29期生研修

2020年6月17・18日

本社3階で29期生の研修が行われました。

研修の内容は
・29期経営計画書
・フィロソフィ教育(P28~P46)
・振り返りシート
(入社してからの振り返り・自己管理・目標設定)
・ビジネスマナー

参加を終えて感想
入社前の研修では、フィロソフィ教育で人生をどう歩むのか心の面も磨きながら仕事を頑張っていこうと思っていたのですが、いざ仕事が始まると、技術・知識的な面、知らなくて覚えないといけないことがたくさんあり、今回の研修までに心を磨くということを忘れて実行できないでいました。今回の研修では日々の積み重ねでしか、自分が変わらないし成長することもないということを改めて気付かされました。研修の内容を覚えて理解をするだけでは意味がなくて、実践を行わなければ意味がないので、日々は必ず仕事をしていて忙しいですが、それを言い訳にせず頑張りたいです。また有言実行でことにあたるということで、毎朝勉強して必ず資格を取るとみんなの前で宣言を行ったので、必ず目標を達成できるように毎日コツコツと頑張って生きたいと思います。
 
本社 技術部 畠中
参加を終えて感想
今回の研修で感じた事は、成長していくためにまだまだしなければならないことがたくさんあるということです。その中でも特に採算意識には注意していきたいと思いました。入社直後の時点ではまだ現場にも出ておらず売上の数字もわかりませんでしたが、現場に出るようになった今、採算のことを考えてみると時間や備品など何一つとして無駄にはできないなと感じました。現場に行ってテキパキと動き、少しでも効率よく仕事を進めていき、利益を最大にしていくためにも今やっている基本的なことをしっかりと身に付け、会社に損害を出さないようにするためにも採算意識はしっかりともっていきたいです。資格を他にも取れるものはどんどんとっていこう、振り返ることで成長したところとこれからの課題がハッキリしました。
 
本社 技術部 和泉
参加を終えて感想
今回の研修は前回の新入社員研修よりも自分をより具体的に見つめ直すことが出来ました。それは4月から今日まで実際に働いた経験があったからだと思います。フィロソフィの内容も前回は漠然としかイメージできなかったのですが、今回の研修ではフィロソフィの内容が現場でどう実践されているのかと上司や先輩をみていて実感出来たと思います。このイメージを実際に行動にうつしていきたいです。今まで自身なりに頑張ってきたのですが、現場に出て実感していることはまだまだ知らないことだらけということです。分かっていないと出来ないことが多いので、上手に時間を作って知識を身に付け、仕事への理解を深めると共に、もっと自身で動けるようになりたいと思います。強い願望、高い目標を持つことが大事だと思いました。そうすることで大きなエネルギーを生み、自分や会社を人間的にも大きく成長させると思いました。
 
本社 技術部 津崎

参加を終えて感想
入社前の研修で教えていただいたフィロソフィ研修のときには、あまりわかりませんでした。しかし3ヶ月経った今、実際に仕事に取り組み、今回のフィロソフィ研修では様々なことに対して納得する部分が多かったように感じました。社会人となり失敗することはいけないことだと思っていましたが、それだけではなくそこから学んで成長すればいいのだということも知れました。なのでこれからは失敗ばかりを恐れずに何事にも挑戦していこうと思うことができました。成功するまであきらめないという議題で自分の資格をとるという明確な目標ができ、皆の前で目標も宣言したのでこれからの予定も組んだので頑張っていきます。「有言実行」をすることによって使命感が生まれるので、これから言葉にして実行するように心がけていきたいです。
 
本社 営業部 半澤
参加を終えて感想
世間かコロナで大変な時期にもかかわらず、同期全員で研修をうけることができ、本当に良かったなと思います。そして、入社間近で内定取り消しされている人がいる中、私はこうして仕事をさせていただいていることがとても恵まれているなと感じました。売上最大、経費最小や日々採算をつくっていく上で私にできることについて入社してから考えてみる機会がなく、こうして研修の中で私に何が出来るのか考えることができ、また明日からの業務に意識して取り組んでいきたいと思います。バレーボールを教えて頂いていた指導者の方に脳に汗をかきなさいと言われたことがあり、常に考え続け、状況を把握し、次に何が起きるのか予測していき、考え続けることの大切さから、営業事務としてどうしたら経費を最小に、生産性があがるかを考え答えを見つけ出していきたいと思います。
 
和歌山支店 営業部 村田