30期 1月の朝会

2022年1月5日

30期1月の朝会です。令和4年、最初の朝会となります。奥野社長から2022年(令和4年)年頭のご挨拶を頂きました。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用をしての朝会となりました。


新年明けましておめでとうございます。
皆様方が健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
 
昨年は皆さんの努力の結果、大きな成果を残すことができました。心より感謝申し上げます。
 
2022年、新年にあたり私たちを取り巻く事業環境を11個を挙げてみました。
 ①新型コロナウイルス感染症の影響
 ②自然災害の猛威から防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策費(2021~2025年)15兆円
 ③ICT施工の働き方改革、生産性向上への取り組み
 ④BIM/CIMの公共工事原則化
 ⑤IT・AI・DX技術の利活用活発化、従来の商品・サービス価値の低下
 ⑥「遠隔・自動・無人」生産性向上市場の拡大
 ⑦働き方改革は長時間労働の是正
 ⑧ゼネコン各社の現場人員構成の変化
 ⑨労働時間減少の影響
 ⑩IT・DX技術の加速度的な進歩により新機器、新技術の誕生
 ⑪中小企業の再編促進が加速 建設市場の変化

こうした経営環境の中、きんそくが安全安心で持続可能な成長発展を遂げるための基盤をつくる一年でありたいと思います。きんそく独自の強みを活かし、お客様に満足して頂き、信頼され、そして期待に応える企業となれるよう確かな仕事を、日々積み重ねる。そのベースとなる技術を常に磨き、時代に合った商品・サービスを創り提供していくことに私たちは努めていかなければなりません。

 ①人財育成
 ②未来事業への投資
 ③受注(持続可能な成長へ)
 ④新商品・新サービスの展開
 ⑤事業領域の拡大

以上5項目を事業環境変化の対策とし『強く・スピードある組織』にて、果敢にチャレンジして参ります。皆様と新年の会を迎え、きんそくグループのトップとして、また役員一同心新たに社業に全身全霊で取り組む覚悟です。2022年もきんそくグループが一丸となり、一人ひとりが惜しみなく持てる力を思う存分発揮できることを願っています。最後になりましたが、皆様・ご家族様の新しい一年のご健勝とご活躍、そしてご多幸を心から祈念申し上げ、年頭の挨拶と致します。本年も元氣で参りましょう!

 
 

1月テーマ
「自ら燃える」

物には可燃性、不燃性、自燃性のものがあるように、人間のタイプにも火を近づけると燃え上がる可燃性の人、火を近づけても燃えない不燃性の人、自分でカッカと燃え上がる自燃性の人がいます。何かを成し遂げようとする人は、自ら燃える情熱をもたなければなりません。高校野球では、心から野球の好きな若者たちが、甲子園という大きな目標を目指し、一丸となって生き生きと練習に励んでいます。その姿には、未来への可能性とエネルギッシュな躍動が感じられます。彼らは自ら燃える自燃性の集団なのです。自ら燃えるためには、自分のしていることを好きになると同時に、明確な目標をもつことが必要です。
 
「責任」「使命感(志)」を持ってください。「志」を持つと、感激・感動・感謝する心を持つことができます。そうすると人生は素晴らしいものになってきます。「生きるとは燃えることなり」きんそくは燃える集団でありたいと願っています。燃えるような一年で皆さん宜しくお願いします。
 
2022年が夢と希望に溢れる一年でありますように。明るく元氣に頑張っていきましょう。
2022年もきんそくグループを宜しくお願い申し上げます。

30期 12月の朝会

2021年12月2日

30期12月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用をしての朝会となりました。


奥野社長より、近況報告がありました。
先日”測量士補テスト”の合格発表がありました。今年入社の30期生の合格者が、なんと!5名!!きんそく創業以来はじめてのことで大変うれしく思っています。毎日の積み重ねがあったんじゃないかなと感心しました。ありがとうございます。国家資格を取得して頂くと、官公庁の入札も増え会社の選択肢も増えます。官公庁案件で売上も上げていきたいとおもいますので、今後も皆さん果敢にチャレンジをお願い致します。
今年も冬季賞与を支給することができました。皆さんありがとうございます。大変厳しい経営をされている企業の中でも、こうして支給できることは、経営者にとって本当に幸せでたまりません。これからも皆さんに負けないように私も頑張らせて頂きますので、次は決算賞与にむけて皆さんと共に頑張っていきたいと思っています。引き続きご協力よろしくお願いします。
 
