27期 7月の朝会

2018.07.05

27期7月の朝会です。

はじめに奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。月1回の朝会は社長の言葉で会社の動きを知り、従業員みんなが情報を共有することができる貴重な場所です。

27期に入ってフィロソフィ研修等で学ぶ機会が沢山あります。その時間を有効活用して頂き、研修で学んだ事を会社の仲間や家族、友人に伝えて欲しいです。「学ぶ」ことは新入社員、「実践」することは並の人、「伝える」ことはリーダーの役割です。どんな場所でも良い、皆さんがリーダーとなって伝えて下さい。学んだ事をポジティブな言葉で周りの人や次の世代へ”恩送り”して下さい。全員できんそくを明るく!日本を明るくして行きましょう!

7月テーマ
「能力を未来進行形でとらえる」

新たな目標を立てるときは、あえて自分の能力以上のものを設定しなければなりません。今はとてもできそうもないと思われる高い目標を、未来の一点で達成するということを決めてしまうのです。そして、その一点にターゲットを合わせ、現在の自分の能力を、その目標に対応できるようになるまで高める方法を考えるのです。現在の能力をもって、できる、できないと言うことは誰でもすることです。しかし、それでは新しいことや、より高い目標を達成することなどできるはずはありません。今できないものをなんとしても成し遂げようとすることからしか高い目標を達成することはできないのです。

まず出来ると”決める”そしてその方法を考える。絶対出来ると”決めて”それを”信じる”ことがとても大切です。物事は未来進行形でとらえないと地味な努力はできません。未来を信じて、日々出来ることをプラスする。それが1年で365個できるようになり、それが1年の評価となり、きんそくの評価となります。『きんそくは成長発展する!30期30億達成する!』と”信じる”。そして日々意識して自分の出来ることをプラスし地味な努力を続け、高い目標を達成しましょう。
7月も明るく元気に頑張っていきましょう!

27期 6月の朝会

2018.06.05

27期6月の朝会です。

はじめに奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。月1回の朝会は社長の言葉で会社の動きを知り、従業員みんなが情報を共有することができる貴重な場所です。

きんそくが新しくお客様の協力会に参加させて頂くことができました、これもきんそくで働くみなさんが、日々頑張って地味な努力を続けていただいた結果です。お客様の満足を得ることがきんそくの使命です。その為にはもっと技術力、営業力を高めなければなりません。その中で今、働き方改革や生産性向上にICT業務は必要不可欠です。ICT業務を強化、拡大することでお客様満足そして社会貢献へ繋がると信じています。今の現状に満足せず、きんそくではお客様の要求かつ時代のニーズに合う商品・サービスを日々創造しています。

27期経営方針として差別化戦略方針があります。『全員参加経営』もその1つです。小さな会社は成長が早いです。それは目標が隅々まで確実に伝わり一人一人明確にされているからです。そうした中できんそくは一人一人が会社の方針を明確にする、迷った時にいつでも確認できる体制を整えています。一人一人が『全員参加経営』を明文化にすることで、相手に要求せずに自ら仲間の為に尽くす行動がとれます。これがきんそくの差別化戦略の1つです。

6月テーマ
「人間の無限の可能性を追求する」

仕事において新しいことを成し遂げられる人は、自分の可能性を信じることのできる人です。現在の能力をもって「できる、できない」を判断してしまっては、新しいことや困難なことなどできるはずはありません。人間の能力は、努力し続けることによって無限に拡がるのです。何かをしようとするとき、まず「人間の能力は無限にある」ということを信じ、「何としても成し遂げたい」という強い願望で努力を続けることです。ゼロからスタートした”きんそく”が近畿で業界トップになったのは、まさにこのことの証明です。常に自分自身のもつ無限の可能性を信じ、勇気をもって挑戦するという姿勢が大切です。

日々の仕事、与えられた役割の中でできない条件は数え切れないほどあります。しかし、そこで簡単にあきらめずに「なんとかなるだろう」「やる」という意志を持って取り組む。そのチャレンジ精神で能力は向上します。地味な努力を続けられる人と続けられない人とでは、何十年後に大きな違いが出てきます。地味な努力を続け、全員で次のきんそくステージへ!6月も頑張っていきましょう!
 

27期 5月の朝会

2018.05.07

27期5月の朝会です。ゴールデンウィーク明けの朝会となります。

まず奥野社長から「きんそく感謝祭」「きんそく絆の会」沢山の方にご参加頂きありがとうございました。そして準備をして頂いた方、管理部の皆さんありがとうございました!大成功でした!と労いの言葉がありました。

27期きんそくスローガンは「きんそくフィロソフィの実践」です。自分の行いが言行一致しているか、会社の方針を理解しているのか再度確認しましょう。目標が定まっている人はエネルギーが強くなります。活力に溢れ、言葉にも魂が宿ります。目標を持っている人が多いほど会社のエネルギーも大きく強くなります。「30期30億」をきんそくグループ全員の目標とし強いエネルギーをもって必ず目標達成しましょう!

