第46回 社内木鶏会 開催

2019年10月15日
第46回 社内木鶏会 テーマ「情熱にまさる能力なし」

今月の『致知』特集のテーマは「情熱にまさる能力なし」です。みんなで明るく元気にいきましょう。それでは第46回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

今月の木鶏会では「情熱」について学んでいきました。私は大人になっていくにつれ、何か全力で情熱をかたむけるということが少なくなってきたと感じたので、現在任せていただいている仕事に情熱を込めようと思いました。一つの物事に情熱を燃やし続ける人こそが成長していけると知り、私も実践していこうと思いました。

2.社内外に伝えたいこと
致知の創刊を41年間も続けておられ、今でも創刊当初と変わらぬ情熱を持ち続けておられることに感銘を受けました。偉業を成し遂げた人などは皆、情熱の限りを尽くされてきたので先人の方々を見習おうと思います。

3.参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)

情熱をかたむけることに対し、それぞれいろんな意見があり、考え方や捉え方も様々でした。仕事の事、人生の事について深く考えさせられた会でした。

参加レポート
本社 営業部 村田

第46回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『情熱にまさる能力なし』

 今回「情熱にまさる能力なし」を読ませて頂いて、まず思い出したのがきんそくフィロソフィの中にあった「成功方程式」でした。人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力という考え方を自身の生き方を見直した時、自分の能力は人並み又は劣る・考え方は人並み・熱意はきんそくが好きであり生涯測量技術で働きたい、自身の技術で第三者のためになりたいとブレない心で多少プラスといった評価をしています。この熱意の初めは叔父が測量業をおこなっており、中学生の頃から手伝い等で関わり、憧れを抱いていました。後に高校土木科と測量専門学校をへて近畿測量に就職させていただいて数々の現場やお客様と関わらせて頂きました。18年働いて色々な失敗などをしてしまいましたが、構造物が無事完成した時やお客様が喜んでいただいた姿を見ると素直に嬉しいですし、明日からの糧にもなっています。仕事の上で楽しいことだけではなく、辛い時や嫌な時も多々ありますが「鈍刀を磨く」の精神で脇目もふらず一生懸命に愚直に自身の測量力や情熱を磨き続けたいと思います。

本社 技術部
(きんそく入社18年1ヶ月)

28期 全社営業強化合宿

2019年10月12日・13日
ホテルビナリオ嵯峨嵐山にて 全社営業強化合宿開催

全拠点、顧問の皆さまにも参加して頂き、営業に関わる総勢30名で営業強化合宿が行われました。
辻執行役員から開会の挨拶があり熱い、営業合宿のスタートです。

奥野社長から28期上半期の結果、それを踏まえた28期下半期の経営方針の発表がおこなわれました。
大きく3つに分けて話していただきました。28期下期は29期の準備でもあります。下半期を30期30億、34期40億の目標達成のための準備期間と位置づけ29期を視野に入れた営業活動をお願いします。そして事業環境と対策として、28期の経営計画にもあります設備と人材へ、もっと力を入れていただきお客様の困りごと、求められるニーズを捉え、商品力の強化と事業領域の拡大をお願いいたします。最後にマーケティング力の強化として、28期上半期はマーケティング会議を行いました。そして下半期は実践に入り、方針・戦略・ロープレを中心に進めていきます。お客様の多様なニーズそして顧客を創造するためにもマーケティング力の強化は必要不可欠だと考えています。ここにおられる営業関係者のみなさんが一丸となり、ベクトルを合わせることで大きな力となります。年度計画達成に向け「謙虚にして驕らず、さらに努力を」共に重ねて参りましょう!と力強い言葉をいただき、全員の気持ちが一つになりました。

その後、山田副社長の”商品開発報告”発表へとうつり、新商品にみんなワクワク!顧問の皆さんも興味津々です。午前の部が終わり、昼食タイムです。

ここでなんとサプライズ!会議当日の10月12日は本社営業部 忠津部長、68歳のお誕生日です。おめでとうございます。奥野社長から皆さんのメッセージ入りのお酒とケーキのプレゼントです。突然のサプライズに忠津部長もビックリ!皆でお祝い、美味しくケーキを頂きました。おめでとうございます。

お天気の影響で顧問の皆さんはお昼までの参加となりました。普段なかなかお話を聞くことのできない顧問の皆さまから沢山の心強いお言葉を頂きました。ご参加いただき、ありがとうございました。

午後からも会議は続きます。
・28期下期 各拠点プロジェクト及び路線への取り組み方針発表
・社内ルールの再徹底
・上期営業特筆報告

そして熱い会議のあとは懇親会です。会議とは違いとても和やかな雰囲気です。

2日目もど真剣に熱い会議は続きます。
・上期営業特筆報告
・タイムマネジメントについて

同じ時間を共有し、皆がベクトルを合わせることができました。

28期下半期も2ヶ月が経とうとしています。営業部が”きんそく”を先導できるよう、全員で力を合わせ「30期30億」を全員で掴み勝ち取りに行きましょう。宜しくお願いします!

