全社営業強化合宿

2019年3月16日・17日
ホテルビナリオ嵯峨嵐山にて 全社営業強化合宿開催

全拠点、顧問の皆さまにも参加して頂き、営業に関わる総勢31名で営業強化合宿が行われました。
まずは全員で唱和からです。開会の挨拶があり営業合宿のスタートです。

奥野社長から28期経営計画書の発表があり、”経営姿勢” “経営理念” “企業理念” “会社方針”社長の言葉で直接伝えられ、全員が聞き入り想いを受け止めました。その後も各拠点から28期の拠点方針の発表がおこなわれました。

午前の部が終わり昼食タイムです。

午後の部は山田副社長の”商品開発報告”発表からスタートです。ストリームCなどの新商品に顧問の皆さんも興味津々です。その後は本社営業の”PDCA(仮設検証)について”や”生産性向上の取り組み”の発表が行われました。普段なかなか直接お話を聞くことのできない顧問、部長の皆さまからも沢山のありがたく心強いお言葉を頂きました。ありがとうございました。
では、熱い熱い会議のあとはみんなで熱い熱い懇親会です。会議とは違いとても和やかな雰囲気です。会話もお酒も進みます。皆さん明日も会議ですのでほどほどにして下さい。


28期がはじまりました。営業部が”きんそく”を先導できるよう、ここにいる全員で力を合わせ「30期30億」を全員で掴み勝ち取りに行きましょう。28期も宜しくお願いします!

27期お疲れ様会&28期決起会

2019年2月23日
27期お疲れ様会&28期決起会

27期大アメーバ大会の後は27期お疲れ様会&28期決起会が引き続き本社3階で開催されました。
大アメーバ大会も無事に終わり、改めて27期の終わりをみんなで一緒に感じることができました。

まずは開催にあたり、奥野社長から28期年間スローガン「謙虚にして驕らずさらに努力を~現在は過去の努力、未来は今からの努力~」「事業方針」の発表がありました。この発表からきんそくの想いと奥野社長の想いを受けとり、28期にむけてみんなが心をひとつにすることが出来ました。


それでは27期お疲れ様でした。28期も頑張っていきましょう。みんなで乾杯!!



↓28期のスローガン「謙虚にして驕らずさらに努力を」を実写版で再現していただきました。奥野社長、モデルの社員のみなさん、”うさぎとかめ”を再現してくれた松浦さん(うさぎ)古野さん(かめ)ありがとうございました。

おかげさまで”きんそく”は無事に27期を終えることができました、皆様のご協力に心より感謝申し上げます。28期もお客様に喜んで頂けるよう、愚直に努力を重ねて参ります。今後ともよろしくお願い致します。

27期大アメーバ大会開催

2019年2月23日
27期大アメーバ大会開催

各拠点から総勢80人が集まり、27期大アメーバ大会が本社3階で開催されました。アメーバリーダーが27期の自部門の成果を発表します。各グループ員もグループの数字を知り、リーダーの発表を聞くことができるとても大切な時間です。

まずは全員で”きんそく経営理念”の唱和からスタートです。

次に奥野社長から開催にあたりお言葉を頂きました。
「マーケットに直結した部門別採算の確立」「全員が愚直に素直に深い所まで経営者意識を高める」「フィロソフィを基準とした全員参加経営」が”30期30億”を目指すためにいかに重要か、目標を達成するために全従業員が理解し愚直に引き続き頑張っていきましょう。27期もみなさん努力して頑張っていただきありがとうございました。

アメーバリーダーには、27期のアメーバ総括(気づき・改善・結果)と28期のアメーバ目標(こうする!)を熱くコミットしていただきます。奥野社長から全アメーバリーダー、各グループにお褒めの言葉や、愛情を込めて応援するお言葉をいただきました。

最後にアメーバリーダーの記念撮影です。27期も全力で頑張って頂きました。ありがとうございました!28期も宜しくお願い致します。次回は大アメーバ大会後の『27期お疲れ様会&28期決起会』を投稿します…お楽しみに!

27期総括 経営合宿

2019年2月8日
27期総括&28期事業方針 経営合宿

ホテルビナリオ嵯峨嵐山で経営合宿が行われました。
内容は27期の総括と28期の事業方針の発表が行われました。


第28期の事業方針・目標を明確に見据えました。その中で本社及び各拠点の強みや弱み、事業環境や地域性など徹底的に分析し28期の目標と達成に向け皆が知恵を出し、ど真剣に話し合う2日間となりました。



“きんそく”はさらに努力し28期も変化に対応、成長し続けます。

和歌山支店 勉強会

2018年12月22日

和歌山支店で事業所プラン作成の勉強会が行われました。

内容は
・和歌山支店 商品別のSWOT分析

参加を終えて感想
(学び、気付き、活かせること等)
各グループの目標・強みを理解し来期の行動を全員で確認周知する。
社内外に伝えたいこと
全員が自分の所属するグループ以外についても考え話し合う機会は、気持ちを一つにする上で大切なものだと思いました。
参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)
参加者全員が各グループについて考える時あまり、現状がわかっていないことに気付いた。同じ支店内なのに他のグループについて理解をしていくことが今後の課題であると感じた。
 
和歌山支店 技術部 門田