30期 12月の朝会

2021年12月2日

30期12月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用をしての朝会となりました。


奥野社長より、近況報告がありました。
先日”測量士補テスト”の合格発表がありました。今年入社の30期生の合格者が、なんと!5名!!きんそく創業以来はじめてのことで大変うれしく思っています。毎日の積み重ねがあったんじゃないかなと感心しました。ありがとうございます。国家資格を取得して頂くと、官公庁の入札も増え会社の選択肢も増えます。官公庁案件で売上も上げていきたいとおもいますので、今後も皆さん果敢にチャレンジをお願い致します。
今年も冬季賞与を支給することができました。皆さんありがとうございます。大変厳しい経営をされている企業の中でも、こうして支給できることは、経営者にとって本当に幸せでたまりません。これからも皆さんに負けないように私も頑張らせて頂きますので、次は決算賞与にむけて皆さんと共に頑張っていきたいと思っています。引き続きご協力よろしくお願いします。
 
 

12月テーマ
「有意注意で仕事にあたる」

目的をもって真剣に意識を集中させることを有意注意といいます。私たちはどんなときでも、どんな環境でも、どんな些細なことであっても気を込めて取り組まなければなりません。最初は非常に難しいことのように見えますが、日頃、意識的にこれを続けていると、この有意注意が習慣になってきます。そうなれば、あらゆる状況下で気を込めて現象を見つめるという基本ができていますから、何か問題が起きても、すぐにその核心をつかみ、解決ができるようになります。ものごとをただ漫然とやるのではなく、私たちは、日常どんなささいなことにでも真剣に注意を向ける習慣を身につけなければなりません。
 
意識をするという訓練が日々必要になります。意識しているとあらゆる情報が目に飛び込んでくるようになります。意識が出来ると、間違いもクレームも無くなり、生産性が少しづつ上がってきます。
 
12月になり事故も多発しています。忙しくて、バタバタな日々ですがその中でも少し落ち着いていただき、事故・ケガの無いよう注意して下さい。急な案件でどうしても急がなければならない場合、アクセルを踏む前にお客様・上司・先輩に連絡できる勇気を持って下さい。年末年始、安全第一にお願いします。
 
2021年も残すところ1か月となりました。皆様にとって今年はどんな年でしたか?12月も元気によろしくお願いします