29期 11月の朝会

2020年11月5日

29期11月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 副業人財の採用・活用に力を入れています。現在「WEBマーケティング」「新規事業化」「人事強化」「社内システム強化構築」といった業務で採用しました。現在のきんそくの知識だけではこの先、生きていけません。広くから知識を集め短期間できんそくへ”仕組み”や”ノウハウ”を落とす。それを私たちがしっかりと受け取り運用し、きんそくのレベルを上げ続けていかなければなりません。
 10月21~23日「経営計画書 25時間合宿」に参加させて頂きました。経営計画書を進化させていかなければならない、きんそくに足らないものは何かを学んできました。来期の経営計画書には「社員の未来像」を入れたいと思います。皆さんが経営計画書を見て「面白いな」と言っていただけるように常に進化していきます。期待していて下さい。
 

11月テーマ
「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

人生や仕事の結果は、考え方と熱意と能力の三つの要素の掛け算で決まります。このうち能力と熱意は、それぞれ零点から百点まであり、これが積で掛かるので、能力を鼻にかけ努力を怠った人よりは、自分には普通の能力しかないと思って誰よりも努力した人の方が、はるかにすばらしい結果を残すことができます。これに考え方が掛かります。考え方とは生きる姿勢でありマイナス百点からプラス百点まであります。考え方次第で人生や仕事の結果は百八十度変わってくるのです。そこで能力や熱意とともに、人間としての正しい考え方をもつことが何よりも大切になるのです。
 
「人生や仕事の結果は、考え方と熱意と能力の三つの要素の掛け算で決まる」これがきんそくの原点です。人生は能力だけで決まりません、考え方と熱意で変わります。この方程式で人生は決まります。しかし、ちょっとのマイナスの考え方でも結果は大きく変わってしまいます。どんなに成績が良くても、29期のテーマにもあるように「驕ってはいけない」さらに努力を続けるような気持ちでいないと今より成長はできません。
目指すところが違えば登る山は違う。きんそくは目標を「日本一」に据えています、それを忘れないで下さい。その目標に合った自分の考え方で社格をあげていきましょう。
朝晩の気温差で体調を崩さないように気を付けて下さい。忙しい時期になってきました。余裕を持った行動で11月も皆さん元気によろしくお願いします。