フィロソフィ研修(28期生)

2019年10月17日

本社3階で28期生のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育
(講師:奥野社長)
41.真の勇気をもつ
43.楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
44.見えてくるまで考え抜く
46.高い目標を持つ

 

参加を終えて感想
入社から半年が過ぎ、管理部においても少しずついろいろな作業を任されることが増えていく中で、今自分がやるべき事であったりこれから先どのように成長していかなくてはならないのかを振り返るいい機会でした。フィロソフィ研修で学んだように真の勇気を持ち、様々なことに恐れず挑戦していくことによって、自分の出来ることをもっと増やして会社に貢献できるよう成長していきたいと思いました。
 
本社 管理部 狩野
参加を終えて感想
高い目標をもつという項目が一番難しいと思いました。潜在意識に入る目標をするとどうしても自分の性格上、低く目標を見繕ってしまい、逃げ道を用意してしまいますが、社長の「まずは小さい目標からでいいんじゃないですか」という一言で気が楽になりました。大きな事を成すためには小さなことから、小さなことを成すためには日頃、心に何を思って行動するかだと再確認することができました。フィロソフィを実践で使えるレベルにまだまだ落とし込めていないと思いました。また、半年が経ち来年度、後輩として入って来る新入生にしっかりと教えられるような技術と態度、姿勢を作っていかなければならないと思いました。その為に光波の取り扱いや最低限の社会人のマナーを先輩として恥ずかしくないように頑張ろうと思いました。
 
本社 技術部 藤田

参加を終えて感想
まだまだ自分はフィロソフィを理解・実践できていないと感じました。特に今回は諦めない・努力し続けるなど、継続するということが大事であるという言葉や意見が多いように感じました。努力をし続けることは大変なことで私の苦手なことでもあります。でもここで諦めてしまうと成長できずにきっと先で後悔し続けることになると思うので、小さくても目標を持ちできる所からフィロソフィを実践し、人間としても成長していきたいと思います。
 
本社 商品開発事業部 岡田