27期 5月の朝会

2018.05.07

27期5月の朝会です。ゴールデンウィーク明けの朝会となります。

まず奥野社長から「きんそく感謝祭」「きんそく絆の会」沢山の方にご参加頂きありがとうございました。そして準備をして頂いた方、管理部の皆さんありがとうございました!大成功でした!と労いの言葉がありました。

27期きんそくスローガンは「きんそくフィロソフィの実践」です。自分の行いが言行一致しているか、会社の方針を理解しているのか再度確認しましょう。目標が定まっている人はエネルギーが強くなります。活力に溢れ、言葉にも魂が宿ります。目標を持っている人が多いほど会社のエネルギーも大きく強くなります。「30期30億」をきんそくグループ全員の目標とし強いエネルギーをもって必ず目標達成しましょう!

5月テーマ
「ものごとの本質を究める」

私たちは一つのことを究めることによって初めて真理やものごとの本質を体得することができます。究めるということは一つのことに精魂込めて打ち込み、その核心となる何かをつかむことです。一つのことを究めた体験は、他のあらゆることに通じます。
一見どんなにつまらないと思うようなことであっても、与えられた仕事を天職と思い、それに全身全霊を傾けることです。それに打ち込んで努力を続ければ、必ず真理が見えてきます。
いったんものごとの真理がわかるようになると何に対しても、またどのような境遇に置かれようと、自分の力を自由自在に発揮できるようになるのです。

今月のテーマは「ものごとの本質を究める」です。「ものごとの本質を究める」とは…

仕事を好きになるとそれが本物になり、迷いがなくなり、全身全霊を打ち込むことができるようなります。まず、仕事を好きになる努力、好きになるよう自分の心を持っていくことが大切です。迷いがある人は今の仕事を”天から与えられた仕事”だと思って10年打ち込んでみましょう、未来に向けて今からスタートです。
「ものごとの本質を究める」大切なことは、「パーフェクトを目指す」「真面目に一生懸命仕事に打ち込む」そして、みなさんが一番苦手とする「地味な努力を積み重ねる」ことです。これらを続けることで必ず人は成長できます。与えられた仕事に一生懸命打ち込み、5月も頑張りましょう!

27期 4月の朝会

2018年4月5日

27期4月の朝会です。新入社員にとって、はじめての朝会になります。
奥野社長から新入社員へメッセージを頂きました。27期のきんそくのスローガンは「きんそくフィロソフィの実践」です。1つ1つ小さなことから実践を積み重ねることが大切です。

4月テーマ
「パーフェクトを目指す」

よく90%うまくいくと「これでいいだろう」と妥協してしまう人がいます。しかし、そのような人には、完璧な商品・サービス、いわゆる「手の切れる商品づくり」はとうていできません。「間違ったら消しゴムで消せばよい」というような安易な考えが根底にあるかぎり、本当の意味で自分も周囲も満足できる成果を得ることはできません。営業にしろ技術や事務にしろ、最後の1%の努力を怠ったがために、受注を失ったりクレームを出したりと、満足のいかない結果となることがあります。自分自身の努力をさらに実りあるものとするためにも、仕事では常にパーフェクトを求めなければなりません。

今月のテーマは「パーフェクトを目指す」です。なぜ、きんそくはパーフェクトを目指すのか…

大きく分けて3つあります。まず、お客様の満足の為です。きんそくではお客様の満足を得ることを使命としています。2つ目は社会的責任、役割を果たす為です。そして3つ目、新しい事への創造です。時代のニーズ、お客様の要求に対応できるようにすることが必要です。

 

しかし、今の仕事でパーフェクトを目指さなければ次のステージには行けません。
まず、準備をしっかりと行いパーフェクトの精神を持って4月も頑張りましょう!

