11月のお誕生日会

本社営業部 バースディ

<主役のメッセージ>

本日はバースデーを開催して頂き誠にありがとうございます。これからもたくさんご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願い致します。少しでも皆さんの役に立てるよう日々精進していきたい所存でございます。 廣瀬

28期 11月の朝会

2019年11月5日

28期11月の朝会です。下期に入り2ヶ月が過ぎました。

山田副社長より新商品についての説明がありました。お客様ときんそくと業務提携・技術提携して新しいものを開発して生産性をあげていきたい。現場に出ている方、営業に出ている方みんながそういった視点でも、お客様と接していただけるとありがたいです。
 

11月テーマ
「ベクトルを合わせる」

人間にはそれぞれさまざまな考え方があります。もし社員一人一人がバラバラな考え方に従って行動したらどうなるでしょうか。それぞれの人の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全社としての力とはなりません。このことは、野球やサッカーなどの団体競技を見ればよくわかります。全員が勝利に向かって心を一つにしているチームと、各人が「個人タイトル」という目標にしか向いていないチームとでは、力の差は歴然としています。全員の力が同じ方向に結集したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。1+1が5にも10にもなるのです。
 
ベクトルを合わせるということは、力の大きさと方向を合わせること。きんそくフィロソフィのベースとなっている成功方程式「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」この考え方というのが”方向”、熱意と能力が”力の大きさ”その”方向”と”力の大きさ”のベクトルを合わせていこうということです。ベクトルを合わせるのはハードルも高く時間が必要です。27年前にはじまった”きんそく”も最初は2人からでした。小さいながらでもとことん話し合ってベクトルを合わせ、1+1が3になり3の力が5にも10にもなって今のきんそくがあります。きんそくは言いたいことを言える組織です。その関係が組織を強固にし、会社が成長発展していくと信じています。答えが出るまで時間をかけ話し合って、その答えにベクトルを合わせ会社を成長発展に導いていっていけるようお願いします。


1日の気温差が大きくなってきました。あたたかくして風邪をひかないように体調管理に気を付けてください。11月も元気によろしくお願いします。

フィロソフィ研修(26期生)

2019年11月2日

本社3階で26期生のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育
(講師:大西専務)
33.一対一の対応の原則を貫く
34.全員参加で経営する
35.ベクトルを合わせる
36.現場主義に徹する

・専門スキル講習
(講師:田中取締役)
 

参加を終えて感想
田中部長の言葉「3年目を越えてからどんな成長スピードになるか分かれる」が自分のこれからの人生を考えるとダイレクトに心に突き刺さりました。来年再来年には役職を任されるようになりたいと思っていましたが、本日の「全員参加で経営する」「リーダーとして求められるもの」といったトピックでのディスカッションでは自分はまだまだであるという自己の考え方のいたならさを感じました。同時にリーダーになるという当面の目標へのやる気、向上心はこれまでより更にあがりました。今日一日を通して3年目であり、役職の人と新入社員との間である私たちの”役割”も同期で話し合えたとても充実した研修になりました。
 
本社 技術部 宮﨑
参加を終えて感想
研修を終えて、今後GLJになることを考えGLJになるまでに、どんな能力を伸ばす必要があるか、後輩の教育について勉強させて頂きました。今後GLJになっていくためにも「コミュニケーション能力を伸ばす」「責任感を持って仕事をする」「新聞や人との会話から世間の情報を知っておく」等、伸ばしていく必要があると感じました。後輩の教育については、その人のレベルに合った課題を渡し、分からないことがあればすぐに聞いてもらえる環境を作っておくことが大事だと思いました。また私がフィロソフィに準ずる行動をしていき後輩に背中を見てもらえるような存在になります。
 
きんそく建築測量 営業部 辰野

参加を終えて感想
今回の研修では特に「アメーバ」や「採算意識」等、経営についてふれることが多かったと思います。日々採算をつくることはもちろんですが、「個人」ではなく「チーム全体」の採算を教育の場だけでなく、常に知っておく必要があると感じました。印象に残った事では、現場に徹するという項目で、内業は職場の環境も現場内だという発言は目から鱗でした。そこも意識して改善につとめて行きたいです。
 
本社 技術部 喜多村