29期 2月の朝会

2021年2月5日

29期2月の朝会です。きんそく29期最終月の朝会となります。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 コロナの感染対策にご協力いただきありがとうございます。緊急事態宣言も3月7日まで延長となりました。その中で一番危惧しているのが”医療崩壊”になっていることをニュース等で見て心配しています。もしも従業員やその家族の誰かがコロナに感染した時にきちんと治療を受けれるのか。そうならないためにも、仲間を守る、家族を守る行動を引き続き宜しくお願い致します。
 『第30期 経営計画書』が完成しました。内容が去年より充実したものになっていますので楽しみにしていて下さい。この『経営計画書』を使って30期も研修で想いを伝えていきたいと思います。宜しくお願い致します。
 
 

2月テーマ
「人間として何が正しいかで判断する」

 きんそくでは創業の当時から、すべてのことを原理原則「人間として何が正しいのか」にしたがって判断してきました。会社の経営というものは、筋の通った、道理にあう、世間一般の道徳に反しないものでなければ決してうまくいかず、長続きしないはずです。われわれは、いわゆる経営の常識というものに頼ることはしません。「たいていの会社ではこうだから」という常識に頼って安易な判断をしてはなりません。組織にしても、財務にしても、利益の配分にしても、本来どうあるべきなのか、ものの本質に基づいて判断していれば、外国においても、また、いまだかつて遭遇したことのない新しい経済状況にあっても、判断を誤ることはありません。
 
部下や仲間を甘やかすだけではなく、時には厳しく相手に伝えることも必要です。みなさんは企業人ですので、社会・会社の役に立てるよう「能力」を磨いていかなければなりません。会社のために専門スキルを伸ばす、測量屋なら測量専門スキルを経理なら経理の専門スキル、経営者なら経営スキル、その「能力」を日々勉強して上げていく。利己と利他の分岐点がどの位置にあるかというところで人生が決まります。
 
朝晩の気温差で体調を崩さないように気を付けて下さい。29期最後まで走り抜けましょう!2月も皆さん元気によろしくお願いします。

29期 1月の朝会

2021年1月5日

29期1月の朝会です。令和3年、最初の朝会となります。奥野社長から2021年(令和3年)年頭のご挨拶を頂きました。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。
 
新年明けましておめでとうございます。
皆様方が健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
従業員・家族のコロナ感染も出ておりません。

昨年は皆さんの努力の結果、大きな成果を残すことができました。心より感謝申し上げます。

2021年、新年にあたり私たちを取り巻く事業環境を7つ挙げてみました。
 ①新型コロナウイルス感染症の影響
 ②国土強靱化5カ年加速化対策費(21~25年)15兆円
 ③働き方改革、生産性向上の取り組みICT施工の拡大
 ④技術革新、IT・AI・DX技術の利活用が活発化
 ⑤長時間労働の是正
 ⑥IT・DX技術の加速度的な進歩による新機器、新技術
 ⑦中小企業再編の加速

こうした経営環境の中、きんそくが安全安心で持続可能な成長発展を遂げるための基盤をつくる一年でありたいと思います。きんそく独自の強みを活かし、お客様に満足して頂き、信頼され、そして期待に応える企業となれるよう確かな仕事を、日々積み重ねる。そのベースとなる技術を常に磨き、時代に合った商品・サービスを創り提供していくことに私たちは努めていかなければなりません。そのために、5つの重点政策に取り組んでいきます。

 ①人財育成
 ②未来事業
 ③受注(持続可能な成長へ)
 ④新商品・新サービスの展開
 ⑤事業領域の拡大

以上5項目を事業環境変化の対策とし『強く・スピードある組織』にて、果敢にチャレンジして参ります。皆様と新年の会を迎え、きんそくグループのトップとして、また役員一同心新たに社業に全身全霊で取り組む覚悟です。2021年もきんそくグループが一丸となり、一人ひとりが惜しみなく持てる力を思う存分発揮できることを願っています。最後になりましたが、皆様・ご家族様の新しい一年のご健勝とご活躍、そしてご多幸を心から祈念申し上げ、年頭の挨拶と致します。本年も元氣で参りましょう!

