27期生フォローアップ研修②

2018年6月13・14日

前回の続きとなります。
27期生のフォローアップ研修が1泊2日で行われました。

管理部の宮嶋 大希さんの熱いレポートと当日の様子を写真で振り返ります。

研修の様子、雰囲気、感じたこと等
 27期としてともに入社した同期14名と先輩方2名を含めて行った研修でしたが、全員が学ぼうという姿勢をして真剣に社長や役員の方々のお話を聞いていました。その姿に自分も負けないように研修に望み、よい議論を交わすことができたのではないかと感じています。また、自分だけでなく周りの熱量にも影響されて、お互いに切磋琢磨して高めあえることもできたのではないかと思っています。
 また、普段内業と外業ではあまり会わないのでなかなか話すことができないでいました。しかし、今回の研修は一泊二日ということもあり食事のときやコンパ、夜に集まって会社のことや仕事のことを本音で語り合えることのできるよい時間であったと思います。仲間内だけではなく、社長や役員の方々ともプライベートについて面白い話など普段できないような話をすることができてとても楽しかったです。
 今回の研修で学んだことは多くあります。しかし、学んだだけ知識として身につけただけ、これで終わってしまっていては自分自身の成長もそこまでです。今回の研修でできなかったことも自分自身で自ら学び、どんどんと実践に移していくことが大切であると思っています。「考え方が変われば、行動が変わる。」という言葉があるように、まずはポジティブで明るいプラスの考え方が常にもてるような人間を目指していきたいと思います。そして、仲間が違う方向へと進もうとしていたのであれば正してあげられるような心を持ち合わせていきたいです。
 今回は社長はじめ役員の方々にこのような研修の時間をいただきまして本当にありがとうございました。この研修が無駄にならないようにこれからの日々、一生懸命努力していきますのでよろしくお願い致します。
 
本社 管理部 宮嶋

27期生フォローアップ研修①

2018年6月13・14日

27期生のフォローアップ研修が1泊2日で行われました。

研修の内容は
・『経営理念』<奥野社長>
・『きんそくフィロソフィ教育』<奥野社長、山田副社長>
・『新入社員の心得』<田中取締役>
・『感想、抱負発表』(参加者全員)
・『きんそくコンパ』

今回のレポーターは管理部の宮嶋 大希さんです。
とても素晴らしい、読む側も学ぶ事がたくさんのレポートとなっています。
27期生のフォローアップ研修は2回に分けて投稿します。

参加を終えて感想
(学び、気付き、活かせること等)
 まず、私はこの研修を通してきんそくが何を目標として何を目指しているのかを明確にしていかなければならないと気づきました。ただ漠然と30期30億という目標だけを掲げていても、自分自身がその為に何ができるのかを知っていなければ会社のために貢献することはできません。では、何をしなければいけないのでしょうか。私は新入社員でありやれる仕事は決して多くはありません。しかし、今期の経営理念を理解し、フィロソフィを読み込み血肉化することで自分自身や自分のやっている仕事の価値を高めることができると私は思いました。
 今回の研修で私が一番印象に残っていることは、奥野社長からいただいたメッセージです。私たちを含め、きんそく全員のことを思ってくださっている言葉に感動し、その反面とても重みのあるメッセージであると思いました。確かに、失敗をしてしまいくじけてしまうことや、不平・不満を言ってしまうこともあります。しかし、そのようなことも徐々に少なく小さくしていき、仕事とプライベートが同じ価値つまり、仕事とプライベートの二つの円がぴったりと合わさるような人間になっていきたいと思います。
最後に今後に活かしていけることとしては、やはりフィロソフィを血肉化することや資格をとるための勉強のことももちろんのこと、一日一日、一つ一つの仕事に全身全霊をささげて、ど真剣にやっていくことが大切であり、会社に貢献できるような人間になれる近道なのではないかと思いました。
社内外に伝えたいこと
 私が今回の研修を通して、社内外の方々に伝えていきたいなと思ったことが二つあります。一つ目は、フィロソフィを深く読み込んで実践をしていくことです。全員が実践することで向かうべき方向つまり、ベクトルをあわせて仕事をすることができます。仕事をしていても、違う方向を向いて仕事をしていては意味がありません。全員が同じ方向を向いて仕事をすることで、お互いに高めあうことができますし会社の成長にも繋がっていきます。そのような気持ちや考え方を持つことができるようになるには、やはりフィロソフィが必要なのです。また、ただ知識として内容を覚えておくのではなく、実践して血肉化することも重要になってきます。
 二つ目としては、皆さんもフィロソフィ研修を受けていることや、会社で働いていることを両親や友人など誰でもよいので伝えていってもらいたいと思います。そのときに、疲れたことやしんどいということを伝えるのではなく、自分がこの会社で頑張っていくということや社長自ら研修をしていただける会社は他にはないということを伝えてほしいです。そのようにすることで、周りの人間から心配されることも少なくなりまたそのような会社で働けていることを誇りに思うと思います。会社の評判をあげていくことにもつながっていくと思いますので、ぜひ実践してみてください。
 
