26期 2月の朝会

2018年2月5日
きんそくでは2月が決算月なので、今月が26期最後の朝会となりました。
本社含め各拠点、先月の反省と今月の目標を発表し社員みんなが同じ目標を目指します。

奥野社長からも心が改まるお話しを教えて頂きました。
「一日示に云く、古人云く、霧の中を行けば覚えざるに衣しめる。よき人に近づけば、覚えざるによき人となるなり。昔、倶胝(ぐてい)和尚に使へし一人の童子のごとは、いつ学びし、いつ修したりとも見えず、覚えざれども、久参に近づいしに悟道す。」道元禅師
霧の中を歩いていると、知らないうちに着ている物が濡れています。これと同じようによき人に近づくと、自分でも気付かないうちによき人になるというのです。よき人かそうでないかを判断するには、自分自身がよき人になるよう努力が必要だというお話しです。

2月テーマ
「有意注意で仕事にあたる」

目的をもって真剣に意識を集中させることを有意注意といいます。私たちはどんなときでも、どんな環境でも、どんな些細なことであっても気を込めて取り組まなければなりません。最初は非常に難しいことのように見えますが、日頃、意識的にこれを続けていると、この有意注意が習慣になってきます。そうなれば、あらゆる状況下で気を込めて現象を見つめるという基本ができていますから、何か問題が起きても、すぐにその核心をつかみ、解決ができるようになります。ものごとをただ漫然とやるのではなく、私たちは、日常どんなささいなことにでも真剣に注意を向ける習慣を身につけなければなりません。

2月は「有意注意で仕事にあたる」このテーマで取り組みます。どんな事でも細部にこだわり、仕事にこだわり取り組んでいきましょう。今月も頑張って行きましょう!

26期 1月の朝会

2017年1月5日

1月テーマ「地味な努力を積み重ねる」

大きな夢や願望を持つことは大切なことです。しかし、大きな目標を掲げても、日々の仕事の中では、一見地味で単純と思われるようなことをしなければならないものです。したがって、ときには「自分の夢と現実の間には大きな隔たりがある」と感じて思い悩むことがあるかもしれません。しかし、どのような分野であっても、すばらしい成果を見出すまでには、改良・改善への取り組み、基礎的な実験やデータの収集、足を使った受注活動などの地味な努力の繰り返しがあるのです。偉大なことは最初からできるのではなく、地味な努力の一歩一歩の積み重ねがあってはじめてできるということを忘れてはなりません。きんそくでは日々改善と工夫を続けていくことが、中小零細企業から中堅企業へと変身を遂げていくただ一つの方法だと考えています。きんそくでは今月このテーマについて今自分が出来ること考え、実行していきます。