31期 パート社員研修

2022年4月14日
31期 パート社員研修

本社3階で31期のパート社員研修が行われました。
研修の内容は奥野社長より
・きんそくフィロソフィ 成功方程式
・31期経営計画書解説

参加を終えて感想
「何のために学ぶのか」本を読んだり、人のお話を聞くに際し、聞いた事柄をどんな風に心にとめておけば、自分が苦難に遭う時に最悪と思われる中から最善を見つけることができるか、今から心の状態をフラットにしておきたいと思った。経営計画書からは、パート社員でも会社のベクトルに沿うためにできる具体的な方法を知ることができた。特にお客様の基準は常に更新されているものであって、私たちが今までと同じやり方、同じ接し方では既存顧客の囲い込みは難しいのだと言うこと、そのため私たちができる様々な具体的なことを考える時間を頂けたのは本当に良いことだった。
 
本社 技術部 阿部
参加を終えて感想
2018年、今から4年前の研修でもなぜ働くのか?という議題があった。ほぼ同じことを書いていたが、今回は“新しいことにチャレンジする”“楽しいから”と書き出すことが増えていて、自分自身が少しでも成長していることに気付いた。研修を受けさせて頂くと毎回かならず、この話は子どもにしないといけないなとか、子の将来について考えないといけないと感じたり知ったりすることがたくさんあり、代表のお話をじっくり聞ける研修が楽しみでもあります。本業は母でそれで良いと言って働かせていただける環境に感謝しかありません。
 
本社 技術部 伊藤

参加を終えて感想
人生の中で約80%が仕事(本業)だと教えて頂き、仕事をいかに充実し、楽しいものにするかで、人生が大きく変わるのだと改めて思いました。自分はパートでその割合は少ないので、ほとんどの時間仕事をしている主人が、少しでもゆっくりできるように家を整えよう、と優しい気持ちになれました。また仕事に使命があるのとないのとでは全く違う、という内容がとても印象に残りました。
 
和歌山支店 技術部 榎本
参加を終えて感想
奥野代表が“生きる力”と書きおろされた文章は、何気なく日々過ごしていた私に喝を入れていただいた思いです。こういった思いを心掛け、自分の子供にも伝わり試練を乗り越えられる子になって良い未来を創っていけると感じました。20年の年表を記入し、人生は限られているんだな、短いなと感じました。我が家のライフサイクルをこの機会に知ることができ、計画的に人生を有意義に過ごさねばと感じました。
 
名古屋営業所 技術部 山田

参加を終えて感想
今回、働く理由を改めて考えることができてすごくよかったなと思います。私は、「働く理由は働くことが好きだから、生きがいだから。私にとっての生きがいは達成感を味わえる、誰かが喜ぶ姿を見ることができる、自己成長につながる、仲間と共に協力できる、頼ってもらえ力になれることがうれしい」と書きました。生きがい・喜びを感じる状況をつくり出せるのも、自分の考え方や取り組み次第なのかもしれない、と今日の研修で気づけたのは大きい収穫でした。
 
北陸営業所 管理部 尾田
参加を終えて感想
日本の未来像について社長が話されていた席を譲らない人が多いという話で、妊婦さんや小さい子供を抱っこしていてもイヤホンをしながらスマホの画面を見てたり寝たふりをしていて席を譲らない若い方がいて、席を譲ってくれるのはお年寄りの方が声を掛けて下さるということを聞いた事がありました。そういう人間にならないよう自分自身気を付けて行動し、子供にも伝えていきたいと思いました。
 
東京営業所 営業部 手塚
参加を終えて感想
クレームに関する方針の内容で、クレームはお客様から社長が頂戴するものであるという言葉にとても感銘を受けました。人間だれしもミスはしてしまいます。そのミスがクレームにつながった時、どのように対応し解決したかで成長するのだと学びました。またそのミスが二度とないように社内で対策を考え共有し実践していく事が大切だと思いました。
 
きんそく家屋調査 技術部 鵜飼

31期 GL研修

2022年3月26日
31期 GL研修

本社3階で31期のGL研修が行われました。

研修の内容は
・奥野社長より31期経営計画書解説

参加を終えて感想
今回の研修で印象に残った事として、経営方針を実行するための基本姿勢、「守・破・離」である。31期本社技術部としての重点目標の1つに「シールド技術の継承」を挙げている。仕事の師である伊藤常務の技術を含む、お客様対応、振る舞いを真似る、完コピし、そこから自分なりの改善を工夫をし、それを積み重ねていく。これを繰り返し、その道を究める。言葉でいうのは簡単であるが、とても難しいことであると思う。可能な限り早く、その技術の継承が出来るよう、素直な心をもち謙虚な姿勢で学びたいと思う。さらにそれを部下に伝え、きんそくの発展につなげていきたいと思う。
 
