28期 1月の朝会

2020年1月6日

28期1月の朝会です。令和2年、最初の朝会となります。
奥野社長から2020年(令和2年)年頭のご挨拶を頂きました。

新年明けましておめでとうございます。
皆様方が健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。

昨年は皆さんの努力の結果、大きな成果を残すことができました。2年後の30期30億達成に向け、実り多い一年であったと思います。心より感謝申し上げます。

オリンピックイヤーである2020年、私たちを取り巻く環境を8つ挙げてみました。
①震災復興、2020年オリンピック・パラリンピック関連事業の減少。
②20年度政府予算案、公共事業関係費(通常分)6兆に加え、ここ数年に起きた自然災害の猛威から「防災・減災、国土強靭化」への対応に国土強靭化対策費約8千億円を計上し、6兆8千億円となりました。
③生産性向上への取り組みとしてICT施工は、土工・舗装・浚渫と広がり、ICT活用工事が急増する。
④生産性向上へ向け、ゼネコン各社の技術革新への取り組みが活発化する。
⑤働き方改革は長時間労働の是正、22年度目標週休2日の実現に向けた取り組みとして、現場作業所の4週7閉所の対策が強化される。
⑥IT技術の進歩による新機器、新技術が進歩する。
⑦建設業の担い手確保の取り組
⑧堅調な市場環境の中、人材不足が続く
この8つが主なキーワードであると考えています。

こうした経営環境の中、きんそくが持続可能な成長発展を遂げるための基盤をつくる一年でありたいと思います。きんそく独自の強みを活かし、お客様に満足して頂き、信頼され、そして期待される企業となれるよう確かな仕事を、日々積み重ねる。そのベースとなる技術を常に磨き、時代に合った商品・サービスを創り提供していくことに私たちは努めていかなければなりません。

そのために『謙虚にして驕らず、さらに努力を』重ね、果敢にチャレンジし結果を出していきたいと思います。本日皆様と新年の会を迎え、きんそくのトップとして、心新たに社業に全身全霊で取り組む覚悟です。2020年もきんそくグループ一丸となり、一人ひとりが惜しみなく持てる力を思う存分発揮できることを願っています。最後になりましたが、皆様・ご家族様の新しい1年のご健勝とご活躍、そしてご多幸を心から祈念申し上げ、年頭の挨拶と致します。本年も元氣で参りましょう!

1月テーマ
「実力主義に徹する」

組織を運営していく上で最も重要な事は、それぞれの組織の長に本当に力のある人がついているかどうかということです。本当に力のある人とは、職務遂行の能力とともに、人間として尊敬され、信頼され、みんなのために自分の力を発揮しようとする人です。こうした人が組織の長として場や機会を与えられ、その力を十分に発揮できるような組織風土でなければなりません。こうした実力主義によって組織の運営が行われれば、その組織は強化され、ひいてはみんなのためになっていきます。きんそくでは年功や経歴といったものではなく、その人がもっている真の実力がすべてを測る基準となっているのです。
 

2020年も明るく元氣な一年でありますように。頑張っていきましょう。よろしくお願い致します。