30期 フィロソフィ研修(外業社員)

2021年5月29日

本社3階で外業社員研修が行われました。

研修の内容は
・コロナ禍での社会状況
・きんそく事業定義
・きんそくフィロソフィ

参加を終えて感想
30期を迎えての会社の思い、他社との違いを全従業員に伝え行動しなければいけないと思いました。コロナ禍の中でどう行動し、成果を上げ利益を生み出していくかいなかは、従業員ひとりひとりに重くのしかかってくると思います。その中で人生という物を考えて生活をしていかなければならない、これからの未来をしっかり想像し、次に来る事を予定して今をしっかり生きていかなくはいけないと思いました。能力は全ての人にある物です。人の意見を聞きしっかり堪える事も合わせて大事だと思いました。夢を実現するためには信じぬく事、善いパートナーを作る事など周囲の事も考えて行動したいと思います。世の中の現状を考えると暗くなるばかりですが、きんそく従業員全員で乗り切って いきたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 元田

参加を終えて感想
成功方程式が人生・仕事をしていくにおいて、非常に大切だと感じました。その人がどれだけ能力・熱意を持っていても、考え方がマイナスであればお客様はあまり良い評価をしないと思います。「考え方」がプラスであれば能力が少なくても良い仕事はできると思います。今回の研修において「考え方」は、自分自身の人生においても、その他の仲間にしても、影響があるのだということを学びました。
 
和歌山支店 技術部 坂口
参加を終えて感想
コロナ禍での時事、具体的な解雇人数、売上等、またその中にあって業績を伸ばしている会社の存在を知りました。それぞれの増減には理由があり、成る程と知りました。強い意志を持ち、謙虚に過去を学ぶ勉強力。ネットワークを築き、よい関係をつくっておくこと、その上の独創力により危機を乗り越えること。人生は方針であり、自分もこれに学ばなければならないと改めて実感しました。西郷隆盛の母親は「負けない・うそをつかない、弱い者いじめをしない」と繰り返し子供に言っていたことを思い出し、れてはならない場を設けていただいたことをありがたく思いました。
 
きんそく家屋調査 技術部 山脇