本社 管理部 宮嶋

フィロソフィ研修(社員A)

2018年6月9日
本社3階にて社員Aフィロソフィ研修を開催

各拠点から総勢15名が集まりました。講師は奥野社長です。
きんそくフィロソフィ、きんそく経営理念、27期経営戦略の研修が行われました。
今回のレポーターは営業部の松野 悠さんです。松野節全開のレポートとなっています。

とても内容の濃い研修であったことが文章から伝わってきました。
松野さん熱い想いをありがとうございました。

GL研修

2018年5月19日

各拠点のGL12名が集まり本社3階で研修が行われました。

研修の内容は
・フィロソフィの血肉化
・”一日一日をど真剣に生きる”
・課長心得12ヶ条

参加を終えて感想
(学び、気付き、活かせること等)
フィロソフィ教育に参加して感じた事は、入社して16年になりますが、今後の会社の成長発展を考えると私たちの役職の人間が強くなっていかないといけないと強く意識することが出来ました。部下への指導の仕方についてはみんな共通の悩みがあるんだなと改めて指導の難しさを感じさせられました。話を相手に聞いてもらうためには、相手との関係性をつくっておくことが大切であるということを学ばせて頂きました。
 
本社 技術4課 CMG  樋口 英一郎

フィロソフィ研修(パート社員)

2018年5月18日
本社3階にてパート社員フィロソフィ研修を開催

各拠点のパート社員19名が本社に集まりました。1日よろしくお願いします!まず緊張感ある空気を和ます為、自己紹介からはじまりました。

講師は奥野社長です。フィロソフィ研修に初めて参加される方もおられるので「経営理念」の考え方から研修がはじまりました。「きんそく経営理念」に共感賛同し仲間のために働くという目的を持つ。パート社員だから…など関係なく仲間を守るために「きんそく経営理念」に共感賛同して欲しい。といったお話があり、自分たちがきんそくの一員であり、どのような気持ちを持って働いていけば良いのか方向性が明確に伝わってきました。

「きんそく経営理念」の次は、きんそくフィロソフィより
①”人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力”
④”人間として何が正しいかで判断する”の中から「利他に生きる」を学びました
昼食時間も仲間の近況報告や拠点の情報を聞くことができる貴重な時間です。素晴らしい人生だと思えるために利他の心を持ち、何事にも一生懸命努力する熱意が自分を成長させ、素晴らしい結果になることを学びました。今の現状に満足せず、さらに高みを目指すことで次に見えてくるステージがあるのだと思います。最後は記念撮影です。1日講師をしてくださった奥野社長はじめ、ディスカッションで監督になって頂いた皆さま、貴重なお時間をありがとうございました。人間はだれしも素晴らしい人生を送る義務が課せられています。フィロソフィ研修を通じて改めて強く想えることが出来ました。