せて頂き、嬉しい反面、自分に出来るだろうかと不安もある。しかし、松下幸之助氏の言葉通りどんな難しいことでもさじを投げずにやる努力をし、一日半歩でも前に進んでいきたい。
 
本社 営業部 大谷
テーマ:『意志あるところ道はひらく』
 
 29期に入り「第29期経営計画書」について奥野社長から朝会、GLJ研修、営業強化会議と3回直接話を聞く機会を頂いた。毎回違った受け取り方があった。一生懸命聞いていても聞き逃していることがあると感じた。今年は新たな役割として伝える立場となった。まず、私自身が理解しなくては伝えられない。私の仕事である広報も同じ事が言える。自分自身が理解していないのに、相手に伝えられるはずがない。”私心なく心力を尽くす者は必ず成功する”
28期はいろんな仕事にチャレンジさせていただいた。「売れる仕組みづくり会議」「マーケティング会議」「修和塾南京都 事務局」力がついたと感じる。しかし、私には無理だという気持ちから始まってしまった。なので、29期はなんでもまずやってみようと思う。やる前から「無理だ」と決めつけずに挑戦してやってみようと思う。”意志あるところに道はひらく”私もその言葉を信じて、目の前の道を一歩一歩んでいきたい。
 
本社 商品開発事業部 日高

第50回 社内木鶏会 拠点

第50回 社内木鶏会 テーマ「心に残る言葉」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは名古屋営業所ときんそく家屋調査です。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

心に残る言葉として「想いを言葉にし、言葉を形にする。」という発表がありました。心したい言葉だと感じました。

 
2.社内外に伝えたいこと
致知には、先達の素晴らしい教えや言葉がたくさん紹介されています。良い言葉を知るだけではなく、行動していくことの大切さがわかりました。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

明るく、楽しい雰囲気の中で開催しています。みんなの感想や意見を聞くことにより、仲間のことをより深く知ることができたと思います。
 
参加レポート
 名古屋営業所 営業部 堀之内

 


1.参加を通して
 (学び、印象等)

「あるべき様」について、色々な立場の人が与えられた役割に対してどれだけ向き合い、正しく果たしていけるのかという事を、今回の木鶏会で話していたように思います。一人一人の思いを上手くまとめ、組織の成長や継続に繋げていきたいです。

 
2.仲間の意見を聞いて
会社には立場・年齢・環境など様々な人達がいます。その中でベクトルを合わせるには、共通して心に残る言葉・行動が必要です。それは複数あると思いますが、正しいものを導き出せるよう人間力を高めていきたいです。

 
3.社内・社外に伝えたいこと、情報発信したいこと
 (雰囲気、感じたこと等)

与えられた役割に対して自らはどうあるべきか、を考える人が多かったように感じました。心に残る=感動すると捉えた人もいて、1分間スピーチでは仲間の感想や、これからこうしていきたい等、忙しい仕事の中でも熱い思いを述べてもらったと思いました。

 
参加レポート
 きんそく家屋調査 技術部 坪倉

 

第50回 社内木鶏会 開催

2020年2月19日
第50回 社内木鶏会 テーマ「心に残る言葉」

今月の『致知』特集のテーマは「心に残る言葉」です。28期最後の木鶏会となります。みんなで元気に明るくいきましょう。それでは第50回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

自分自身の心の持ち方、捉え方が大切。どんなに素敵な言葉でも素直さがないと「受け取る」事ができないので、真っ直ぐな心を持てるようにしたい。

2.社内外に伝えたいこと
言葉をもとに自分を見つめ直し、目標を定め諦めずに実行していく。

3.参加した際の仲間の様子感じたこと等
人と話をしたりして感じることもあれば、本などを読むことによって自分の心に響く事はかわってくる。捉え方、感じ方は十人十色であり状況によって変化をしていくため、ベテランの社員の方が人生経験の豊富さから、「心に残る言葉」と言うものを沢山持ち合わせていた。しかし一方で若手社員(特に1年目の社員)であってもこの1年、自身が会社で感じたことや経験を誰か(後輩)に伝えたいと言う強い思いを持っていた。誰かにとっての「心に残る言葉」が次の誰かの支えになるかもしれない。想いを次の世代に繋げようとする熱意を感じた木鶏会でした。