 
 

1月テーマ
「心に描いたとおりになる」

 ものごとの結果は、心に何を描くかによって決まります。「どうしても成功したい」と心に思い描けば成功しますし、「できないかもしれない、失敗するかもしれない」という思いが心を占めると失敗してしまうのです。心が呼ばないものが自分に近づいてくることはないのであり、現在の自分の周囲に起こっている全ての現象は、自分の心の反映でしかありません。ですから、私たちは、怒り、恨み、嫉妬心、猜疑心など否定的で暗いものを心に描くのではなく、常に夢を持ち、明るく、きれいなものを心に描かなければなりません。そうすることにより、実際の人生もすばらしいものになるのです。
 
2021年が夢と希望に溢れる一年でありますように。
明るく元氣に頑張っていきましょう。よろしくお願い致します。

29期 12月の朝会

2020年12月3日

29期12月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 コロナの感染対策にご協力いただきありがとうございます。今後も危険と感じられる場所には近づかないよう、徹底的に排除をお願い致します。最近の報告として「杭打キングPLUS」の自社開発システムのプロモーションビデオの作成に取り掛かっています。会社からお願いしてご協力して頂ける方宜しくお願い致します。以前からお伝えしています研究棟が来年の10月に竣工予定です。その研究棟の名前を決めました。「未来事業創造館(通称:MIRA J ミラジェイ)」”きんそくの未来の事業を創っていく”という想いで名付けました。今の事業の測量・調査・設計・家屋調査・建築測量と多数ありますが、必ず事業は変わっていきます。事業を世の中のお客様の要求に合わせていかないと会社は生き残れません。この場所は”きんそくの未来の事業を創っていく”過去は見ず、未来に向けそこに特化していく、そんな場所を創っていきます。
 

12月テーマ
「一日一日をど真剣に生きる」

 人生はドラマであり、一人一人がその主人公です。大切なことは、そこでどういうドラマの脚本を描くかです。運命のままにもてあそばれていく人生もあるかもしれませんが、自分の心、精神というものをつくっていくことによって、また変えていくことによって、思いどおりに書いた脚本で思いどおりの主人公を演じることもできるのです。人生というのは、自分の描き方ひとつです。ボケッして生きた人と、ど真剣に生きた人とでは、脚本の内容はまるで違ってきます。自分というものを大事にし、一日一日、一瞬一瞬をど真剣に生きていくことによって、人生はガラッと変わっていくのです。
 
ど真剣に生きようとするならば”志”が必要です。自分の心が動くそんなものを”志”に持って、日々ど真剣に生きていけるように一生懸命頑張っていきましょう。 人間として存在するのに一番根本的なものは何か。それは<元気>というものです。人物や人格、心を髙めるといっても”元気”が無ければ良いも悪いもない。元気でいることが一番大切です。
インフルエンザ・コロナ感染、体調管理に気を付けて下さい。交通事故が一番多い月です、余裕を持った行動で12月も皆さん元気によろしくお願いします。

29期 11月の朝会

2020年11月5日

29期11月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 副業人財の採用・活用に力を入れています。現在「WEBマーケティング」「新規事業化」「人事強化」「社内システム強化構築」といった業務で採用しました。現在のきんそくの知識だけではこの先、生きていけません。広くから知識を集め短期間できんそくへ”仕組み”や”ノウハウ”を落とす。それを私たちがしっかりと受け取り運用し、きんそくのレベルを上げ続けていかなければなりません。
 10月21~23日「経営計画書 25時間合宿」に参加させて頂きました。経営計画書を進化させていかなければならない、きんそくに足らないものは何かを学んできました。来期の経営計画書には「社員の未来像」を入れたいと思います。皆さんが経営計画書を見て「面白いな」と言っていただけるように常に進化していきます。期待していて下さい。
 

