31期 GL研修

2022年3月26日
31期 GL研修

本社3階で31期のGL研修が行われました。

研修の内容は
・奥野社長より31期経営計画書解説

参加を終えて感想
今回の研修で印象に残った事として、経営方針を実行するための基本姿勢、「守・破・離」である。31期本社技術部としての重点目標の1つに「シールド技術の継承」を挙げている。仕事の師である伊藤常務の技術を含む、お客様対応、振る舞いを真似る、完コピし、そこから自分なりの改善を工夫をし、それを積み重ねていく。これを繰り返し、その道を究める。言葉でいうのは簡単であるが、とても難しいことであると思う。可能な限り早く、その技術の継承が出来るよう、素直な心をもち謙虚な姿勢で学びたいと思う。さらにそれを部下に伝え、きんそくの発展につなげていきたいと思う。
 
本社 技術部 大宅

参加を終えて感想
対話をするように読む、知識化というところで、きんそくで何をするかに落とし込む経営計画書の読み方、本の活かし方を学びました。何のために何をするかという考えを掘り下げる習慣が、言葉を蓄えてしっかり伝えるための魂、深みを生むのだと思います。班毎の共有で何をするか出していくと、きんそくの強み、ベストパートナーを目指す、お客様に寄り添うという部分、根っこが一致しているのを感じました。31期マーケティングGとして新入社員を迎える中で、根っこの一致のため、自分の言葉で伝えるということを意識して、グループの力を最大限発揮することで、もっとお客様の想いを形にする、喜んで頂けるようにします。感じたこととして、まだまだお互い知らないことを共有、連絡取り合えていない、連携に遠慮のあるGLが居るというところがありました。拠点が違っても円になってきんそく全体でお客様に価値を提供できるようにします。
 
営業本部 マーケティングG 藤田

参加を終えて感想
事業の成功は、使命・経営理念を信念化させて初めて成功する、とありました。私は今、大西専務のもとマルチビームを成功させ、フラッグ商品となれるよう、信念を持って取り組んでいます。ですが、まず大前提として、きんそくの使命である「お客様のベストパートナーになる」というところを忘れずに、何がお客様の利益に適うのかをしっかり考える必要があると思いました。GLの役割である部下に伝えるというところも、その使命を伝えなければ意味がない、作業だけを伝えていても、部下はついてこないと学びました。しっかりとこの経営計画書を理解し、活用し、自分ならどうするかを考えながら部下に伝えたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 平岡

参加を終えて感想
経営計画書を読み、自身の行動を自答していく中であたり前の事が出来ていないことや、すべき行動が見えてきました。日々の仕事で作業で終っていたことを。使命として信念化しないと成功に繋がらないと理解し直しました。仕事が忙しくなると視野が狭まり自分主体で動いてしまうクセがあるので、組織で動く絆経営を再確認できる良い機会を頂きました。まずは、経営計画書と対話をして理解をし、後輩達に経営方針を伝達できるようにしていきたいです。見られる立場でもあるので普段からの言動、行動、考え方に気を付け「働き甲斐のある会社」だと思ってもらえるようにします。
 
東京営業所 営業部 津田

致知4月号感想文 木鶏会

2022年4月15日
テーマ「山上 山また山」

今月の『致知』特集のテーマは「山上 山また山」です。コロナウイルス感染拡大防止から今回の社内木鶏会は中止となりました。今月も仲間が書いた、素晴らしい社長推薦優良感想文を掲載いたします。