本社 技術部 大宅

参加を終えて感想
対話をするように読む、知識化というところで、きんそくで何をするかに落とし込む経営計画書の読み方、本の活かし方を学びました。何のために何をするかという考えを掘り下げる習慣が、言葉を蓄えてしっかり伝えるための魂、深みを生むのだと思います。班毎の共有で何をするか出していくと、きんそくの強み、ベストパートナーを目指す、お客様に寄り添うという部分、根っこが一致しているのを感じました。31期マーケティングGとして新入社員を迎える中で、根っこの一致のため、自分の言葉で伝えるということを意識して、グループの力を最大限発揮することで、もっとお客様の想いを形にする、喜んで頂けるようにします。感じたこととして、まだまだお互い知らないことを共有、連絡取り合えていない、連携に遠慮のあるGLが居るというところがありました。拠点が違っても円になってきんそく全体でお客様に価値を提供できるようにします。
 
営業本部 マーケティングG 藤田

参加を終えて感想
事業の成功は、使命・経営理念を信念化させて初めて成功する、とありました。私は今、大西専務のもとマルチビームを成功させ、フラッグ商品となれるよう、信念を持って取り組んでいます。ですが、まず大前提として、きんそくの使命である「お客様のベストパートナーになる」というところを忘れずに、何がお客様の利益に適うのかをしっかり考える必要があると思いました。GLの役割である部下に伝えるというところも、その使命を伝えなければ意味がない、作業だけを伝えていても、部下はついてこないと学びました。しっかりとこの経営計画書を理解し、活用し、自分ならどうするかを考えながら部下に伝えたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 平岡

参加を終えて感想
経営計画書を読み、自身の行動を自答していく中であたり前の事が出来ていないことや、すべき行動が見えてきました。日々の仕事で作業で終っていたことを。使命として信念化しないと成功に繋がらないと理解し直しました。仕事が忙しくなると視野が狭まり自分主体で動いてしまうクセがあるので、組織で動く絆経営を再確認できる良い機会を頂きました。まずは、経営計画書と対話をして理解をし、後輩達に経営方針を伝達できるようにしていきたいです。見られる立場でもあるので普段からの言動、行動、考え方に気を付け「働き甲斐のある会社」だと思ってもらえるようにします。
 
東京営業所 営業部 津田

31期 GLJ研修

2022年3月5日
31期 GLJ研修

本社3階で31期のGLJ研修が行われました。

研修の内容は
・31期労務管理講習
・奥野社長より31期経営計画書解説


参加を終えて感想
代表に講師をしていただいた事で、代表の、きんそくの思いが伝わってきました。人生でも、仕事でも選択の幅を拡げるために原理、原則を理解することの大切さ仕事をするうえで、何よりも使命感を持つことの重要性を学べました。やらされるのではなく、やってやる。自分でなければ、今でなければ、それがきんそくのため、家族のため、自分自身のためになる。だからこそ会社とは働きやすい会社ではなく、働き甲斐のある会社であるべきなのだと思えました。また、今いる会社が自分に足る会社なのか足りてなければやめればいいと代表が言ったことは、ものすごい自信と頼もしさを感じました。自分も、部下に対してそうありたいと思いました。何よりも今日会社にきて色んな人に誕生日おめでとう、と言われました。普通の会社では、絶対ないと思います。そういった真心がきんそくの一番の良さで、その気持ちを私も仲間やお客様に出していきたいです。

和歌山支店 技術部 古野

参加を終えて感想
一日を通して「時間」と「使命」のワードが今日のポイントだと感じた。「時間」は”残業の時間管理”、冒頭の副社長のお客様の”無駄な時間を発生させない”、社長の思いから”人生は一度きり。時間を大切に”、”知的ハードワークで24時間考え続ける”といった内容が挙げられる。作業の効率化を図るためにも、この1年、時間の考え方を改め、意識していきたい。「使命」については奥野代表に熱く語っていただいた。成功方程式の中での考え方の重要性を再確認した。業務を遂行するにあたり、単なる作業ではなく、使命感を持っての業務をすれば、必ず考え方はプラスになると感じた。部下や後輩に伝えたい。今日一日学んだことをどれだけ自分の中に落とし込み、周りへ伝えていけるかどうか、これが31期目標に到達できるかどうかの分かれ目だと思う。それを念頭に、GLJの役割を全うしたい。

