第41回 社内木鶏会 開催

2019年5月15日
第41回 社内木鶏会 テーマ「枠を破る」

今月の『致知』特集のテーマは「枠を破る」です。新しい時代「令和」となってはじめての木鶏会となります。みんなで明るく元気にいきましょう。それでは第41回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

枠を破り、何かを成し遂げるためには自信を持つことと利他の心といった目に見えないことの大切さを改めて感じることができた。成功のためにそういったことを大切にし、日々仕事に励もうと思う。

2.社内外に伝えたいこと
自分の枠を超えること、利他の心を大切にすることを実行するのはなかなか容易ではないことだが、それができれば、また新しい未来が広がっていると信じて頑張っていけたらいいなと思います。

3.参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)

学ぶだけで終わるのではなく、実践したいという声が多くあった。明るく仲間を励ましていた。先輩からの貴重な意見を多くいただき、今回もためになった木鶏会でした。

参加レポート
本社管理部 狭間

第41回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『利他の心が人生をひらく』

 新しいことを始めるとき、時流に乗って動けば楽なのだが、逆に周囲の反対や抵抗に逆らって誰もやろうとしないことを始めるのは大変なことです。今回取り上げた記事には、稲盛さんと一緒にJALを再建した大田さんと大学間の利害関係を乗り越えてコンソーシアムを立ち上げた森嶋さんが登場しますが、お二人とも困難な状況にも拘わらず周りの人を説得し巻き込んでいくことができたのは、利他の精神と大義に基づく信念と情熱を持っていたからでした。きんそくは独立独歩でここまで大きくなりましたが、最近ではICT推進協会の設立やCPDS講習の開催のように、一測量業者という枠を超えて業界全体の発展を目指した活動に取り組むようになりました。そこではきんそくとしての大義や情熱が求められるわけですが、それはつまるところ、奥野社長を始め、きんそくで働く私たちの気持ちの持ちよう次第だと言うことです。では自分ではどうしたらいいのか?私はこれまでにいくつものソフトウェアの開発に携わってきましたが、中には自分の意に沿わないソフトウェアを商品化したこともありました。そういうときはやはり楽しくないのです。私自身は渦の中心になるのは決して得意ではないと思い込んでいますが、これからは利他の心を忘れずに大義と理想を語れるような人を目指そうと思います。JALの社員がそうだったようにきんそくの皆さんも皆純粋な人ばかりだと思います。一緒にきんそくで働く仲間のやる気や情熱を見逃すことなく一緒に大きくしていこうと思います。

本社 商品開発事業部
(きんそく入社2年9ヶ月)

第40回 社内木鶏会 開催

2019年4月18日
第40回 社内木鶏会 テーマ「運と徳」

今月の『致知』特集のテーマは「運と徳」です。平成最後の木鶏会となります。明るく元気にいきましょう。


第40回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『運と徳』

 「徳のない人からはどんな幸運も去っていく」という言葉を読んだ時、一番に思い浮かんだのは自分の業務のことです。私は技術部の社員でありながら現場の経験はありません。ですが、たくさんの現場を見て知っています。それは今取り組ませていただいている3次元データがあるからです。写真やレーザから作り出した点群データは現場にいるように現場の状況を見ることができ、社内からお客様とお話することができます。これは少し前だったらできなかったことで、その技術と出会い、お客様とより近いイメージで仕事ができる私は、運にめぐまれたと思います。なら私は運を逃さない為にどうすればいいのかと考えた時に、後輩が出来た時からよく言われる「継承」なのだと思いました。会社が続くかぎり、技術は生き続ける財産だと思います。そしてこの技術は、内業という業務の幅をもっと広げられ、現場を新たな立場でサポート出来るものだと実感しています。この頂いた運を沢山の人に継承できる徳を持ちたいと思います。

本社技術部
(きんそく入社2年1ヶ月)

第40回 社内木鶏会 拠点

第40回 社内木鶏会 テーマ「運と徳」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは東京営業所と和歌山支店です。

1.参加を通して
 (学び、印象等)

物事に対して打算的な考え方をするのではなく、他人にとって良いことと思うことは積極的に行い、そこに損得を見出さないという考え方が徳を高めることにつながり、ひいては人間力を高めることに繋がる。

 
2.仲間の意見を聞いて
自分よりずっと人生経験が豊富な方々でも、自分を高めることを常に意識している。また、自らを省み、他人を蔑まない。こういった姿勢を見習い、自分に落としこんで後輩や部下に伝えていくべきだと感じた。