社長推薦優良感想文

テーマ:『森信三が目指した世界』

今回初めて森信三先生とはどういう人なのかを知りました。以下はこの記事だけを読んで感じたことですのでたぶん誤解も含まれているかもしれません。実践的な教育を説くことで多くの人たちに希望を与えた先生なのだそうですが、私が今回の記事から得た印象は少し違ったものでした。それは脳溢血で長期入院している奥さんを置いて全国行脚、その奥さんがなくなったら「お前が病院にいてくれたおかげで…」とのたまったとのこと。奥さんが心労で倒れたのも元はと言えば自分の我儘が原因ではないのか。お金に困ったのも、大学で研究を続けることにこだわったからではないのですか?これをいいほうに解釈すれば家族を犠牲にしても自分の使命を果たしたということになるのでしょうが、その裏には深い悲しみとか覚悟もあったように思われたのです。この先生、ハ十歳にして人生が明るくなったと語っておられたそうですが、それまではきっと後悔の多い人生を送ったんではないか。だからこそ数々の至言を生み出して多くの人たちに感動を与えることできたんだろうと思います。

商品部 大塚

テーマ:『森信三が目指した世界』

きんそくに入社して致知を読むようになってから、たびたび森信三氏の名前は目にしてきましたが、どのような人物なのかを今回初めて知りました。「再建の三大原理」や「しつけの三大原理」などは簡潔で理解しやすく、当たり前のことではありますが、継続し実践していくことがいかに大事なことかを明快に教えて下さっています。また、きんそくでも当たり前のこととして社員一人一人が実践していることでもあります。森氏の苦労の連続だった人生の中に満州で過ごされた年月があったことを知りました。わたしの味も満州大達で生まれ、13歳のときに引き揚げてきて、親類のいた京都に居住することになり現在に至っています。満州では手広く商売をしていて裕福に暮らしていましたが、全てを取られて者の身着のまま引き揚げ船に乗ったそうです。日本に行く順番は遅かったのか、まさに今のウクライナのロシア軍侵攻の情景と重なる場面があり、無知で時計の読めないロシア軍人が、奪った腕時計を腕に幾つもぶら下げていた光景や、恐怖で気の触れた女性が歌を歌いながら道を歩いているのを家の中から見たなど数々の経験をしてきました。母の父、私の祖父は引き揚げてから5年、商売を再び軌道に乗せて、さあこれからという時に病で亡くなったそうです。たった5年で再建し軌道に乗れたのは、一足先に引き揚げた仲間の方たち、取引先の方など〇〇さんが引き揚げてくる、また一緒に仕事ができるし、ウカウカしてられないぞと皆さんが下地を作り待っていて下さっただからだと、いつも祖母や母が言っていました。祖父も「再建の三大原理」で動いた人であったかと今回改めて思いました。山に立ち塞がれ「山上、山また山」でも行動は常に登っていくしかない。ひとりひとりの人生もこれにつきるのだと感慨深く読み終わりました。最後にこの対談12日後に森迪彦氏がお亡くなりになったと書かれていて、貴重なお話を最後にいただけたことに感謝したいです。

本社 営業部 清水

テーマ:『人材の育成こそ企業発展の要なり』

『日本電産』という会社も 『京都先端科学大学』という大学も名前は存じ上げていたのですが、永守氏が『京都先端科学大学』の理事長であることをココで知りました。経営者である永守氏が大学の理事長をするということは、大学を卒業した学生が就職した際に、即戦力となるような人材を育成していくのだと読み進めるうちに、理にかなっていると思いました。そういえばトヨタも学校を作っていたことも思い出しました。そして 『IQよりもEQ』知的指数より人間力のほうが大事だとおっしゃっておられました。つい先日、内業バート研修を受け、経営計画書やフィロソフィーを学び、実践をすることの大切さを痛感していたところです。研修中に代表が『試練から逃げると、また同じような内容のものが現れ、また逃げると、また現れる。』というお話をお聞きしました。いま私は本業である母親業で試練の連続です。挫けそうになりながら、でも何とかなると信じて毎日を送っています。逃げずに向かい合い、この山を超えた先には何か少し良い日々が待っていると信じて、進んでいます。試練から逃げずに乗り越える。これを繰り返し、自らの人間力を高め、その背中を見せることでわが子たちにも大切さを教え、子らも人間力を高めてほしいと思いました。