 

12月テーマ
「有意注意で仕事にあたる」

目的をもって真剣に意識を集中させることを有意注意といいます。私たちはどんなときでも、どんな環境でも、どんな些細なことであっても気を込めて取り組まなければなりません。最初は非常に難しいことのように見えますが、日頃、意識的にこれを続けていると、この有意注意が習慣になってきます。そうなれば、あらゆる状況下で気を込めて現象を見つめるという基本ができていますから、何か問題が起きても、すぐにその核心をつかみ、解決ができるようになります。ものごとをただ漫然とやるのではなく、私たちは、日常どんなささいなことにでも真剣に注意を向ける習慣を身につけなければなりません。
 
意識をするという訓練が日々必要になります。意識しているとあらゆる情報が目に飛び込んでくるようになります。意識が出来ると、間違いもクレームも無くなり、生産性が少しづつ上がってきます。
 
12月になり事故も多発しています。忙しくて、バタバタな日々ですがその中でも少し落ち着いていただき、事故・ケガの無いよう注意して下さい。急な案件でどうしても急がなければならない場合、アクセルを踏む前にお客様・上司・先輩に連絡できる勇気を持って下さい。年末年始、安全第一にお願いします。
 
2021年も残すところ1か月となりました。皆様にとって今年はどんな年でしたか?12月も元気によろしくお願いします

30期 11月の朝会

2021年11月5日

30期11月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用をしての朝会となりました。


奥野社長より、近況報告がありました。
 「Mira-J」を開設することができました。きんそくの未来に向けた研究開発、商品開発を推進できるような施設になるように、今からとても期待しています。コストをかけた以上は必ず結果を出していきますので従業員の皆さん期待してください。
 奈良県奈良市の「(有)ゆたか測量設計」様と株式譲渡の契約ができ、きんそく子会社になりました。創業されて約20年の会社です。これから、3年後5年後に期待して頂ければと思います。
 先日「31期経営計画書説明会」を開催し、部門長へ来期経営方針の発表をさせて頂きました。その説明を聞いて、部門長が自部門の事業戦略を立ててくれます。31期も立派な経営計画書をつくり、来年の2月26日に「経営計画発表会」を開催させて頂きます。皆様、ご参加宜しくお願い致します。
 
 

11月テーマ
「地味な努力を積み重ねる」

大きな夢や願望を持つことは大切なことです。しかし、大きな目標を掲げても、日々の仕事の中では、一見地味で単純と思われるようなことをしなければならないものです。したがって、ときには「自分の夢と現実の間には大きな隔たりがある」と感じて思い悩むことがあるかもしれません。しかし、どのような分野であっても、すばらしい成果を見出すまでには、改良・改善への取り組み、基礎的な実験やデータの収集、足を使った受注活動などの地味な努力の繰り返しがあるのです。偉大なことは最初からできるのではなく、地味な努力の一歩一歩の積み重ねがあってはじめてできるということを忘れてはなりません。
 
京都にはたくさん素晴らしい会社があります。そんな会社も最初は単品生産でした。それを少しずつ地味な努力を積み重ねて素晴らしい会社へと成長しています。自分がやっている業務も、毎日少しの改良と改善を加えながらやっていったら、成長して見える世界が違ってきます。ぜひとも、日々改善と工夫を重ねながら違うステージに共に行きたいと思います。
 
2021年も残すところ2か月となりました。朝晩の冷え込みも日増しに強まってきます。今から厳しい冬の寒さに耐えられる体にしていきましょう。11月も元気によろしくお願いします

