29期 8月の朝会

2020年8月5日

29期8月の朝会です。今回もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 現在、本社・和歌山支店・名古屋営業所・北陸営業所・きんそく建築測量(東京営業所はコロナの影響で自粛)のお客様のところへ夏のご挨拶まわりに行っています。その中で皆さんの活躍を直にお客様から聞くことができています。年々、きんそくファンが増えてきているなっと、建設工事現場で社会活動が出来ているんだなっという想いになり、感激しております。きんそくの従業員は”明るくて素直”という言葉を多くいただきます。きんそくのファンになったというお言葉も頂きました。技術力、品質だけではなくどんな仕事でも真摯に取り組む姿で人に感動を与えられているんだなととても嬉しく思いました。この精神をずっと持ち続けていただき、もっと多くのお客様に感動を与えてください。

 8月4日に「建方キングE(Evolution)」のプレス発表をテクノス㈱本社(愛知県豊川)で行いました。従来の「建方キング」を進化させたシステムです。今後、海外進出も視野に入れ展開して参ります。

 これから猛暑が続きますその中で”コロナの感染”と”熱中症”に注意してください。体調が悪ければ早めに伝えるという勇気を持ち、水分・塩分の補給、炎天下の中の作業では30分に1回は休憩を取ってください。お客様に仲間に迷惑を掛けないという想いで業務にあたってください。
 

8月テーマ
「見えてくるまで考え抜く」

私たちが仕事をしていく上では、その結果が見えてくるというような心理状態にまで達していなければなりません。最初は夢や願望であったものが、真剣にこうして、ああしてと何度も何度も頭の中でシミュレーションを繰り返していると、ついには夢と現実との境がなくなり、まだやってもいないことまでもが、あたかもやれたかのように感じられ、次第にやれるという自信が生まれてきます。これが「見える」という状態です。こうした「見える」状態になるまで深く考え抜いていかなければ、前例のない仕事や、創造的な仕事、いくつもの壁が立ちはだかっているような困難な仕事をやり遂げることはできません。
 
やったことが無いことをやるということはとても不安に思います。しかし、1年前と同じことをしていては必ず会社は陳腐化して価値はなくなっていきます。建設業界で言うと延長線上では生き残ってはいけません。日々新しい情報を多く広く取り入れ、自分の専門分野では誰にも負けないくらい努力し積極的に挑戦していくことが大切です。
梅雨も明け、暑い日が続きます。新型コロナウイルス、熱中症に気を付けていただき、8月も皆さん元気によろしくお願いします