本社 管理部 清水

テーマ:『人材の育成こそ企業発展の要なり』

この対談は私にとっては少し勇気の出る内容であった。大学を出ていない私がいうのも何ですが、日々の業務で特に学歴を気にしたことはない。しかし資格取得に要する年数等ところどころ学歴社会というものを感じる部分はある。そういった項目に関しては技術系の大学でなくとも“大学”と一括りにされていることが多い。仕事をするうえである程度の教養はもちろん必要であるが、実際現場に出て喜ばれるのは「玉露のカスより、番茶の上等」ではないかと思う。やる気・熱意等本人次第でカバー出来ることのほうが多いと働いていて思う。しなければならない事、人より劣っている事、足りてにいない事等、常に自己分析し“番茶のカス”にならないよう、成長していきたいと思う。

和歌山支店 技術部 児玉

テーマ:『人材の育成こそ企業発展の要なり』

この対談を読み始めて最初に感じたことは、「私もこの学校で学んでみたかった。10代の頃にこの学校があったら…。」だった。が、当時の自分を思い返し、あの頃からこの学校があってもきっと当時の私は選んでなかっただろうということに気づき、如何に若い頃の自分が怠けてきたかを思い知らされ愕然とした。致知の記事を読むたび、自分がこれまできぼってきたこと・見て見ぬふりをしてきたことの重要さを痛感し、心が痛い。「あの頃に戻れたら、もっとちゃんとするのに」と思っても、それも今の記憶を持って戻らなければ、きっと結果は同じだ。当時と同じ考え方しかできなければ同じ道を辿るだけ。今の自分だから過去の悪行に気づき、それを恥ずかしいと感じることができる。ここに「教育・育成」の大事さが表れているのだろう。親の言葉を鬱陶しく感じていた自分の馬鹿さ加減が嫌になる。今やっと気づいた私は、今からやるしかない。だけど今やっと気づいたからこそ、その重要性を若い世代に伝えることはできる。むしろこの思いこそ後進に伝え、若いうちにさぼったツケがどれほど大きいか分かってもらいたい。それでも失敗からも学べること、いくつからでも成長できるところを見てほしい。今期から、少しだが人事の仕事に携わらせていただくことになり、恐れ多いと感じつつもわくわくする気持ちの方が大きい。きんそくの未来に直結する業務に不安もあるが、社会に出てくるみんなが仕事の楽しさを知る手伝いになればいいなと思う。初めての事務職で勝手が分からず右往左往していた私は、もう山の下にいる。今度は新たな業務に向かって、更に高い山へ挑戦することができる。登ったと思えばもっと高い山が広がっていることを実感しつつ、楽しさを感じている私は幸せ者だ。

和歌山支店 管理部 今里

31期 全社営業会議

全社営業会議開催
ホテルビナリオ嵯峨嵐山にて全社営業会議開催
※参加者全員PCR検査で陰性確認を実施しております


今回もコロナ感染防止対策として、恒例の合宿は自粛しました。顧問の皆さまにも参加して頂き、営業に関わる総勢55名で全社営業会議が行われました。明るく元気に「きんそく経営理念」を唱和し、全社営業会議のスタートです。


奥野社長より「31期経営計画書」の中から営業に関連する項目についての解説です。「日頃は営業活動に真摯に取り組んでいただきありがとうございます。重ねて、顧問の方々には今まで積み重ねてこられた経験、人脈でのご指導、ご尽力を賜り深く感謝申し上げます。今期より今中部長を筆頭に営業本部を設置して1年間この体制で頑張っていきたい。31期30億達成に向け、役員幹部一同、これまで以上に全身全霊を傾け、更なる努力をして参りますので、より一層の力掛け、そして各拠点・部門の連携をさらに太く強く、目標達成に向け全力でお願いします!」と熱いメッセージをいただきました。


続いて、31期営業本部発表として今中部長より、①30期部門業績統括、②31期営業本部方針発表、③マーケティングG役割発表があり、その後マーケティングGより各々発表がありました。

午前の部が終わり、昼食タイムです。なんと、6名方が3月のお誕生日!ということでサプライズでお祝いです。おめでとうございます。素敵な一年にしてくださいね!

