30期 5月の朝会

2021年5月6日

30期5月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 長期休暇が終わり、日に日に気温も上がってきました。しんどいときは無理をせずに、安全第一で作業してください。緊急事態宣言も発令され、延長も考えられます。きんそく従業員の皆さんには、長期に渡り自粛していただいています。感謝申し上げます。きんそくでは多くの現場でお仕事をさせて頂いています。お客様の現場に、会社に迷惑をかけない。コロナを持ち込まない。そんな精神で、引き続き気を緩めず一人一人が節度ある行動をして頂きたいと思います。
 4月から本格的に、私が講師となり社員教育をさせて頂いています。研修を通してコミュニケーションをとることができ、皆さんからエネルギーをたくさん頂いています。経営計画書にもあります「社員の未来像」についても一緒に考えていければと思います。時間が合う方はぜひとも研修に参加し一緒に学びましょう。宜しくお願い致します。
 
 

5月テーマ
「常に明るく前向きに」

 どんな逆境にあっても、どんなに辛くても、常に明るい気持ちで理想を掲げ、希望をもち続けながら一生懸命努力を重ねてきた結果が、きんそくの今日をつくったのです。人生はすばらしく、希望に満ちています。常に「私にはすばらしい人生がひらかれている」と思い続けることが大切です。決して不平不満を言ったり、暗くうっとうしい気持ちをもったり、ましてや人を恨んだり、憎んだり、妬んだりしてはいけません。そういう思いをもつこと自体が人生を暗くするからです。非常に単純なことですが、自分の未来に希望をいだいて明るく積極的に行動していくことが、仕事や人生をより良くするための第一条件なのです。
 
 たとえどんなことがあろうとも、物事を良いほうに、善意に解釈していくことが大切です。悪いほうに悪意に受け取っては、人生はどんどん暗くなります。仮に相手が自分に対して悪意を持って何かを仕掛けようとも、「あの人はばかじゃないだろうか」と疑われるくらい、ニコニコしながら受け流すのです。
 人生は出逢いです。出逢いの連続です。その時に後ろ向きで、何も受け入れない人と、善いことを受け入れようとする人とでは人生が変わって当たり前です。皆さんも生きる人生の支えにおいて「師匠」を見つけてほしい、人生は出逢いですどれを選択するかです。今の自分は過去の自分の選択です。人生には素晴らしい出会いがたくさんあります。自分に足りていないことを人生の「師匠」とする。物事を明るく善意に受け止めていきましょう。
 
朝晩の気温差がはげしく、日に日に暑くなってきます。新型コロナウイルス、熱中症に気を付けていただき、5月も皆さん元気によろしくお願いします