30期 4月の朝会

2021年4月8日

30期4月の朝会です。きんそく30期はじめての朝会となります。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。
 

奥野社長より、近況報告がありました。
 皆さん日々の業務ありがとうございます。4月1日に入社式を執り行い、12名の新入社員が仲間となりました。新入社員の皆さんは不安と希望を胸いっぱいに抱きながら出社されていると思います。人生の先輩として、先輩社員の皆さんは背中を見せて指導するのが一番だと思います。皆で教え、愛情をもって育ててあげて頂きたい。宜しくお願いします。
 
経営計画書の解説『お客様第一主義』
①お客様に喜んでいただくことが経営の原点である。
②お客様の要求に応えることで会社は存続し、経営理念の実現が可能となる。
③企業活動のすべては、全従業員でお客様に喜ばれ、お客様から感謝される仕事をする、それを自分の喜びとする。
④企業活動はすべてお客様目線
”きんそくの事業は、すべてお客様の要求からスタートする”
この『お客様第一主義』を、常に意識する日々、時間であって欲しいと思います。

 

4月テーマ
「常に謙虚に素直な心で」

 素直な心とは、自分自身のいたらなさを認め、そこから努力するという謙虚な姿勢のことです。とかく才能のある人や気性の激しい人、我の強い人は、往々にして人の意見を聞かず、たとえ聞いていても反発するものです。しかし本当に伸びる人は、素直な心をもって人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身をみつめることのできる人です。そうした素直な心でいると、その人の周囲にはやはり同じような心根をもった人が集まってきて、ものごとがうまく進んでいくものです。
 
経営の神様と言われている松下幸之助さん、その人間観・経営観の根底には、つねに「素直な心」がありました。「素直な心」を持ち合わせていると、変化に対応することができます。自分だけの考え方や思いだけでは、事業環境の変化に対応できないです。今は特に”変化の激しい時代”なので、「変化に対応していく」これがとても求められています。ですので「素直な心」がとても大切なのです。
 
新たな仲間を迎えてよりパワーアップし、より魅力的なサービスをお客様にご提供できるよう、4月も皆さん元気によろしくお願いします。