午後の部は各拠点からのICT業務等の実績と市場動向の発表がありました。皆で情報を共有する時間となりました。

ご参加いただきました顧問、部長の皆さまからも沢山のアドバイスや心強いお言葉を頂きました。ご参加いただき、ありがとうございました。

労働人口の減少が大きく取り上げられる昨今、様々な業界でIT化、省人化・採用手段等の見直しが進められ、 建設業も時代の大きな変曲点を迎えています。ここにいる営業部の皆さんが先頭に立ち、全社が一丸となって立ち向かい目標達成に向け果敢にチャレンジして参りましょう。31期も皆様宜しくお願い致します。

会議のあとは人数を制限しての懇親会を開催させていただきました。2年ぶりに顧問の皆様とゆっくりお話しする時間を設けることができました。※会場参加者全員PCR検査で陰性確認を実施しております

31期 GLJ研修

2022年3月5日
31期 GLJ研修

本社3階で31期のGLJ研修が行われました。

研修の内容は
・31期労務管理講習
・奥野社長より31期経営計画書解説


参加を終えて感想
代表に講師をしていただいた事で、代表の、きんそくの思いが伝わってきました。人生でも、仕事でも選択の幅を拡げるために原理、原則を理解することの大切さ仕事をするうえで、何よりも使命感を持つことの重要性を学べました。やらされるのではなく、やってやる。自分でなければ、今でなければ、それがきんそくのため、家族のため、自分自身のためになる。だからこそ会社とは働きやすい会社ではなく、働き甲斐のある会社であるべきなのだと思えました。また、今いる会社が自分に足る会社なのか足りてなければやめればいいと代表が言ったことは、ものすごい自信と頼もしさを感じました。自分も、部下に対してそうありたいと思いました。何よりも今日会社にきて色んな人に誕生日おめでとう、と言われました。普通の会社では、絶対ないと思います。そういった真心がきんそくの一番の良さで、その気持ちを私も仲間やお客様に出していきたいです。

和歌山支店 技術部 古野

参加を終えて感想
一日を通して「時間」と「使命」のワードが今日のポイントだと感じた。「時間」は”残業の時間管理”、冒頭の副社長のお客様の”無駄な時間を発生させない”、社長の思いから”人生は一度きり。時間を大切に”、”知的ハードワークで24時間考え続ける”といった内容が挙げられる。作業の効率化を図るためにも、この1年、時間の考え方を改め、意識していきたい。「使命」については奥野代表に熱く語っていただいた。成功方程式の中での考え方の重要性を再確認した。業務を遂行するにあたり、単なる作業ではなく、使命感を持っての業務をすれば、必ず考え方はプラスになると感じた。部下や後輩に伝えたい。今日一日学んだことをどれだけ自分の中に落とし込み、周りへ伝えていけるかどうか、これが31期目標に到達できるかどうかの分かれ目だと思う。それを念頭に、GLJの役割を全うしたい。

本社 技術部 宮﨑

参加を終えて感想
本日、奥野代表からお話しを聞いて、改めて30期よりもさらに頑張らないといけないなと思いました。今まで培ってこられた財産があるからこそ今の私たちがあるため、31期必ず自部門の売上・利益を達成します。またそれが、アメーバリーダーとしての使命だと思います。1人で頑張るのではなく、チームで頑張る。部下には何かしてほしい時に作業でものを言わずに使命感で伝えていきたいです。具体的には、お客様に喜ばれることがどれだけ嬉しいか等、先を見据えて話すことで部下にも仕事に熱中してもらいたいと思います。それで後輩1人1人が少しでも自然性をもってくれることで仕事のやりがいを感じて頂き、人生と仕事の重なる部分を大きくすることもリーダーの使命だと感じました。これから自分自身も「根」の部分をもっと強くするために、「考え方」を間違えずにネバーギブアップの精神で仕事に取り組んでいきたいと思います。