28期 10月の朝会

2019年10月7日

28期10月の朝会です。下期に入り1ヶ月が過ぎました。奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。

9月14日・15日と経営合宿を行いました。28期目標達成に向け、みんなで協力していかなければなりません。きんそくでは全員参加経営で取り組んでいます。他拠点、他部署に良い事も悪い事もなんでも言いあえる、そして自部門だけでなく他部門にも責任を持つ。達成できている部門が出来ていない部門の数字をシェアして分け合う。この新しい目標数字を達成することで、きんそく全体の目標を達成することができる。それがきんそくの強み、今月のテーマにもある「全員参加で経営する」です。気持ちを新たに、皆さんのご協力をお願いします。

 

10月テーマ
「全員参加で経営する」

きんそくでは、アメーバ組織を経営の単位としています。各アメーバは自主独立で経営されており、そこでは誰もが自分の意見を言い、経営を考え、それに参画することができます。一握りの人だけで経営が行われるのではなく、全員が参加するというところにその神髄があるのです。この経営への参加を通じて一人一人の自己実現が図られ、全員の力が一つの方向にそろったときに集団としての目標達成へとつながっていきます。全員参加の精神は、私たちが日頃のひらかれた人間関係や仲間意識、家族意識をつちかう場として、仕事と同じように大切にしてきた会社行事やコンパなどにも受けつがれています。
 
まず、自部門の数字を知る。きんそくではそれが全部見れます。知ることによって、自分も経営しているという実感が湧いてきます。企業が成長発展していくには、自分の身近な小さな組織から強くしていくしか生き残る方法はありません。ぜひとも全員参加で経営して頂き、オープンにしてガラス張りにして経営をして行きましょう。


1日の気温差が大きくなってきました。夏の疲れが出やすい時期です。風邪をひかないように体調管理に気を付けてください。10月も元気によろしくお願いします。

きんそく感謝祭~名古屋営業所~

2019年10月5日
きんそく感謝祭 名古屋営業所
~きんそく役員presents~

名古屋営業所にて『きんそく感謝祭』が開催されました。


名古屋感謝祭の開催ありがとうございました。朝早くからご準備頂き、また温かいおもてなし、楽しいゲームにイベントと、すてきなお土産まで頂戴しました。役員の皆様とご家族様に心より感謝いたします。勤務時間の違いなどから普段顔を合せない仲間同志が集まり、楽しい時間を過ごす機会を持つことが出来ました。名古屋営業所全従業員で力を合わせ、きんそくに貢献できるようにがんばって行きます!

名古屋営業所 橋本 亮介


フィロソフィ研修(GS.GSJ.一般A)

2019年10月5日

本社3階でGS・GSJ・一般社員(A)のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育(講師:田中取締役)
成功方程式、心に描いたとおりになる
人間として何が正しいかで判断する、地味な努力を積み重ねる

 

参加を終えて感想
普段なかなかお会いすることのない方とディスカッションすることができ、もっとこのような機会があれば良いなと思いました。2年目になり、改めて初心に戻り新しい気持ちで研修にのぞみました。今回私が一番大切だと思ったことは同じことの繰り返しではなく「創意工夫をする」ことと「常に疑問点を持つ」ことです。この現状を良くするためにはどうしたら良いのかを「考える」ことが大切だと感じました。地味な努力というのは本当に日々の積み重ねであり、その積み重ねが5年後、10年後の人生を創っていくのだと思います。また最近では新しい技術も学び始めたので、その時にも効率の良いやり方はないかなど、常に疑問を持ちよりよい方法が見つけられるように日々改善を行っていきたいと思います。
 
本社 技術部 野中
参加を終えて感想
成功方程式はなぜ必要なのかというテーマで、自分が進むべき方向・人生の指針・自分が今いる場所でどれだけの実力を発揮し社会貢献できるのかを考えさせられました。人間として何が正しいか判断するのに、利他の心の大切さを知りました。これから仕事をしていくうえで自分が一体何をどういう風にやっていくのか新たな課題の発見ができた今回の研修となりました。
 
和歌山支店 技術部 北原

参加を終えて感想
自分自身仕事をしていて余裕がある時は周りを見れているのですが、いっぱいいっぱいになってしまうとマイナスなことを考えてしまうことがあったので今回の研修を受けさせていただいて成功方程式で考え方をマイナスにしてしまうと、すべての結果がマイナスになってしまい、そういう時にミスにつながることがあると思うので、一つのことに対して一つの方向から見るだけではなく、周りを見て自分のことだけ思うのではなく、周りのことも思うことで良い結果につながると思ったので、これから努力していこうと思いました。
 
和歌山支店 技術部 今西