31期 外業社員研修

2022年5月28日
31期 外業社員研修

本社3階で31期の外業社員研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ 成功方程式
・31期経営計画書

研修を受けての感想
我が家の長期計画についてほとんど何も書けなかった。日々目の前の業務に追われて、先のことを考えずに漠然として過ごしていたことに気づかされた。経営計画書の一部ではありますが、代表自ら我々に分かりやすく解説して下さり、きんそくがこれからどこを目指していくのか、少し見えて気がした。今期に入ってから本社ICTGでは2週間に一度のペースで、経営計画書の読み合わせを行っています。その時に、今日解説していただいた内容を復習できるので、経営計画書の内容を理解しながら業務にあたることで漠然とした過ごし方をしなくなり充実した人生が送れそうな気がした。
 
本社 技術部 中山
研修を受けての感想
普段、考えない事を今回は学ばせていただきました。人生観、仕事観、今までを振り返り改めて、考えさせられました。どのように生きて、どのように仕事をし、そして日々の反省と成果をしっかり把握し、次に生かす。その繰り返しが全て自分に返ってくるということだと思いました。あと、より良いパートナーとの結びつきでリピーターの重要性がこれから仕事をしていく上で大事になります。私たちが出来る事は、一日の作業を確実に行い、お客様に満足していただく事。常に次のステップへつながれる様に成果を残していきたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 元田
研修を受けての感想
今回の研修で自分の人生観を考えて、今まであまり何も考えないで生きていたと実感しました。なので、今回共有できたことですごくいい学びになったと思いました。人の強みを生かすと聞いて、今自分がやっている作業も私の強みを見てやってくれているなと感じました、私もその強みを大きく出来るように、お客様第一で、仕事に励みたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 栗山

研修を受けての感想
今日の研修を終えて、時間を守り、指示された事は忠実に実行したいと思います。工事内容をしっかりと理解し間違えなく作業を行う事とニーズに合わせた作業を提案し行う事が大切だと思いました。機器点検は測量の命です。必ず行う様お願いします。仲間と信頼し合い、和をもった関係を持続したいと思いました。これからも前向きな姿勢でもう少し頑張りたいと思います。
 
名古屋営業所 技術部 土屋
研修を受けての感想
職長を長くさせてもらっていますが、お客様パートナーになるためを読んで、改めてお客様に対する考え方の重要性を感じました。会社の顔として現場に行き、最高の品質で作業をすることによってお客様との絆を作って行くことで自分の達成感の幸せと会社の利益と発展していくことでお客様の大事さを感じました。より一層東京営業所に貢献していきたいと思います。
 
東京営業所 技術部 鈴木
研修を受けての感想
人間はいい事も悪い事も永遠に続くように思いがちであるが朝の来ない夜はない、夜の来ない朝はない。善悪はジユン館するものであるがさせない方法もある。それは善悪を満喫しないこと、人選で起こる問題は「どうにかなるもの」と「どうにもならないもの」の2つしかない。どうにかなるものは、どうにかする勇気を持ち、どうにもならないものは、受け入れる冷静さを持てばいいい。元気なうちは全力で生きよう。「守・破・離」を繰り返すことで道を究めることを忘れず、素直な心をもって人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身を見つめていきたいと思います。
 
きんそく家屋調査 技術部 山脇