30期 30期生研修

2021年10月25日

本社3階で30期の30期生研修が行われました。

研修の内容は
・30期経営計画書
・ビジネスマナーチェック
・振り返りシート

参加を終えて感想
これまでの仕事について振り返ってみると、前回の研修時と比べると技術面で知識や経験をまだ少ないながらも積むことができ、成長しているつもりになっていたが、今回の研修で様々な角度からより長期的な未来を見据えて振り返ったことで自分が感じていた成長は一部分のことに過ぎないのだなと感じた。これまで自分が現場でのこと、直近の目標といったように、狭い範囲でしか考えられておらず、より広い視野をもって”技術者として”だけでなく”人として”どうありたいかということまで日々の業務を通して考えられるようになりたいと思った。また、今後のことを考えた時、後輩ができるということを今回の研修で改めて感じ、自分の行動は後輩に見せて恥ずかしくないかと考えると、まだまだ先輩に頼りきりになってしまっていることに気づき反省した。
 
本社 技術部 小山
参加を終えて感想
入社して7ヶ月が経過し、経営計画書の見方の視点が変わっていたり、全然変わっていないなと思う所があったりと今日の研修での気付きが沢山ありました。これからやらなければならないことは、ある程度わかってたつもりではいましたが、今日言葉で話したり、書いたら絶対やらねばならないと、自分でさらに追い込むことが出来ました。自分の失敗例はすぐにあげることはできましたが、成功の例が出てこなかったです。すなわち、私は、出来た事の反省をしていないのだなと思いました。一気に出来ることは増えないので、成功も失敗も、1日1日の反省を行い、毎日の振り返りを大事にしていきたいです。電話でお客様と話す(話すといっても誰かにつなぐ)ことでお客様と話すことにもほんの少しずつ慣れていきたいことも目標にしていきたいです。
 
本社 技術部 中倉

参加を終えて感想
今回研修を終えて、もう半年も経ってしまったことに驚いた。そして私自身がまだ新しいことや日々の仕事に流されて過ごしてしまっていることに気付いた。社長が「毎日、勝負の日」という言葉を仰られて、はっとなった。これまで流されていた自分には毎日何かしらの勝負といえる場面があり、それに気付かずなぁなぁにしていたことに気付いた。また、毎日疲れて帰宅していたとしても、何かしら行動しなければ無駄に時間を使ってしまう。ビジネス本や参考書を読む時間はあるのに、そこに充てずに無意味に携帯を見ていた。なので今後は勉強の時間を数分でもいいので用意し、自分の仕事力向上につなげたいと思う。
 
本社 営業部 藤倉

今回の研修では私にとって勉強になることばかりでとても濃く、たくさんのことを学べた研修になりました。入社して半年が過ぎて最初の頃よりもできることは増えても私はまだまだだなと思いました。今回、奥野社長に教えて頂いた「守」「破」「離」が今の私がやっていることかもしれないと感じました。私は入社してから同じICTグループの先輩が細かくノートに作業内容をまとめているのを見て、私も現在教えて頂いたことをノートにまとめています。私は、その先輩がどういうふうに仕事を早くしているのかを見て、質問して聞いてマネしたりしています。私はまだ「守」ですが、いつか後輩ができたら私の作業をマネしてもらえるように今はたくさんのことを吸収して覚えたいと思いました。今回報連相の大事さをより知ったので明日から報連相を徹底していきたいです。
 
和歌山支店 技術部 谷澤
参加を終えて感想
入社から半年が経過しまして、測量の難しさや、1mm大切さをとても「実感すると同時に、測量の楽しさなどが分かってきた半年だと振り返りシートを使用してそう思いました。また、今日の奥野社長の
話を聞いて、入社時に自分で頑張ろうと決めていた元気な挨拶を心掛けていたのですが最近できていないなと思ったので、もう一度、しっかりと挨拶をしようと思いました。また、ビジネスマナーチェックのチェック項目の中の報・連・相の部分が自分は全く出来ていない事に気付いたので、明日からしっかり、と報・連・相を心掛けようと思いました。来年の測量士補を確実に受かるという気持ちをもつことができました。
 
東京営業所 技術部 田中