きんそく建築測量 営業部 辰野

参加を終えて感想
冒頭、労務管理講習という事で、西本部長よりお話しを聞き、31期から新たに設立される制度、今後の変化についてお聞きしました。31期より部下が増え、労務管理がとても重要と改めて実感致しました。自のグループだけではなく、会社全体に悪い流れを作ってしまう、これはとてもまずい事だと思いました。今一度管理を見直し働きがいのある仕事になるよう心掛けたいです。経営計画についてではまず山田副社長のお言葉にあった、時間の重要性、これは私の中でタイムリーでありました。時間は無限ではありません。ですから有効な時間の使い方を考えていかなければならないと思いました。奥野代表から、「リーダーは情報を伝える」というお言葉があり、世の中の景気、指導等をわかりやすく部下に伝えていかないと思いました。「ワークインバランス」というお言葉がありましたが、人生と仕事ではなく、人生の中に仕事があるのだと言われ、なるほど確かにと思う自分がいました。なあなあでそこそこ仕事をするのはもってのほか、真面目にド真剣に仕事に打ち込む。これがとても重要だと実感できました。31期は始まったばかりですが、先を見据え、より良いきんそくを作っていけたらと思いました。

本社 技術部 松本

祝!31期生 入社式

2022年4月1日
『祝! 31期生 新入社員 入社式』

入社式を開催いたしました。‟素晴らしい会社には、素晴らしい人財が集まる“をモットーにきんそくの採用活動を実施しました結果、今期もおかげさまで総勢15名の新入生を迎え盛大に入社式を執り行うことが出来ました。皆様、本当にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大における、集団感染リスク低減のため最少催行人員で実施いたしました。

式典では初めに奥野代表、山田副社長の祝辞と心からの熱いメッセージ、部門長からの激励の挨拶を頂きました。

そして、新入社員からは緊張とやる気と希望に満ち溢れ、堂々とした元気いっぱいの決意表明。期待と不安を胸にこの式典に出席したことかと思いますが、立派な決意表明を行い、素晴らしい空気感のなかで式典が進みました。奥野社長より一人づつ手渡しで受け取った入社証書授与では、新社会人としての自覚も深まったと思います。

式典はこれで終了かと思いきや…実はサプライズがあり、新入社員のご両親からの激励のお手紙を代読させていただきました!ご両親からの愛情たっぷりのお手紙と新社会人としての激励のお言葉に思わず涙、皆がもらい泣きする感動的な式典となりました。ご両親への感謝の想いと敬意が大きくなった時間となり、記憶に残る入社式となりました。

ご両親の皆様には無理をお願いし、お忙しい中サプライズにご協力いただき本当に有難うございました。素晴らしいお言葉の数々に感動し、改めてご両親の愛情の偉大さを感じさせていただくことが出来ました。この場をお借りして心より御礼申しあげます。

改めて新入生の皆さん!

この度は、きんそくへ御入社、誠におめでとうございます。従業員一同、出会えたこと、共に働けることを本当に嬉しく思っております。最初は声も小さく、不揃いだったあいさつも最後にはしっかりと大きな声で揃い、皆で気持ちをひとつにして研修に取り組む姿勢、同士としてのまとまりを少し感じることができました。引き続き、生活のリズムをしっかりとつくり、同期として助け合い、時には励まし合いながら、前向きに仕事に向き合っていただければと思います。また、時には研修で学んだことを振り返って頂き、学んだことをいかして頂ければと思います。次の研修でお会いするときは、社会人としてだけではなく、人間としても成長をしているお姿を見せて頂ければと思います。先輩社員も精一杯、新入社員の皆さんが働きやすい環境、教育・指導に取組んで参ります。共に価値観をあわせ、目標を持って、素晴らしいきんそくを創っていきましょう!よろしくお願いいたします!

記事:管理部 人事採用担当 狩野