27期スタート!3月の朝会

2018年3月5日

27期が始まって第1回目の朝会です!!
27期会社の目指すものを確認し自分の出来ることを一人一人が考えます。
~きんそくフィロソフィの実践で、黒字経営を目指す~
30期30億円を達成します!この大きな目標に向け、本社含め各拠点、前月の反省と今月の目標を発表し社員みんなが同じ目標を目指します。

奥野社長から27期のきんそくグループの経営方針を説明、解説して頂きました。
きんそく経営理念の実現に向け、既存事業の価値を高め、26年間で培ってきたお客様との信頼関係を大切にし、顧客満足をさらに深める。その為に、経営力、商品力、営業力を高め、全従業員で戦略的に取り組むこと。
きんそくの強みである『フィロソフィ&アメーバ&絆』を3本柱とし、今期のスローガンである“きんそくフィロソフィの実践”を同じ目標に掲げ進んで行きましょう。

3月テーマ
「自ら燃える」

物には可燃性、不燃性、自燃性のものがあるように、人間のタイプにも火を近づけると燃え上がる可燃性の人、火を近づけても燃えない不燃性の人、自分でカッカと燃え上がる自燃性の人がいます。
何かを成し遂げようとする人は、自ら燃える情熱をもたなければなりません。高校野球では、心から野球の好きな若者たちが、甲子園という大きな目標を目指し、一丸となって生き生きと練習に励んでいます。その姿には、未来への可能性とエネルギッシュな躍動が感じられます。彼らは自ら燃える自燃性の集団なのです。自ら燃えるためには、自分のしていることを好きになると同時に、明確な目標をもつことが必要です。

3月は「自ら燃える」このテーマで取り組みます。
当たり前ですが、元気が一番だということは皆が知っています。元気が一番だと皆分かっていますが、分かっていてもできません。しかし、それをやる為に燃える人にならなければなりません。相手を燃やしてやろうと思う気持ちで周りの人にいい影響を与えていきましょう。平澤興師の”生きるとは燃えることなり”

27期もきんそくグループメンバー全員が一丸となって頑張って行きましょう!!

2月の朝会・テーマ

2018年2月5日
きんそくでは2月が決算月なので、今月が26期最後の朝会となりました。
本社含め各拠点、先月の反省と今月の目標を発表し社員みんなが同じ目標を目指します。

奥野社長からも心が改まるお話しを教えて頂きました。
「一日示に云く、古人云く、霧の中を行けば覚えざるに衣しめる。よき人に近づけば、覚えざるによき人となるなり。昔、倶胝(ぐてい)和尚に使へし一人の童子のごとは、いつ学びし、いつ修したりとも見えず、覚えざれども、久参に近づいしに悟道す。」道元禅師
霧の中を歩いていると、知らないうちに着ている物が濡れています。これと同じようによき人に近づくと、自分でも気付かないうちによき人になるというのです。よき人かそうでないかを判断するには、自分自身がよき人になるよう努力が必要だというお話しです。

2月テーマ
「有意注意で仕事にあたる」

目的をもって真剣に意識を集中させることを有意注意といいます。私たちはどんなときでも、どんな環境でも、どんな些細なことであっても気を込めて取り組まなければなりません。最初は非常に難しいことのように見えますが、日頃、意識的にこれを続けていると、この有意注意が習慣になってきます。そうなれば、あらゆる状況下で気を込めて現象を見つめるという基本ができていますから、何か問題が起きても、すぐにその核心をつかみ、解決ができるようになります。ものごとをただ漫然とやるのではなく、私たちは、日常どんなささいなことにでも真剣に注意を向ける習慣を身につけなければなりません。

2月は「有意注意で仕事にあたる」このテーマで取り組みます。どんな事でも細部にこだわり、仕事にこだわり取り組んでいきましょう。今月も頑張って行きましょう!

きんそく 1月テーマ

1月テーマ「地味な努力を積み重ねる」

大きな夢や願望を持つことは大切なことです。しかし、大きな目標を掲げても、日々の仕事の中では、一見地味で単純と思われるようなことをしなければならないものです。したがって、ときには「自分の夢と現実の間には大きな隔たりがある」と感じて思い悩むことがあるかもしれません。しかし、どのような分野であっても、すばらしい成果を見出すまでには、改良・改善への取り組み、基礎的な実験やデータの収集、足を使った受注活動などの地味な努力の繰り返しがあるのです。偉大なことは最初からできるのではなく、地味な努力の一歩一歩の積み重ねがあってはじめてできるということを忘れてはなりません。きんそくでは日々改善と工夫を続けていくことが、中小零細企業から中堅企業へと変身を遂げていくただ一つの方法だと考えています。きんそくでは今月このテーマについて今自分が出来ること考え、実行していきます。