11月テーマ
「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

人生や仕事の結果は、考え方と熱意と能力の三つの要素の掛け算で決まります。このうち能力と熱意は、それぞれ零点から百点まであり、これが積で掛かるので、能力を鼻にかけ努力を怠った人よりは、自分には普通の能力しかないと思って誰よりも努力した人の方が、はるかにすばらしい結果を残すことができます。これに考え方が掛かります。考え方とは生きる姿勢でありマイナス百点からプラス百点まであります。考え方次第で人生や仕事の結果は百八十度変わってくるのです。そこで能力や熱意とともに、人間としての正しい考え方をもつことが何よりも大切になるのです。
 
「人生や仕事の結果は、考え方と熱意と能力の三つの要素の掛け算で決まる」これがきんそくの原点です。人生は能力だけで決まりません、考え方と熱意で変わります。この方程式で人生は決まります。しかし、ちょっとのマイナスの考え方でも結果は大きく変わってしまいます。どんなに成績が良くても、29期のテーマにもあるように「驕ってはいけない」さらに努力を続けるような気持ちでいないと今より成長はできません。
目指すところが違えば登る山は違う。きんそくは目標を「日本一」に据えています、それを忘れないで下さい。その目標に合った自分の考え方で社格をあげていきましょう。
朝晩の気温差で体調を崩さないように気を付けて下さい。忙しい時期になってきました。余裕を持った行動で11月も皆さん元気によろしくお願いします。

29期 10月の朝会

2020年10月5日

29期10月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、3密にならないようzoomの活用、規模を縮小しての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
 コロナ禍の中、日々一生懸命業務に取り組んで頂きありがとうございます。従業員もそのご家族様もコロナ感染の報告は聞いておりません。きんそくの皆さんには仲間を守る、家族を守るため自粛の行動を取っていただき本当に感謝しています。ありがとうございます。もう少し続くと思いますが、一緒に頑張りましょう。
 近況報告として、先日各種お祝金を皆さんにお渡しすることができました。お祝いし共に喜ぶことが出来、嬉しい限りです。
 現在、働き方改革や生産性革命という技術の進歩、ITやiotによっての技術開発の強化で世の中やお客様がどんどん進化しています。その中で、きんそくではお客様と共同研究・開発させて頂いています。今後も色々なプロジェクトに参画させて頂き、”新しいもの”や”お客様に喜んで頂けるもの”をきんそくと共に創っていただけるよう取り組んでいます。
 

10月テーマ
「高い目標をもつ」

創業時、きんそくは間借りの社屋でスタートした頃から、「きんそくは業界日本一になる」と言ってきました。ちっぽけな会社でありながら日本一になりたいということは、高く大きい目標をもつということと同じです。高い目標を設定する人には大きな成功が得られ、低い目標しかもたない人にはそれなりの結果しか得られません。自ら大きな目標を設定すれば、そこに向かってエネルギーを集中させることができ、それが成功のカギとなるのです。明るく大きな夢や目標を描いてこそ、想像もつかないような偉大なことが成し遂げられるのです。
 
きんそくは皆さんのおかげで成長を続けられています。ここまできんそくが成長できたのは「高い目標」があったからです。「高い目標」をもつと自分へのエネルギーとなり力が湧きます。高い目標を達成するためには、毎日の積み重ねがとても大切です。今日の仕事を昨日の仕事より進化させる。日々、事業環境が変わる中で会社を成長発展させるには一人一人の進化させるという”想いの強さ”です。高い目標を持ち、毎日0.1%でも進化できるよう取り組んでいきましょう。

朝晩の気温差で体調を崩さないように気を付けて下さい。忙しい時期になってきました。余裕を持った行動で10月も皆さん元気によろしくお願いします。