専門スキル講習 本社技術部

2019年6月22日

本社技術部の専門スキル講習が開催されました。

講習の内容
光波・レベルの使い方、野帳への記録の仕方
きんそく過去の事例と経験談から学ぶ

参加を終えて感想
今回の講習で改めて知ったことや、今後の作業において役立てることもあり大変勉強になった。講習の中でも「丁張」に関しては全てを身につけることはできませんでしたが、いざという時の予備知識を付けることができたので今後実際に作業を行っていき力を付けていきたいと思います。他にも光波やレベルに関して、すでに理解している内容はありましたが、スタッフの取り扱いや作業中の野帳への記載の仕方、測量の応用など理論を知らずやり方のみが身に付いていたことが幾つかありましたので、それを無くせたことはとてもよかったと思います。こういった形で時間を設けて頂きとても身になりました。本日はありがとうございました。
 
本社 技術部 岡井(27期入社)
参加を終えて感想
今回の講習を一言で言うならば、とても面白くなる、ためになる第一回目だった。これまで現場に設置されていた木材が、丁張という重要なものでそれを自分たちで計算し設置していたことに驚いた。あの水路に立っていた丁張、山の法面で見かけていた丁張は、切り取るためにあった名残なのだと衝撃を受けた。その作業は切り過ぎであっても、また切り足りなくても現場においてとても重要な立ち位置であり計算を間違ったままであれば作業そのものをやり直すことになるという責任がある。4、5年経験してもできるかどうか不安な作業でそれができる松本君はすごい人だと改めて思った。講習はとても面白く楽しく学べたので今回だけではなく、次の機会もあれば参加したいと思いました。
 
本社 技術部 石橋(28期入社)

28期生 研修合宿

2019年6月12日・13日

28期生の研修合宿が1泊2日で行われました。

研修の内容は
・28期経営方針について
・きんそくフィロソフィ教育
・入社してからの振り返り
(自己管理・目標設定・コミット)

参加を終えて感想
周りの同期が実践していることを聞いて良い刺激になった。これからは時間を作って情報を取り入れること、資格獲得のために動かなければ人間としてよい行動をしていても、『学』がなければ説得力のあるものにならないことが分かった。また3ヶ月を振り返り時間をうまく使えていないことが分かった。具体的な数字で目標を決め、うまく時間を使って生産性向上に努めていくことを決めた。
 
本社 技術部 藤田
参加を終えて感想
あっという間に過ぎた3ヶ月の中で入社から自分はどれだけ変われただろうかと考えさせられました。技術面では新しく学んだ事があったりと、少しだけですが良い方向に変わっていると思います。しかし、人間としては少し自信がありません。今回の研修で自分の知識として頭にあるだけでは駄目で、動いて実践していかなければ意味がないと聞き、反省しました。これからはフィロソフィで学んだことを行動に移すことができるように意識していこうと思いました。また、有言実行で目標を達成できるように、厳しく自分を律していこうと思います。
 
本社 商品開発事業部 岡田

参加を終えて感想
今回の研修で、自分のこれから先の目標であったり、目指すところが改めて分かりました。これから先、自分の仕事で必要な知識や学んだことを奥野社長や山田副社長もおっしゃっておられたように、行動や実践で成長出来るようにしていきたいと思います。また目標や決めたことを有言実行し持続させることは難しいことかもしれませんが、早く習慣的になるよう行動していき目標に少しでも早くたどり着けるようにしていきたい。
 
本社 管理部 狩野
参加を終えて感想
入社して3ヶ月が経ち、仕事も研修(練習)ではなく実際の仕事をするようになって毎日新鮮な気持ちでいましたが、今回の研修を受けて自分はまだまだだと感じました。奥野社長が新入社員に対して体力、精神力が必要とおっしゃっていたのを聞き、自分にはどちらも足りていないと感じました。1年後やその先の自分は先輩方のようにきんそくの戦力になれるのか不安もあります。それと同時に改善点が明確に出てきたので、これからはもっとフィロソフィを理解し、実践・行動に移そうと思います。今回決めた目標をもって仕事に取り組もうと思いました。
 