5月テーマ
「ものごとの本質を究める」

私たちは一つのことを究めることによって初めて真理やものごとの本質を体得することができます。究めるということは一つのことに精魂込めて打ち込み、その核心となる何かをつかむことです。一つのことを究めた体験は、他のあらゆることに通じます。
一見どんなにつまらないと思うようなことであっても、与えられた仕事を天職と思い、それに全身全霊を傾けることです。それに打ち込んで努力を続ければ、必ず真理が見えてきます。
いったんものごとの真理がわかるようになると何に対しても、またどのような境遇に置かれようと、自分の力を自由自在に発揮できるようになるのです。

今月のテーマは「ものごとの本質を究める」です。「ものごとの本質を究める」とは…

仕事を好きになるとそれが本物になり、迷いがなくなり、全身全霊を打ち込むことができるようなります。まず、仕事を好きになる努力、好きになるよう自分の心を持っていくことが大切です。迷いがある人は今の仕事を”天から与えられた仕事”だと思って10年打ち込んでみましょう、未来に向けて今からスタートです。
「ものごとの本質を究める」大切なことは、「パーフェクトを目指す」「真面目に一生懸命仕事に打ち込む」そして、みなさんが一番苦手とする「地味な努力を積み重ねる」ことです。これらを続けることで必ず人は成長できます。与えられた仕事に一生懸命打ち込み、5月も頑張りましょう!

27期 4月の朝会

2018年4月5日

27期4月の朝会です。新入社員にとって、はじめての朝会になります。
奥野社長から新入社員へメッセージを頂きました。27期のきんそくのスローガンは「きんそくフィロソフィの実践」です。1つ1つ小さなことから実践を積み重ねることが大切です。

4月テーマ
「パーフェクトを目指す」

よく90%うまくいくと「これでいいだろう」と妥協してしまう人がいます。しかし、そのような人には、完璧な商品・サービス、いわゆる「手の切れる商品づくり」はとうていできません。「間違ったら消しゴムで消せばよい」というような安易な考えが根底にあるかぎり、本当の意味で自分も周囲も満足できる成果を得ることはできません。営業にしろ技術や事務にしろ、最後の1%の努力を怠ったがために、受注を失ったりクレームを出したりと、満足のいかない結果となることがあります。自分自身の努力をさらに実りあるものとするためにも、仕事では常にパーフェクトを求めなければなりません。

今月のテーマは「パーフェクトを目指す」です。なぜ、きんそくはパーフェクトを目指すのか…

大きく分けて3つあります。まず、お客様の満足の為です。きんそくではお客様の満足を得ることを使命としています。2つ目は社会的責任、役割を果たす為です。そして3つ目、新しい事への創造です。時代のニーズ、お客様の要求に対応できるようにすることが必要です。

 

しかし、今の仕事でパーフェクトを目指さなければ次のステージには行けません。
まず、準備をしっかりと行いパーフェクトの精神を持って4月も頑張りましょう!

27期スタート!3月の朝会

2018年3月5日

27期が始まって第1回目の朝会です!!
27期会社の目指すものを確認し自分の出来ることを一人一人が考えます。
~きんそくフィロソフィの実践で、黒字経営を目指す~
30期30億円を達成します!この大きな目標に向け、本社含め各拠点、前月の反省と今月の目標を発表し社員みんなが同じ目標を目指します。

奥野社長から27期のきんそくグループの経営方針を説明、解説して頂きました。
きんそく経営理念の実現に向け、既存事業の価値を高め、26年間で培ってきたお客様との信頼関係を大切にし、顧客満足をさらに深める。その為に、経営力、商品力、営業力を高め、全従業員で戦略的に取り組むこと。
きんそくの強みである『フィロソフィ&アメーバ&絆』を3本柱とし、今期のスローガンである“きんそくフィロソフィの実践”を同じ目標に掲げ進んで行きましょう。

3月テーマ
「自ら燃える」

物には可燃性、不燃性、自燃性のものがあるように、人間のタイプにも火を近づけると燃え上がる可燃性の人、火を近づけても燃えない不燃性の人、自分でカッカと燃え上がる自燃性の人がいます。
何かを成し遂げようとする人は、自ら燃える情熱をもたなければなりません。高校野球では、心から野球の好きな若者たちが、甲子園という大きな目標を目指し、一丸となって生き生きと練習に励んでいます。その姿には、未来への可能性とエネルギッシュな躍動が感じられます。彼らは自ら燃える自燃性の集団なのです。自ら燃えるためには、自分のしていることを好きになると同時に、明確な目標をもつことが必要です。

3月は「自ら燃える」このテーマで取り組みます。
当たり前ですが、元気が一番だということは皆が知っています。元気が一番だと皆分かっていますが、分かっていてもできません。しかし、それをやる為に燃える人にならなければなりません。相手を燃やしてやろうと思う気持ちで周りの人にいい影響を与えていきましょう。平澤興師の”生きるとは燃えることなり”

27期もきんそくグループメンバー全員が一丸となって頑張って行きましょう!!