30期 30期生フィロソフィ研修

2021年6月17日

本社3階で30期生の研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ

参加を終えて感想
新入社員研修が終わって現場に出るようになり、2ヶ月以上が経ったがその間はわからないこと、できないことばかりで「早くできるようにならないと」という焦りもあって日々の業務に取り組むだけでも精一杯であった。今日フィロソフィ研修を受講し、この2ヶ月間どのくらい実践できていたかを振り返ってみると、新入社員研修の当初に意識していたほどには実践できていなかったことに気づいた。特に「率先垂続する」や「渦の中心になれ」の項目のような、自分から積極的に行動するということが自分で意識しているつもりでいても全然できていなかったなと反省した。またこれまでは技術的な成長のことばかりを考えてしまっていて、仲間やお客様といった自分の周りのことや問題意識や疑問点など考えるべきことが多くあるのに全然意識できていなかったことに気づいた。今はまだ余裕があまりないが、余裕がないなりにも自分のできることを考え、常日頃から振り返り、反省や学びを少しずつでも積み重ねていくことで余裕をつくり、成長のための時間にさらに充てられるように習慣づけをしていきたい。
 
本社 技術部 小山

参加を終えて感想
今日の研修を終えての感想は、まず自分はまだまだだなと思いました。新入社員の特徴でもある元気らしさがまだ出せてないですし、経営計画書ときんそくフィロソフィの事も理解ができていなかったので、これから少しずつ理解をしていけるようにしていきたいです。この研修を受けて、これからの営業業務では、何にでも実践していき、先輩らに迷惑を掛けないように、分からないことがあったら、相談をして、報・連・相を徹底していけるようにして、自分が違うなって思ったことは本音で意見を出していけるようにしていきたいと思います。いつかは渦の中心になれるようにしていきたいとも思っています。あとは謙虚な心を持っていきたいと思います。目標を立てて少しずつ達成できるように頑張っていこうと思います。
 
本社 営業部 椎葉
参加を終えて感想
入社式前に受講した際より、濃い一日になったと思います。実際に仕事を初めて、分からないなりに振り回されながらも、少しづつ体にフィロソフィと経営計画の意味みたいなものが染みてきているのを感じました。 毎日忙しく走り回って、毎日ヘトヘトになって帰宅していますが、思い返せば、自分の高める何かを全くしていないことに気付きました。測量士補の勉強や、商品の勉強も、最低限しか行っていなかったので、すぐにでも時間を増やしていこうと思いました。5月に本社から名古屋に移って以来、全員の顔を見たのは初めてでしたが、 自分が思った以上に、同期のことを気にしていたことに気がしました。
 
名古屋営業所 営業部 藤倉
30期生研修を終え、新入社員研修で受けた時よりも具体的にテーマについて考えることができました。約3ヶ月仕事をし、報連相やコミュニケーションの大切さに気づきました。きんそくフィロソフィや経営計画書を読むことで、初心を思い出せたので、一週間に一回は目を通すことで、働く上で必要なことを学び、行動の指針にしていきたいと思いました。「感謝は自分と周りを幸せにし不平・不満は自分と周りを不幸」にすると聞き、改めて感謝は大きな力を持っているなと感じました。前日駅で重い荷物を持ち、杖をつきながら階段を上っている女性がいたので、手助けをした時に「ありがとう」という言葉をいただきとても良い気持ちになりました。勇気を出して声を掛けて良かったなと思いました。なので小さなことにも感謝を伝えることができる人間になりたいです。
 
名古屋営業所 技術部 近藤
参加を終えて感想
一番最初に奥野社長がお話された、自分の仕事に誇りを持つというのは、入社直後の時は、自分の仕事を誇ることが出来るのかなと思っていました。様々な現場に行くうちに、これの基本を作ったんだなあと思えるようになり、今の仕事に誇りを持つ大切さを改めて実感しました。また今私が常駐している現場で、データが送れていなかったり、など小さなミスが多かったのですが、挨拶をしっかりとしたり細かな事も報連相を行って、信頼を取り戻す事ができ、他の仕事を頼まれて、今回のフィロソフィ教育で改めて、信頼をする、信頼される大切さを学ぶことができました。今回のフィロソフィ教育で学んだ事も社会人として、とても大切な事だらけでどれも僕に足りていないものなので頑張っていきたいと思いました。
 
東京営業所 技術部 田中