28期 7月の朝会

2019年7月5日

28期7月の朝会です。奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。

6月21・22日に伊那食品工業株式会社様(かんてんぱぱ)に研修に行かせていただきました。伊那食品工業株式会社様では「気づき」を大切にされていて、気づける人が気づかない人に助言ができる、このような人間関係が大切だと学ばせて頂きました。
きんそくでは「時を守る」ことを大切にしています。時間は誰にも平等に与えられています。その人の大切な時間を自分勝手な理由で奪ってはなりません。「時を守り」「場を清め」「礼を尽くす」これが相手を想う気持ち、礼儀に繋がります。日頃から仲間の心の結びつきをつくり上げ、よい会社をみんなで創っていきましょう。
 

7月テーマ
「公明正大に利益を追求する」

会社は利益を上げなければ成り立ちません。利益を上げることは恥ずべきことでもなければ、人の道に反したことでもありません。自由市場において、競争の結果で決まる価格は正しい価格であり、その価格で堂々と商いをして得られる利益は正しい利益です。厳しい価格競争のなかで合理化を進め、付加価値高めていく努力が利益の増加を生むのです。お客様の求めに応じて営々と努力を積み上げることをせずに、投機や不正で暴利を貪り、一攫千金を夢見るような経営がまかり通る世の中ですが、公明正大に事業を行い、正しい利益を追求し、社会に貢献していくのがきんそくの経営です。
 
松下幸之助氏の言葉に「赤字は罪悪」という言葉があります。その意味は「企業が赤字となればこれは単にその会社の損失というにとどまらず、社会的に見ても大いなる損失である」という考え方です。日本の企業は現在約359万社あり、2016年度では63.5%が赤字企業です。企業は税金を払う義務があります。自由な競争の中で公明正大に利益を追求し、きんそくは微力ながら日本を支える、世界を支える企業でありたいと考えます。

今一度、自分の仕事を振り返り正々堂々と利益を追求して仕事をしていきましょう。
7月も元気にお願いします。