29期 7月の朝会

2020年7月3日

29期7月の朝会です。今回もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

 奥野社長より、コロナ対策での”きんそく緊急事態宣言”とても厳しい対策にもかかわらず、皆さんにご協力いただき感謝いたします。従業員約200名、ご家族様合わせてコロナ感染者が出ていないというのは本当に幸せなことだと想っております。本当にありがとうございます。

 1ヶ月を振り返り、6月9日・10日”予算と実績の管理”として「予実管理」の取り組みを開始しました。29期でしっかりと勉強して精度をあげ、各部門長が30期の予算計画が立てれるようにしていきます。後は、現在の外部環境を見て、求人に対して力掛けをしています。今までにしていなかった新しい求人のやり方として皆さんに”YouTube”に出演して頂いています。会社の雰囲気や良さであったりを語ってもらい、心が通じ合った方に集まってもらいたいと考えています。今後も求人の件で依頼する事があると思いますのでご協力をお願い致します。
一番大きなこれからのきんそくの課題として、”コロナの感染防止”と”熱中症対策”があります。毎年きんそくでも10人以上が熱中症と診断されています。どちらも命の危険があります。外業の従業員は30分に1回は休憩を取ってください。またきんそくでの「熱中症予防期間中の“マスク等”着脱ガイドライン」を通達しますのでご確認を宜しくお願い致します。
 

7月テーマ
「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定する事が何よりも大切です。天は私たちに無限の可能性を与えているということを信じ、「必ずできる」と自らに言い聞かせ、自らを奮い立たせるのです。しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。
 
一人ではなかなか難しいと思いますが、アメーバ単位、課単位、部門単位ではチャレンジできる体制です。出来ないと思ってしまったらなにもできません。まず「できる」と思って挑戦して下さい。きんそくの強みはチャレンジできるところです。「こうありたい」という夢や希望を抱いて”目標”や”ビジョン”を明確にし、どんどんチャレンジしてください。
これからどんどん暑くなってきます。新型コロナウイルス、熱中症に気を付けていただき、7月も皆さん元気によろしくお願いします