本社 技術部 宮﨑

参加を終えて感想
本日、奥野代表からお話しを聞いて、改めて30期よりもさらに頑張らないといけないなと思いました。今まで培ってこられた財産があるからこそ今の私たちがあるため、31期必ず自部門の売上・利益を達成します。またそれが、アメーバリーダーとしての使命だと思います。1人で頑張るのではなく、チームで頑張る。部下には何かしてほしい時に作業でものを言わずに使命感で伝えていきたいです。具体的には、お客様に喜ばれることがどれだけ嬉しいか等、先を見据えて話すことで部下にも仕事に熱中してもらいたいと思います。それで後輩1人1人が少しでも自然性をもってくれることで仕事のやりがいを感じて頂き、人生と仕事の重なる部分を大きくすることもリーダーの使命だと感じました。これから自分自身も「根」の部分をもっと強くするために、「考え方」を間違えずにネバーギブアップの精神で仕事に取り組んでいきたいと思います。

きんそく建築測量 営業部 辰野

参加を終えて感想
冒頭、労務管理講習という事で、西本部長よりお話しを聞き、31期から新たに設立される制度、今後の変化についてお聞きしました。31期より部下が増え、労務管理がとても重要と改めて実感致しました。自のグループだけではなく、会社全体に悪い流れを作ってしまう、これはとてもまずい事だと思いました。今一度管理を見直し働きがいのある仕事になるよう心掛けたいです。経営計画についてではまず山田副社長のお言葉にあった、時間の重要性、これは私の中でタイムリーでありました。時間は無限ではありません。ですから有効な時間の使い方を考えていかなければならないと思いました。奥野代表から、「リーダーは情報を伝える」というお言葉があり、世の中の景気、指導等をわかりやすく部下に伝えていかないと思いました。「ワークインバランス」というお言葉がありましたが、人生と仕事ではなく、人生の中に仕事があるのだと言われ、なるほど確かにと思う自分がいました。なあなあでそこそこ仕事をするのはもってのほか、真面目にド真剣に仕事に打ち込む。これがとても重要だと実感できました。31期は始まったばかりですが、先を見据え、より良いきんそくを作っていけたらと思いました。

本社 技術部 松本

30期 外業社員研修

2021年11月27日

本社3階で30期の外業社員研修が行われました。

研修の内容は
・報連相に関する方針
・クレームに関する方針
・お客様満足を得るために現場で何をしますか
・素晴らしい人生にするために
・素直な心を持つために

参加を終えて感想
コロナ禍で色々と変わりつつある社会の中で倒産していく業種(会社)があり不安ばかりがつのってきています。その中で私たちは仕事が出来る喜びを改めて実感できています。新しい事業もしっかりと根づいてきている現状に私もうかうかしていられません。しっかり自分の考えを伝え、今ある仕事を日々こなしていきたいと思います。現場でのトラブル等は必ず上長に伝え、報告し、現状はどうなっているかを伝えて、決して自分だけで判断しない様にしないといけない思いました。誰かがやるというのではなく、まずは自分がやってみるという行動に移したいです。クレームをおこさない、顧客満足に撤し、頑張りたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 元田
参加を終えて感想
コロナ禍で令和2年の測量登録業者が382業者も削除している事に驚きました。その理由がICTが出来ないからという理由もあるらしく、きんそくのすごさがよく分かりました。私もICTをさせていただいているので、この業務が出来ている事がすごく嬉しく思いました。今回の研修で学んだ、報・連・相とフィロソフィを実行できるように意識して仕事をしたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 栗山


参加を終えて感想
毎回研修に出ると、知らなかった事や知りたかった事、他拠点のバイト・パートと話したり意見を交わす機会があるのは本当にありがたいなと思います。フィロソフィは、同じ項目でやっても、毎回違う意見や考え方が出てきて「あ~そうなのか」と必ず新しい発見がありました。自分も含めて、みんなで新しい気付きやディスカッションを経て成長していくんだなと思いました。ありがとうございました。
 
名古屋営業所 技術部 鹿子島
参加を終えて感想
今回の研修であらためて、自分自身をみつめ直す事ができました。日々の仕事や生活の改善を取り組む等の大切を感じる事が出来ました。それぞれのちがう考えや価値感もわかり自分の中で出来る事、出来ない事を受け入れて努力していきたいです。そして何よりも仲間の分、会社側の考え方も分かりあえたと思います。今まであたりまえだった報連相の大切さや改善しなければならない、夢も考える事が出来ました。仕事に対し、前向きに、しかも謙虚に取り組みたいと思います。そして人としての究極の幸せを感じたいと思います。
 