 
3.社内・社外に伝えたいこと、情報発信したいこと
 (雰囲気、感じたこと等)

自分自身がどういった姿勢、意識の中で人生を歩んでいくかで、今後のその人の運命に強く影響してきます。それは数十年先かもしれません。良い行いには良い出来事、悪い行いには悪い出来事というように、その人にふさわしい運命というのが決まっています。遅いということは無いので、今からでも意識してみてください。

 
4.その他 感じたこと
 (雰囲気、感じたこと等)

運や徳といった目には見えないものに対してどう考えるか、今回の木鶏会後にどういった意識を持つかなどを聞くことで、視野が広がった。

 
参加レポート
 東京営業所 技術部 野中

 


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

新しいことにチャレンジできるチャンスはそんなに多くなく、それを手にできるのは実力もあるが運もあり、過去の自分がやってきたことも大切だと強く思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
木鶏会をすることにより、過去の経験などを知るきっかけにもなり自分に足りないことを知ることができます。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

普段の仕事に対する姿勢を見習って自分にも生かしたいという声が多かったです。
 
参加レポート
 和歌山支店 技術部 今西

 

第39回 社内木鶏会 開催

2019年3月28日
第39回 社内木鶏会 テーマ「志ある者、事竟に成る」

今月の『致知』特集のテーマは「志ある者、事竟に成る」です。新入社員のみなさんと元気よくいきましょう。28期最初の木鶏会のスタートです。

総リード読みたい方は挙手をお願いします。藤田くん、作間くんお願いします。

各グループ、先輩社員から新入社員へ木鶏会の流れを説明します。縁あって同じグループの仲間と感想文を読んで意見交換です。


意見交換、リーダー推薦感想文発表のあとはいよいよお待ちかねのパフォーマンスのお時間です。どのグループも素晴らしいパフォーマンスでした。第39回きんそく社内木鶏会も大成功に終わりました。みなさん、ありがとうございました。

第39回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『志ある者、事竟に成る』

 「志ある者、事竟に成る」を読んでまず頭に浮かんだのがインドの言葉である。「必要な段階に到ったとき、師は目の前に現れる」という言葉である。これは天命に沿って人が事をなすとき、必要な段階に至るごとに教え導く「師」が現れるという意味である。両方の言葉は別の事を言っているようですが私の中では、同じ解釈であります。人がその業を天命を思い定めて成していくに限り、道は拓けるという事で、要は「思い」の強さに依るのではないかと思います。重いが強ければ強いほど、人は努力をします。例えば欲しい物があれば、貯金をする。武道で強くなりたいと思えば筋トレや練習をする。仕事もそうである。技術者として大成しようと思えば色々な技術を吸収し、知識を蓄え、努力をしなければ高みには上がれない。自分は今、まだ天命と言い切れるほど、今の職務を全うしているとは言い難い。高みにも程遠い。かつてきんそくにも測量を天命と定めた先達がいた。その人に負けないよう今後、技術者として高みを目指すため、強く思い、更なる努力をする必要があると思う。

本社技術部
(きんそく入社6年8ヶ月)

第39回 社内木鶏会 拠点

第39回 社内木鶏会 テーマ「志ある者、事竟に成る」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは北陸営業所ときんそく建築測量です。


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

「志」という畏まった言葉ではなく「目標・思い・夢」等の言葉に置き換えると誰もが心に持っているものだと思います。その「目標・思い・夢」とどれだけ真摯に向き合えるかでこれからの人生が違ってくると思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
人生の大きな局面に出会ったとき、自分が人生や仕事で何を大事にしてきたかで普通の一歩が小さくも大きくもなります。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

皆さんの感想文を聞いていると、皆さんが何を大事に思って仕事をされているかが垣間見えるようです。
 
参加レポート
 北陸営業所 技術部 浅野

 


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

明るく前向きで、夢や志を持ち、さらに恩返しできる人間力を高めて今後生かしていきたい。

 
2.社内外に伝えたいこと
1人1人互いに尊重し合いながら、成長もできる場なのでこれからも生かして業務に取り組んでいきます。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

発表をきいて、なるほどと思う意見もあったので、良い機会になりました。とても良い雰囲気でできました。
 
参加レポート
 きんそく建築測量 技術部 濱本