28期 9月の朝会

2019年9月5日

28期9月の朝会です。きんそく28期の下半期がはじまりました。奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。

8月3日、協力会社との絆を深める会「第28期チームきんそく絆の会」を開催いたしました。これからは協力会社皆さんの協力がなければきんそくは成り立っていきません。「共存共栄」助け合って生存し、ともに栄え、きんそくと共に歩んでいってもらいたい。きんそくの想いを伝えることのできた、素晴らしい会となりました。ありがとうございました。

8月31日・9月1日と社員旅行に行きました。社員同士の絆を深められる、とても良い旅行になりました。準備していただいたみなさん、ありがとうございました。

9月から28期下半期がスタートしました。28期の目標を達成できるようにみなさんのご協力を宜しくお願い致します。
 

9月テーマ
「一対一の対応の原則を貫く」

ものごとを処理するにあたっては、どんぶり勘定でとらえるのではなく、ひとつひとつ明確に対応させて処理することが大切です。たとえば伝票・記帳なしで現金や物を動かしたり、現金や物の動きを確認せずに伝票のみで処理するというようなことがあってはなりません。売掛金の入金チェックにしても、どの売上分をどの入金分で受け取ったのかを個々に対応させながら一対一で消し込むことが必要です。また、生産活動や営業活動においても、〔総生産〕や〔総収益〕といった、いわゆる収益とそれを生み出すために要した経費を正確に対応させ、厳密な採算の管理を行うことが必要です。
 
どんぶり勘定で経営はうまくいきません。経営の実態が分からなくなり、経営の悪化を招くことになります。商品、サービスどの業務においても一対一で対応する。全体でうまくいってるから”良し”ではいけません。一人一人が責任を持って一対一の対応の原則を貫いていきましょう。

暑い日が続いています。まだまだ気を緩めず熱中症に注意してください。9月も元気によろしくお願いします。