致知と共に歩む 7月号

2019年7月1日

この度、致知7月号『特集 命は吾より作す』の「致知と共に歩む」に掲載して頂きました。
致知を通して出会えましたご縁に心より感謝申し上げます。

「美しく心を寄せ合える社内風土を創る」

弊社は工事測量を生業として創業し、いま28期を向かえるに総合建設コンサルタントへと成長発展していく目標を立て邁進しています。『致知』を購読するきっかけは、旧知の社長様よりの贈呈でした。また㈱ヒロセの廣瀬眞弓様から社内木鶏会にお誘いいただき、そこで出会えた素晴らしい社員の方々に衝撃を受けました。社員の皆様が活き活きと、お互い美点凝視で話し相手を思いやり、お客様に喜んでもらいたい姿勢を表現している。その頃、社業の継続、発展に人財の育成が不可欠であるがどうすれば良いかと悩んでいた私に答えを頂きました。社内木鶏会を始めて、今年の3月で丸3年になります。その間、私自身が社員の話を聞き、自分の思いを語る事で、大きな気付きと学びがあったことも大きな喜びとなりました。今後も、『致知』を通して社員と共に語らう事で、人間学を高めることが幸福に繋がる事を実感したいと思います。令和となり、心新たに「建設業界に、地域社会に、さらには日本に一隅を照らす素晴らしい企業文化」の実現と、社員一人ひとりが花を咲かせられる、社内風土を創っていきます。
㈱きんそく 代表取締役 奥野勝司