参加レポート
本社 商品開発事業部 三浦

第50回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『心に残り言葉』

 今回この作品「心に残る言葉」を読まさせていただいて、まず思い出したのは以前に上司から教えていただいた言葉でした。まずきんそくに入った時に初めての作業を行うときに橋本さんが教えてくれた「捨拾選択」。仕事が辛い時に荻さんが励ましてくれた「仕事において不必要な人間はいない。どんな人でもやる気があるならばその人のいいところを引き出して自分は仕事をしていきたい。」お客様の要望に自分が答えられずに断ったことを報告した時の副社長の「きんそくにできないことはない。今お前ができなくても会社には、伊藤や竹内などがいて相談できる。またそれでも分からない時は、それから調べて解決できる。だからきんそくにできないことはないんだ。」という三つの言葉です。きんそくに入社して十数年、それらの言葉が仕事をしていくうえでの心構えになっており、また自分が落ち込んだ時の心の支えになり、なによりも大切なものになっています。この言葉を自身の血肉にできるよう、深掘りし取り込んだうえで自身が助けてもらった分、仲間や部下に少しでも伝授還元できるよう精進していきたいです。

本社 技術部
(きんそく入社18年5ヶ月)

第49回 社内木鶏会 拠点

第49回 社内木鶏会 テーマ「自律自助」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは和歌山支店です。



1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

自分の成長だけではなく、国鉄のように赤字会社が崩壊しないように会社のお金のことも考え、高速代を抑える等アメーバについて真剣に考えられる機会になりました。

 
2.社内外に伝えたいこと
同じテーマであっても感じ方や考え方は人それぞれであり、自分の考えを改める以外にも新たな発見をする事が出来る学びの場になりました。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

明るく、生き生きとした雰囲気の中で開催でき、仕事以外にもプライベートな話等、参加している仲間の事を知る良い時間でした。
 
参加レポート
 和歌山支店 技術部 橋本

 

第49回 社内木鶏会 開催

2020年1月22日
第49回 社内木鶏会 テーマ「自律自助」

今月の『致知』特集のテーマは「自律自助」です。2020年最初の木鶏会となります。みんなで元気に明るくいきましょう。それでは第49回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

”自律自助”は自分で自分を律し、最善を尽くすこととあった。どんな時も自分を律し、正しい行いをしたいと思いました。

2.社内外に伝えたいこと
よく耳にする”自立”よりもさらに進んだものが”自律”だと思った。自立して他から支援を受けずに生きていくことも大切だが、自律し自分をコントロール出来ることが心が成長した姿だと思いました。

参加レポート
本社 営業部 大谷

第49回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『自律自助』

 「自律自助」という一見シンプルな四文字の言葉を見て、今自分が仕事の中で与えられた立場・役割の中で深く心に刻むべき言葉のように思いました。今、私は3年目の一年をもうすぐ終えようという中で、有難いことに2人の後輩、そして来期には更に2人後輩を迎えます。3課が発足し3年目になる来期、当初自分が思っていたよりずっと大所帯のグループになり、力不足は自覚しつつもグループを支える柱の一本になるためには、と日々業務にあたっています。ですが、新人ではなくても役職もなく今の立場に甘えているのではないかと悩むことも多くあります。ですが、自律自助の言葉のように自分の立場でのやるべきことがあるのでは、と感じました。外にも出ない、出来ることは限られていると思っていた2年前とは大きく変わり、出来ることの少しづつ可能性を作ってきたという少しの自負もあります。今の自分にも出来ること、自分であるから出来ることを模索できれば良いと思います。

本社 技術部
(きんそく入社2年9ヶ月)