30期 10月の朝会

2021年10月4日

30期10月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用をしての朝会となりました。


奥野社長より、近況報告がありました。
現在きんそくでは一つの重点項目や強力な事業化、力掛けして改善していくことをプロジェクト化し、全体の部署で取り組み成長スピードを速めています。この取り組みが、来期に向けて必ず成果、実りはあると強く思っています。
主な行事として別館も稼働し、今週の金曜日にMira-J(研究開発施設)が完成し引き渡しの予定です。なるべく早い段階で落ち着いた環境にし、なるべく早く事業を展開して、お客様の満足を得ていく。これがきんそくのあるべき姿だと思います。変化が激しくて環境になれるまで大変だと思います。ぜひとも皆さんに対応していただきたいと思っています。宜しくお願いします。
 
 

10月テーマ
「真面目に一生懸命仕事に打ち込む」

一生懸命に働くということは、勤勉であるということであり、仕事に対する態度が常に誠実であるということです。私たちが本当に心から味わえる喜びというのは、仕事に中にこそあるものです。仕事をおろそかにして、遊びや趣味の世界で喜びを見出そうとしても、一時的には楽しいかもしれませんが、決して真の喜びを得ることはできません。人の一生の中で最も大きなウエイトを占める仕事において充実感が得られなければ、結局は物足りなさを感じることになるはずです。真面目に一生懸命仕事に打ち込み、何かを成し遂げたときにこそ、他には代えがたい喜びが得られるのです。
 
人生の豊かさは仕事(本業)に打ち込む中で生まれる。時間、形だけではなく精神的にも全身全霊を傾けることこそ、人生が素晴らしいものになると考えられます。
 
いつもはこれで終了ですが・・・今月の朝会は嬉しい報告がありました!きんそく建築測量の辰野GLJがご結婚されました。おめでとうございます!!

秋が深まっていくこの時期、朝晩の冷え込みも日増しに強まってきます。風邪などひかないように、今から厳しい冬の寒さに耐えられる体にしていきましょう。皆さん10月も元気によろしくお願いします

30期 9月の朝会

2021年9月6日

30期9月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用をしての朝会となりました。


奥野社長より、近況報告がありました。
 コロナ感染が拡大している中、医療崩壊が起こりコロナではない病気や事故、ケガでも医療が受けられない心配をしています。今一度、自分の身は自分で守る行動をお願いしたいと思います。
 先日、本社の別館を開設いたしました。その時にもお伝えしましたが、きんそくに来て頂いて10年、現在営業部部長である忠津部長が特別職として執行役員に就任されました。新たな役割使命として、忠津執行役員には更なる営業基盤の強化にご尽力を頂きたい。どれだけ良い商品があっても使ってくれるお客様がいなければ意味がないのです。
 下期の改善計画を9月の会議で話し合い、決まり次第皆さんへお伝えさせて頂きます。
 
 

9月テーマ
「両極端をあわせもつ」

大胆さと繊細さは相矛盾するものですが、この両極端をあわせもつことによって初めて完全な仕事ができます。この両極端をあわせもつということは、「中庸」をいうのではありません。ちょうど綾を織りなしている糸のような状態を言います。縦糸が大胆さなら横糸は繊細さというように、相反するものが交互にでてきます。大胆さによって仕事をダイナミックに進めることができると同時に、心細さによって失敗を防ぐことができるのです。大胆さと心細さを最初からあわせもつのは難しいことですが、仕事を通じていろいろな場面で常に心がけることによって、この両極端を兼ね備えることができるようになるのです。
 
仕事を通じて色んな場面で常に心掛ける、場面に応じて使い分けるということです。両極端を正常に機能させる、矛盾を矛盾と思わせないそんなリーダーシップが必要になると思います。
 
急な温度変化、秋の朝晩は気温が低く涼しさや冷えを感じる一方で、昼になれば気温も上がりまだまだ暑い日も続きます。新型コロナウイルス、熱中症に気を付けていただき、9月を乗り越えたいと思います。皆さん今月もよろしくお願いします