31期 6月の朝会

2022年6月6日
31期6月の朝会です。今月もコロナウイルス感染拡大防止対策として全員マスク着用、zoomの活用をしての朝会となりました。

奥野社長より、近況報告がありました。
31期からの新制度『親孝行補助金』皆さんの感想文を読んでいます。感想文から元気をいただいています。皆さんとても良い関係だなと感動しています。
31期になって皆さんと一緒に、毎週のように社内研修でいい時間を過ごさせてもらっています。日々、皆さんの大変なこととか、そういったことを肌で感じれる時間になっています。本当にありがとうございます。
毎回朝会で少しづつ経営計画書の解説をします。本日は商品・サービスに関する方針 (3)未来事業「新事業・新商品開発」についてです。

6月テーマ
「尊い命・国土のインフラ整備を担う仕事」

きんそくは、「全従業員の物心両面の幸福を追求し、お客様の満足を得ることを使命とし、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します」を経営理念としています。私たち、きんそくは国土のインフラ整備を担っています。豊かな国土づくりには社会のインフラが信頼できるものであってこそ、安全で安心な生活が築けます。安全・安心・便利で「より豊かな生活」を送りたいというのは、人間誰もが思う願いです。明治以後の経済成長で雇用が拡大、所得が増加することにより、自動車や家電製品のような最終消費財の需要も高まり、インフラ整備や生産基盤の充実が図られ、国民が豊かになりました。国力の源泉であるインフラ整備を担うきんそくにとって建設サービスを創造し、お客様のみならずエンドユーザー(使用者)に満足していただき、安心・安全で利用できるインフラを提供することが、私たちの仕事です。

想像してください。自分の大切な人が「いってきます」と旅行に行き、帰ってこない。このようなことは絶対に起きてはなりません。私たちは誠実に真摯に業務取り組まなければなりません。また、きんそくが役割を担っているところは建設現場、険しい山、寒い場所など自然との闘いです。「国土のインフラ整備を支える」ためにきんそくは使命を持ってやっています。そんな仲間に誇りを持ってください。

6月は湿度が高いため汗が蒸発しにくく、身体に熱がこもりやすくなっています。熱中症に気を付けてきただき、6月も皆さん元気によろしくお願いします。