北陸営業所 技術部 福田

30期 GS・GSJ一般社員研修

2021年11月20日

本社3階で30期のGS・GSJ一般社員研修が行われました。

研修の内容は
・仕事力をぐんぐん上げる心得
・きんそくフィロソフィ➀~➄
・経営計画書 報連相に関する方針について
       クレームに関する方針について

参加を終えて感想
経営計画書の報・連・相、クレームに関する方針を聞き、仕事としては、お客様と直接関わって進めることが多く、今まで何げなくお客様と自分とのやりとりだけで済ませていた部分もあったと思います。そこの判断軸というのを見直していきたいと思います。クレームに関しても、合っている、間違っている関係なしにお客様にご迷惑をお掛けしている状態がクレームになっているということを思いお客様に不安、不満を与えないように技術力の向上、資格の取得とともに、フィロソフィ研修で学んだことを改めて、見つけ直し、良い考え方、人間力を磨いていきたらと思います。
 
本社 技術部 武田
参加を終えて感想
貴重なお時間を頂きありがとうございました。研修の最初に、出社する時に役割を演じるようにスイッチを入れるというお話がありました。そして最後心と気持ちで左右されやすい気持ちを心でコントロールするとお話ししていただき、まずは会社にいる時だけは必ず心でコントロールできるように スイッチを切り替えないといけないと思いました。また、経営計画書の報連相とクレームの項目の説明していただき、最近納期遅延などを連発させていたので、改めて報連相の重要性を考えました。お客様に対しても連絡を取り、どこまで進んでいるかを報告することで、お客様の安心感は得られるのかなと思いました。部下も増え、報連相される立場でもあり、する立場でもあり、どこまでしないといけないのかと悩むこともありますが、全部持っている情報は伝えていかないといけないことを改めて認識しました。美しい心を持ち、きちんと報連相して、一緒に仕事したい、見本にしたいと思われるような人になりたいと思いました。
 
本社 技術部 西澤

参加を終えて感想
本日も研修を受ける機会を頂き、ありがとうございました。 私は現場常駐の為、常にお客様と直接接して仕事をさせて頂いています。言われる前に出来る事はする等、自分なりに努力をしてきたつもりでしたが、報・連・相に関する方針で、常駐の人ミスを報告していますか?の問いに手を上げられない自分がいて、仕事を指示した職員の方に報告すればいいものだと勘違いしていた自分に気付かせて頂きました。今後しっかりと改善しなければいけないと思いました。フィロソフィも改めて考え方・心の持ち方について学ばせて頂き、今後の仕事に活かしていきたいと思います。
 
本社 技術部 浦
山田副社長が最後におっしゃった「心が苦しい時は、心が成長している時」の言葉に心が救われました。10月末に発生したクレーム対応を行っていた時、本当に辛く、心が折れそうでした。お客様に言われた「きんそくさんの測量だから大丈夫ですよね…」の言葉も心に突き刺さっていました。結果として、測量ミスによる図面の間違いで、信頼してくださっていたお客様を裏切る形になってしまいました。失った信頼をとり戻すために、いちから出直しだと思った矢先でした。そんな中での山田副社長の言葉は、また明日から頑張るモチベーションをいただけたと思います。「心が成長したんだ!!」と思い、また新たに頑張りたいです。ありがとうございました!!!
 
本社 技術部 米倉

どのような「考え方」をするのかがいかに大切なのかが分かりました。人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力なので、たとえ能力が低くても「考え方」と「熱意」を高めていけば良い結果が得られると思いました。人生はあらかじめ決まっているものではないので、利他の心を持って人間として何が正しいかで物事を判断していけば運命は良い方向に変わっていき、充実した人生をおくれると思います。フィロソフィは「知っている」だけでは意味がないので、血肉化して、意識しなくても行動に移せるようにします。
 
本社 営業部 佐野
今回の研修を通じて、報連相に関する方針とクレームに関する方針では、仕事である以上、自分ひとりではなく会社全体で方針を共有しなければならないということが分かりました。自分だけで勝手な判断をしてしまうと、判断を誤る可能性が高くなるだけでなく、会社としてのまとまりがないような印象を周囲に与えてしまいます。そうならないように、会社の全員が同じ方針を共有することが大切なのだと思いました。フィロソフィ教育では、何度も勉強した内容でもディスカッションする相手が違って毎回新たな気付きがあって興味深かったです。
 
東京営業所 技術部 石原