第45回 社内木鶏会 拠点

第45回 社内木鶏会 テーマ「読書尚友」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは北陸営業所ときんそく建築測量です。


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

社会人になり読書するにもある意味気合いが必要になってしまいましたが、学生時代の頃では考えもしない本を読むようになってきました。学生の頃は「趣味 読書」とぞんざいなことを言っていましたが、ようやくこの齢になって「読書」の仕方が少し分かってきたような気がします。

 
2.社内外に伝えたいこと
何千年も続く書籍文化の中で書かれた記録の中には必ず今の自分の悩みや欲求を満たす答えがあると思っています。古の聖賢からどうしようもない反面教師まで、時代も国も越えて本は情報を蓄えています。読書がもっとうまくなりたいです。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

子供にはどんな読書の仕方がいいかを話したり、意外な人がアドラーを読んでいたり、今月はいつもの木鶏会とはちょっと違う雰囲気だったのが印象的でした。
 
参加レポート
 北陸営業所 技術部 堀口

 


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

読書することにより、頭の中でいろんなイメージができ創造性が豊かになり、先人の知恵に触れることもできます。今一度、読書の大切さについて学ばせてもらいました。

 
2.社内外に伝えたいこと
スマートフォンの普及により、LINEが始まり、You Tube等のコンテンツもより身近に感じるようになりました。それに伴い、携帯を見る時間は昔よりも増加している中で、いかに先人の教えを学び徳性を積むかが大事になります。本でしか学べないこともたくさんありますので、本をたくさん読み、知識・徳性を磨いていくことが大事だと思います。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

グループ全体が、読書の大切さを語りました。まだまだ自分が未熟であることを自覚し、先人の教えを学び今後成長していきたいという思いが溢れた木鶏会になりました。
 
参加レポート
 きんそく建築測量 営業部 辰野