『ユーザー事例セミナー2021』第3弾


2月19日福井コンピュータ株式会社様が主催の『ユーザー事例セミナー2021』第3弾の講師としてきんそくの事例をご紹介させて頂きました。オンライン配信セミナーとして約70名の方にご参加頂きました。ありがとうございました。
 
内容としましては、施工現場において3Dだから実現できたことをICT施工活用事例を交えてご紹介、また独自開発の最新技術「杭打キングPLUS」についても動画でご説明をさせて頂きました。
 
きんそくがICTを普及するために力をいれています、CPDS講習会も2021年度は約16回、全国の主要都市(東京・大阪・京都・名古屋・和歌山・福井など)で、オンラインセミナーも組み入れて開催を予定しています。今後も地域発展に貢献できるよう講習会等を開催していきますので、皆様のご参加心よりお待ちしております。
 
きんそくは「ICTアドバイザー」として、更なるICT活用工事の普及促進を図るとともに、ICTの活用について幅広く一般に導入できる状況、技術面においてもサポートを目指し、これからもICTの全面的な活用を推進していきます。


ICTついてのお問合せ先
商品開発事業部 山田 泰史・技術部 濱野 真緒
電話:075-682-7710 メール:yamada@kinsoku.com

2020年CPDS講習会


きんそくでは7月14日(京都)ICT施工に関する講習会として、受講者をつないだオンラインセミナーを開催いたしました。国土交通省が推進するi‐Constructionや現状のICTの取組、活用事例などを理解して欲しいとの想いで同講習会を企画し、全国の主要都市で開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため急遽オンラインセミナーに切り替え、21名に受講して頂きました。講習会は「さらなる進化ICTの未来2020」「地域で勝ち残る為のICT活用事例2020」と題し、国土交通省におけるICT活用工事の実施状況では、ICTの活用工種が年々拡大し、発注物件数も大幅に増加しているのが現状です。TLS(地上型レーザースキャナー)およびUAV(無人航空機・ドローン)、マルチビーム(大型ラジコンボート)を活用した3次元測量や出来形評価、電子納品、弊社の新商品などの説明をさせて頂きました。
 
講習会は今年度、約20回全国の主要都市(東京・大阪・京都・名古屋・和歌山・福井など)で、オンラインセミナーも組み入れて開催を予定しています。今後も地域発展に貢献できるよう講習会等を開催していきますので、皆様のご参加心よりお待ちしております。


 ↑ 新聞をご確認頂けます

2020年CPDS講習会


きんそくでは6月16日(大阪)、6月18日(愛知)ICT施工に関する講習会として、受講者をつないだオンラインセミナーを開催いたしました。国土交通省が推進するi‐Constructionや現状のICTの取組、活用事例などを理解して欲しいとの想いで同講習会を企画し、全国の主要都市で開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため急遽オンラインセミナーに切り替え、16日14名・18日24名に受講して頂きました。講習会は「さらなる進化ICTの未来2020」「地域で勝ち残る為のICT活用事例2020」と題し、国土交通省におけるICT活用工事の実施状況では、ICTの活用工種が年々拡大し、発注物件数も大幅に増加しているのが現状です。TLS(地上型レーザースキャナー)およびUAV(無人航空機・ドローン)、マルチビーム(大型ラジコンボート)を活用した3次元測量や出来形評価、電子納品、弊社の新商品などの説明をさせて頂きました。
 
講習会は今年度、約20回全国の主要都市(東京・大阪・京都・名古屋・和歌山・福井など)で、オンラインセミナーも組み入れて開催を予定しています。今後も地域発展に貢献できるよう講習会等を開催していきますので、皆様のご参加心よりお待ちしております。

 ↑ 新聞をご確認頂けます

2020年CPDS講習会


きんそくでは5月12日(京都)、5月21日(東京)ICT施工に関する講習会として、受講者をつないだオンラインセミナーを開催いたしました。国土交通省が推進するi‐Constructionや現状のICTの取組、活用事例などを理解して欲しいとの想いで同講習会を企画し、全国の主要都市で開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため急遽オンラインセミナーに切り替え、12日7名・21日18名に受講して頂きました。講習会は「さらなる進化ICTの未来2020」「地域で勝ち残る為のICT活用事例2020」と題し、国土交通省におけるICT活用工事の実施状況では、ICTの活用工種が年々拡大し、発注物件数も大幅に増加しているのが現状です。TLS(地上型レーザースキャナー)およびUAV(無人航空機・ドローン)、マルチビーム(大型ラジコンボート)を活用した3次元測量や出来形評価、電子納品、弊社の新商品などの説明をさせて頂きました。
 
講習会は今年度、約20回全国の主要都市(東京・大阪・京都・名古屋・和歌山・福井など)で、オンラインセミナーも組み入れて開催を予定しています。今後も地域発展に貢献できるよう講習会等を開催していきますので、皆様のご参加心よりお待ちしております。


○建通新聞  ○日刊建設タイムズ
↑新聞をご確認頂けます

2020年4月版のICT要領案

ICT活用工事に必要な基準類を整備、策定・改定された要領案は以下より確認いただけます。

・令和2年度向け 「ICTの全面的活用」を実施する上での技術基準類

(国土交通省 2020.3.31登録)
———————————————————————

・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)

(2020.3.25v)

・空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督検査要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・TS(ノンプリ)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・TS(ノンプリ)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)

(2020.3.25v)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

(2020.3.25改定)

・TS(ノンプリ)を用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)

(2020.3.25改定)

・TS(ノンプリ)を用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)

(2020.3.25改定)

・点検支援技術(画像計測技術)を用いた3 次元成果品納品マニュアル(トンネル編)(案)

(2020.3.25改定)

・点検支援技術(画像計測技術)を用いた3 次元成果品納品マニュアル(橋梁編)(案)

(2020.3.25改定)

・TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領(案)

(2020.3.25改定)

・ステレオ写真測量(地上移動体)を用いた土工の出来高算出要領(案)

(2020.3.25改定)

・3次元計測技術を用いた出来形計測の監督・検査要領(案)

(2020.3.25改定)

・3次元計測技術を用いた出来形計測要領(案)

(2020.3.25改定)

・施工履歴データを用いた出来形管理の監督・検査要領(固結工(スラリー撹拌工)編)(案)

(2020.3.25改定)

・施工履歴データを用いた出来形管理要領(固結工(スラリー撹拌工)編)(案)

(2020.3.25改定)

・施工履歴データを用いた出来形管理の監督・検査要領(路面切削工編)(案)

(2020.3.25改定)

・施工履歴データを用いた出来形管理要領(路面切削工編)(案)

(2020.3.25改定)

・地上写真測量(動画撮影型)を用いた土工の出来高算出要領(案)

(2020.3.25改定)