Z-BOATを用いた測深測量


2019年4月23日晴天に恵まれ、堺泉北港にZ-BOAT発進。平成最後の測深測量となりました。今回は公共機関からご依頼頂きました。きんそくのマルチビームにまた新しい歴史が刻まれました。
記事:和歌山支店 営業部。

2019年4月版のICT要領案

ICT活用工事に必要な基準類を整備、策定・改定された要領案は以下より確認いただけます。

・2019年度向け「ICTの全面的活用」を実施する上での技術基準類

(国土交通省 2019.4.1登録)
———————————————————————

・ICT建設機械 精度確認要領(案)

(2019.4.1策定)

・TS等光波方式を用いた出来形管理の監督・検査要領(護岸工編)(案)

(2019.4.1策定)

・TS等光波方式を用いた出来形管理要領(護岸工編)(案)

(2019.4.1策定)

・施工履歴データを用いた出来形管理の監督・検査要領(表層安定処理・中層地盤改良工事編)(案)

(2019.4.1策定)

・施工履歴データを用いた出来形管理要領(表層安定処理・中層地盤改良工事編)(案)

(2019.4.1策定)

・3次元計測技術を用いた出来形計測の監督・検査要領(案)

(2019.4.1策定)

・3次元計測技術を用いた出来形計測要領(案)

(2019.4.1策定)
———————————————————————

・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)

(2019.4.1改定)

・TS等光波方式を用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)

(2019.4.1改定)

・TS等光波方式を用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)

(2019.4.1改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)

(2019.4.1改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)

(2019.4.1改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)

(2019.4.1改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

(2019.4.1改定)

・点検支援技術(画像計測技術)を用いた3 次元成果品納品マニュアル(トンネル編)(案)

(2019.4.1改定)

・点検支援技術(画像計測技術)を用いた3 次元成果品納品マニュアル(橋梁編)(案)

(2019.4.1改定)

・TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領(案)

(2019.4.1改定)

・施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案)

(2019.4.1改定)

UAVを用いた測量の現場説明会開催

名古屋港 第1ポートアイランド築堤補修工事においてUAVを用いた測量の現場説明会にきんそくも協力させて頂きました。広大な敷地をものともせず、颯爽と観測(写真撮影)を終えて戻ってくる機体。撮影作業の速さに見学者の方々から大変好評頂きました。

担当者:ICT推進アドバイザー 三浦

マルチビ-ム測量の見学会に協力させて頂きました

この度、名古屋市中川区前田町(新前田橋下流右岸)にて、音響探査機搭載型マルチビームを用いた測量の現場見学会にきんそくも協力させて頂きました。無人ボートを使用した測量は大変好評でした。マルチビ-ムは有人ボートでは測量が困難である風の強い状況でも安全に作業を行うことができます。

 

県庁舎ドローンによる調査

 
この度、県庁舎をドローンを使用し調査致しました。きんそくは今後もICTの普及に貢献し、生産性の向上や効率化、働き方改革に少しでもお役に立てればと思っております。

https://youtu.be/qkjelriTP8U
↑撮影風景を動画でご確認頂けます