第39回 社内木鶏会 拠点

第39回 社内木鶏会 テーマ「志ある者、事竟に成る」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは北陸営業所ときんそく建築測量です。


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

「志」という畏まった言葉ではなく「目標・思い・夢」等の言葉に置き換えると誰もが心に持っているものだと思います。その「目標・思い・夢」とどれだけ真摯に向き合えるかでこれからの人生が違ってくると思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
人生の大きな局面に出会ったとき、自分が人生や仕事で何を大事にしてきたかで普通の一歩が小さくも大きくもなります。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

皆さんの感想文を聞いていると、皆さんが何を大事に思って仕事をされているかが垣間見えるようです。
 
参加レポート
 北陸営業所 技術部 浅野

 


1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

明るく前向きで、夢や志を持ち、さらに恩返しできる人間力を高めて今後生かしていきたい。

 
2.社内外に伝えたいこと
1人1人互いに尊重し合いながら、成長もできる場なのでこれからも生かして業務に取り組んでいきます。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

発表をきいて、なるほどと思う意見もあったので、良い機会になりました。とても良い雰囲気でできました。
 
参加レポート
 きんそく建築測量 技術部 濱本

 

全社営業強化合宿

2019年3月16日・17日
ホテルビナリオ嵯峨嵐山にて 全社営業強化合宿開催

全拠点、顧問の皆さまにも参加して頂き、営業に関わる総勢31名で営業強化合宿が行われました。
まずは全員で唱和からです。開会の挨拶があり営業合宿のスタートです。

奥野社長から28期経営計画書の発表があり、”経営姿勢” “経営理念” “企業理念” “会社方針”社長の言葉で直接伝えられ、全員が聞き入り想いを受け止めました。その後も各拠点から28期の拠点方針の発表がおこなわれました。

午前の部が終わり昼食タイムです。

午後の部は山田副社長の”商品開発報告”発表からスタートです。ストリームCなどの新商品に顧問の皆さんも興味津々です。その後は本社営業の”PDCA(仮設検証)について”や”生産性向上の取り組み”の発表が行われました。普段なかなか直接お話を聞くことのできない顧問、部長の皆さまからも沢山のありがたく心強いお言葉を頂きました。ありがとうございました。
では、熱い熱い会議のあとはみんなで熱い熱い懇親会です。会議とは違いとても和やかな雰囲気です。会話もお酒も進みます。皆さん明日も会議ですのでほどほどにして下さい。


28期がはじまりました。営業部が”きんそく”を先導できるよう、ここにいる全員で力を合わせ「30期30億」を全員で掴み勝ち取りに行きましょう。28期も宜しくお願いします!

28期 3月の朝会

2019年3月5日

3月から28期がはじまりました。28期初回の朝会です。28期の目標を明確にし、今期もきんそく全従業員が一丸となり頑張っていきましょう。

奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。

27期も良い結果で終える事ができました、みなさんありがとうございました。
2月23日に”27期大アメーバ大会”が開催されました。28アメーバ中16アメーバが15%利益を達成、素晴らしい経営者が育っています。こうした日々改善と工夫の積み重ねがこのような大きな結果に繋がります。私たちはこれを愚直に続けていかなければ勝てません。同業他社はたくさんいます、その中で「木鶏会」「アメーバ経営」「経営者意識を高める」といった”人間学を学び、心を高める”ことできんそくが提供する商品にも魂を込めお客様に届けることができます。これをきんそくの強みとし、差別化していかなければなりません。3年、5年、10年愚直に続ければ必ず結果は数字に表れます。その結果が27期の数字となり結果です。
”30期30億”は通過点です。必ず達成し”34期40億”をみなさんと共に目指していきたいと思っています。28期も宜しくお願い致します。

28期スローガン
「謙虚にして驕らず、さらに努力を」~現在は過去の努力、未来は今からの努力~

今までの結果は過去の努力、今後の努力で未来は決まっていきます。今の自分の判断・行動で未来が大きく変わります。気を緩めずに、前期よりも日々努力し、会社を成長・発展へと導いていきましょう。

 

3月テーマ
「お客様第一主義を貫く」

きんそくは工事測量会社として創業しましたが、当初から私たちは建設会社様に対して自主独立の会社でした。自主独立とは、お客様のニーズにあった価値のある商品・サービスを提供していくということです。ですからその分野においてはお客様より進んだ技術をもつ必要があります。進んだ技術とサービスで、品質・納期・価格・新商品提案等のすべてにわたってお客様の満足を得なければなりません。お客様のニーズに対して、徹底的にチャレンジしていくという姿勢が要求されます。お客様に喜んでいただくことは商いの基本であり、そうでなければ利益を上げ続けることはできません。


28期がスタートしました。今期も謙虚にして驕らず、さらに努力をし元気に頑張っていきましょう!