本社 技術部 関根


GL研修

2019年6月8日

本社3階でGL研修が行われました。

研修の内容は
・経営計画
 <社会の現状・今後に対する認識の共有>
・グループワーク
 SWOT分析、アクションプラン策定
 30期30億に向けて自部門の行動

参加を終えて感想
強みや弱みを思いつくまま書いていったが、奥野社長が言われた「深い考えで見てみると、強いと思っていたことが弱かったり、またその逆もあり」と自分の考えがまだまだ浅い事に気付かされました。課題は見つかったが、ではその課題をどうやって解決していくかのプランがなかなか思い浮かばなかった。リーダーとしては、色々な角度から物事を見て、今までの常識にとらわれない発想をする必要がある。そして仮想を立て一番ベストなプランを考え、勇気を持って実践しなければならない。物事を考える、変える時は苦労も多く必要だが達成した時には、それを上回る大きな喜びがあると信じ実践していきたい。
 
きんそく建築測量 樋口
参加を終えて感想
今回クロスSWOT分析とVIMOSAフレームワークを前に出て発表させて頂きましたが、指摘・意見の中でまだ表面上だけを捉えているのみで一つ一つの事を深く、真剣に追及して考える事が出来ていなかったのだと思い知らされました。技術の会社として技術力は勿論、営業である自分が受注をしてきて始めてその技術力が発揮されるもので、営業である自分が受注できなければそれは只の宝の持ち腐れにすぎず、だからこそ自分の責任や方向性というものがとても大事なのだと感じました。今回この様な深く考える時間を頂き、アクションプラン等を真剣に考えていると、あれもやらなくては!これもやらなくては!という事が色々見えてきました。これらをきちんと自分の行動に落とし込み、”30期30億”という目標達成に繋げていきたいと思います。
 
本社 営業部 安部

フィロソフィ研修(外業社員)

2019年6月1日

本社3階で外業社員のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・第28期経営計画書説明<目標・方針の確認>
・フィロソフィ研修
  成功方程式について

参加を終えて感想
奥野社長からきんそく経営に対する熱い想いを聞き、マザーテレサの言葉を紹介して頂きました。またフィロソフィで成功方程式について学び「考え方」が全ての根底になっているのだと改めて気付かされました。前半のグループワークで自分たちの疑問、意見、提案を奥野社長や役員の方々、一緒に研修を受けた人達にも聞いてもらうことができ、他グループの疑問や意見なども知ることができとても勉強になりました。
 
本社 技術部 中山
参加を終えて感想
第28期及び第30期に目指している具体的な目標数値が分かりました。それに向け自分個人として会社の売上をあげていく為に少しでも正確に速く仕事をし、他社との差別化をはかっていかなければならないと思いました。常にプラス思考で仕事にも取り組み、仕事をやらされていると考えるのではなく自分から進んで考え、やっていかなければならない。日々の積み重ねがとても大切で、運命もかえれる。これからも日々前向きに取り組んでいきます。忙しい中、奥野社長はじめ役員の方々、仲間の意見を聞くことができました。貴重な時間を作って頂きありがとうございました。
 
きんそく建築測量 技術部 小根田



フィロソフィ研修(GS.GSJ.一般B)

2019年5月25日

本社3階でGS・GSJ・一般社員Bのフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・第28期経営計画書説明<目標・方針の確認>
・フィロソフィ研修
 <第一章>素晴らしい人生を送るために

参加を終えて感想
今回の研修を終えて、まず私は自らのアメーバ経営に対する意識が高くないことを反省しました。”全員参加経営”を掲げている以上、誰もが採算意識を持ちベクトルを合わせなければ”30期30億 34期40億”は達成できないことを痛感しました。またフィロソフィ研修では「成功方程式」「フィロソフィの血肉化」これらのテーマについて考えるのは3回目なのですが、今でもフィロソフィを読み自分の過去を振り返ると反省点が出てきます。しかし、反省点があるということはまだ自分はもっと人の役に立てる可能性があるのだと思います。これから5年、10年、数十年と自分を変えていき、研鑽を怠ることなく”きんそく人生”を歩みたいと思います。
 
東京営業所 技術部 野中
参加を終えて感想
経営計画を聞き、他拠点、他部門の状況や数字の把握認識を深める必要があると感じました。また、所属部門の現状に甘んじる事無く更に成長していく為に新しい技術の取入れにも目を向け考え、グループ員で話し合おうと思います。フィロソフィ研修ではお題にもあがった「血肉化」をどうやって自分に落とし込むかもう一度考え”きんそくの一員”という責任を持ち、フィロソフィに沿った行動で習慣付けて行きたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 児玉