フィロソフィ研修(外業社員)

2020年5月30日

本社で外業社員のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ
(成功方程式方程式)
・29期経営計画書
・個人計画書作成

参加を終えて感想
前回の研修でも成功方程式について学びましたが、同じ内容でも毎回違う発見や気付きを得られました。仕事や人生を生きていくための核になるものだということが、前回よりも腑に落ちてきたような感覚でした。皆さんの発表を聞いて考え方が本当に大切であると改めて思いました。様々な方が研修に参加されているので、いろいろな感じ方をしていて、そのことが新たな気付きを与えてくれるのだと思います。
 
本社 技術部 中山
参加を終えて感想
フィロソフィに書かれていることを再度復習することができ、血肉化に向けて前進できたと思う。能力だけではなく熱意、考え方の大切さを確認でき、今は能力が低くても継続して努力していくことで道が開けてくると信じ、がんばっていこうと改めて決心することができた。また、いろいろな意見を周りの人から聞くことができたのが、大きな収穫です。今日をまた新たな契機として心新たに精進していきたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 若林
参加を終えて感想
仕事のあり方、何が大事なのかを再認識しました。方程式こそ自分の姿、将来性を見据えた行動にむすびつく事がわかりました。また経営計画書を埋めていく事で自分に何ができ、会社や社会にどう貢献できるのかを考え実行する糧になる事を認識できました。働く事でまた楽しみを見いだしていきたいと思います。
 
北陸営業所 技術部 福田
参加を終えて感想
成功方程式の研修は何度も受けてきたのに、毎回自分の意見が変わっている。でも、その時の気持ちや体調等でも変化してくると思うので「芯」が変わっていなければそれで良いと思えた。個人用の経営計画書を作成し、日頃行えていない自分自身の分析ができてよかったです。そして改めて経営陣の方々の大変さがわかりました。
 
きんそく家屋 技術部 藤田
参加を終えて感想
フィロソフィ研修を受講するごとに、理解というよりもどんどん難しくなっていっている様に思いました。それはおそらく教材の奥の深さだという風に理解はしているつもりですが、毎回自分の中から色々な思い・考え方・意見が出てきているのに驚いています。これは今後もそうなると思いますが「理解」するよりも「信じていく」ことにする方がより良く自身の血肉になるのではないかと感じました。
 
きんそく家屋 技術部 西村