第46回 社内木鶏会 拠点

第46回 社内木鶏会 テーマ「情熱にまさる能力なし」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは和歌山支店と東京営業所です。

1.参加を通して
 (学び、印象等)

知識や才能は情熱ありきで身につき培われていく。フィロソフィにも自燃性という言葉があるが、まさにこの情熱こそが自燃性になるために必要な要素である。自らもこれに習い、情熱を持って仕事に従事したい。

 
2.社内・社外に伝えたいこと、情報発信したいこと
情熱を注ぐという言葉は簡単ですが、その情熱に真剣味はあるか、誰にも負けない努力はしているかと聞かれれば自身を持って頷ける方は少ないと思います。きんそくの中で誰にも負けない何かを見つけ、仕事に情熱を燃やす自燃性の人を一緒に目指しましょう!

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

今回のテーマで、情熱とは何かということを再認識することができました。営業所一丸となり、周りに燃え移るような情熱をもって仕事をしようという竹内所長の意思が全員に伝わったと思います。

 
参加レポート
 東京営業所 技術部 野中

 


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

遊びの楽しみではなく、仕事上での、苦しみを乗り越えた先にある本当の「楽しみ」にたどり着くことができれば、だれにも負けない人間、組織になることができると感じました。

 
2.社内外に伝えたいこと
好きなことを続けるのは簡単だが、苦しいことを続けるには、強い意志が必要だと思います。目標をしっかり胸に思い描き、どうすればその目標を達成することができるか、そのためにまず今日は何をするか、日々の行動に落とし込むことが重要だと思いました。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

アルバイトの方もだんだんと木鶏会になれてきて、感じたことを教えてくれるようになってきた。ポジティブな発言が増えてきたことで仕事上でもよい連携が取れると思いました。
 
参加レポート
 和歌山支店 技術部 喜福