第44回 社内木鶏会 開催

2019年8月8日
第44回 社内木鶏会 テーマ「後世に伝えたいこと」

今月の『致知』特集のテーマは「後世に伝えたいこと」です。みんなで明るく元気にいきましょう。それでは第44回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

今生きている自分はとても恵まれており、その生活は昔の人から伝えられた物や思いの上で成り立っていると感じました。自分も今まで生きてきた人達に恥じない生き方をしたいと思いました。

2.社内外に伝えたいこと
立場によって考え方が違っていて意見を交換することで、新たな気付きを得ることができました。

3.参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)

本社で参加する最後の木鶏会でしたが、普段関わりのない方とも話すことができて新たな気付きもあり、この気付きを行動に反映していけるよう頑張りたいと思いました。

参加レポート
名古屋営業所 技術部 柴田

第44回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『知覧からのメッセージ』

 毎年8月になると原爆の日、終戦の日に伴って戦争に関する特番をよく目にする。もちろん特攻隊の存在は以前から知っているが、若者たちが日本の為にと覚悟を決め、亡くなったという話を聞くたびに心が痛む。きんそくに入社し、「恩送り」という言葉を知り、これまで命を繋いで頂いたご先祖様を意識するようになった。今回の記事を読むまでは後世に残すものといえば、技術や文化、経済、インフラ整備など目に見えるものを考えていた。しかし、特攻隊の姿から愛や感謝、利他の心といった目に見えないものを学んだ。私はきんそくで働いて、後世に良いものを残したいと以前感想文に書いたが、私は技術部では無いので現場で何かを作る為に力を尽くすことはできない。私がきんそくで後世に残せるものは何があるかと考えた時に率先してきんそくフィロソフィを実践し、仕事に取り組むことでフィロソフィを実践する社風づくりに貢献する事をしていきたいと思った。社風は目に見えるものではないが、会社の価値を決めるのに不可欠な要素であると考えたからだ。また、色々なセミナーや勉強会で学んだ事も社内に落とし込む努力をし、外部からは見えないきんそくの強みを後世に残せるようにしたい。

本社 営業部
(きんそく入社2年5ヶ月)