フィロソフィ研修(GS.GSJ.一般)

2020年6月6日

本社3階でGS.GSJ.一般社員のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・コロナ禍の現状
・報恩、敬する心、敬う、
 人たる所以、生きる力
・中村天風師の積極姿勢
・29期経営計画について
・個人計画書作成

参加を終えて感想
経営計画書を作成し直し、自分自身が会社の中でグループの中でどのような役割を果たすべきか考えるよい機会になった。ただ作業をするだけなら誰にでも出来る。「きんそく」の一員として、経営理念の達成のため行動しなければならない。自分自身の技術の向上と後輩への教育を通じて、まずは自グループから盛り上げていかなければならないと思った。研修の最後に社長がおっしゃられた新入社員への教育のこと、彼らの日常に落とし込むだけではなく、自らが手本にならねばと思った。世の中の状況が変わる中で仕事を続けていく為には、今回個人経営計画書を作成する上で考えたこと、教えていただいたことを踏まえていかなければいけないと考えた。
 
本社 技術部 越智
参加を終えて感想
本日の研修で、今悩んでいることなんて馬鹿らしいなと感じることが出来ました。中村天風さんのお話で体と心は一体でネガティブな考えは神経を痛めて体と心も痛めるとありました。その後のトラブルを乗り越えないとまた同じ悩みがきて次に進めないと聞いて、今の自分は同じ悩みで立ち止まっていると実感しました。そしてその悩みが心と体を痛め始めているんじゃないかと思いました。悩むくらいならとにかく進んで少しずつでも前に進んでいかないといけないと思うことが出来ました。いつまでも悩まずに明るく周りの人たちが自分と一緒に仕事してて楽しいと思ってもらえるよう、アホでいてそれでもきちんと知識を持った人になっていきます。
 
本社 技術部 西澤
参加を終えて感想
社長のお話の中でコロナ禍の影響が今後社会全体に大きく広がっていく様子を聞き、今後私たちが立ち向かう厳しさをより痛感しました。危機的意識と毎日繰り返されるニュースでの失業、貧困、生活様式の変化を考える中での今回の研修は今まで以上に経営理念、きんそく心得の言葉の1つ1つが重く入ってきたように思いました。経営悪化がすぐに表れる業種と半年~1年後に表れてくるものがあり、常に先手を打っていくことで危機をのり越えていけるのだと思った。私も給付金を何らかの形で困っている子ども達に届けたいと考えている。使うことで経済井を支えるという方法も1つである。しっかりと考えてささやかながら誰かのお役に立ちたいという思いが強くなった。
 
本社 営業部 清水
参加を終えて感想
「報恩」は以前、別の研修のときにも触れましたが、毎回胸に来るものがあります。コロナ禍で困っているところへクラウドファンディング等、自分と直接かかわりのあるところへの支援はできることから小額でもしていますが、もっと対象を広げて例えわずかでも寄付しようと思いました。29期の個人経営計画書では、他者の発表も聞けたことがよかったです。それぞれの立場ならではの視点、考え方について知ることができ、聞くだけで自分の考え方の幅も柔軟になった様な気がしました。また、それぞれの立場、役割は違えど会社全体としては同じ方向に進もうとそれぞれが熱意を持って取り組み、また取り組んでいこうとしている意気込みの様なものも感じることができ、自分自身も頑張ろうと改めて思いました。
 
本社 営業部 松野
参加を終えて感想
研修を終えての感想は改めてフィロソフィの重要性と会社としての人材育成の大切さを再認識しました。人材を育てるということは、会社にとっての「社風」や「社格」を築くことであり、とても重要な事だと思います。その人材により会社の盛衰は決まるのです。自分自身もこの研修を通して会社により貢献できる人物でありたいと思います。
 
きんそく家屋調査 坂尻

フィロソフィ研修(外業社員)

2020年5月30日

本社で外業社員のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ
(成功方程式方程式)
・29期経営計画書
・個人計画書作成

参加を終えて感想
前回の研修でも成功方程式について学びましたが、同じ内容でも毎回違う発見や気付きを得られました。仕事や人生を生きていくための核になるものだということが、前回よりも腑に落ちてきたような感覚でした。皆さんの発表を聞いて考え方が本当に大切であると改めて思いました。様々な方が研修に参加されているので、いろいろな感じ方をしていて、そのことが新たな気付きを与えてくれるのだと思います。
 
本社 技術部 中山
参加を終えて感想
フィロソフィに書かれていることを再度復習することができ、血肉化に向けて前進できたと思う。能力だけではなく熱意、考え方の大切さを確認でき、今は能力が低くても継続して努力していくことで道が開けてくると信じ、がんばっていこうと改めて決心することができた。また、いろいろな意見を周りの人から聞くことができたのが、大きな収穫です。今日をまた新たな契機として心新たに精進していきたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 若林
参加を終えて感想
仕事のあり方、何が大事なのかを再認識しました。方程式こそ自分の姿、将来性を見据えた行動にむすびつく事がわかりました。また経営計画書を埋めていく事で自分に何ができ、会社や社会にどう貢献できるのかを考え実行する糧になる事を認識できました。働く事でまた楽しみを見いだしていきたいと思います。
 
北陸営業所 技術部 福田
参加を終えて感想
成功方程式の研修は何度も受けてきたのに、毎回自分の意見が変わっている。でも、その時の気持ちや体調等でも変化してくると思うので「芯」が変わっていなければそれで良いと思えた。個人用の経営計画書を作成し、日頃行えていない自分自身の分析ができてよかったです。そして改めて経営陣の方々の大変さがわかりました。
 
きんそく家屋 技術部 藤田
参加を終えて感想
フィロソフィ研修を受講するごとに、理解というよりもどんどん難しくなっていっている様に思いました。それはおそらく教材の奥の深さだという風に理解はしているつもりですが、毎回自分の中から色々な思い・考え方・意見が出てきているのに驚いています。これは今後もそうなると思いますが「理解」するよりも「信じていく」ことにする方がより良く自身の血肉になるのではないかと感じました。
 
きんそく家屋 技術部 西村

フィロソフィ研修(27期生)

2020年5月23日

本社3階で27期生のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・29期経営計画書について
・個人計画書作成
・専門スキル講習
(PDCAサイクルについて)

参加を終えて感想
世間では職がなくなる方もいる中、きんそくはしっかりとした売上の数値が出ていて驚きました。コロナの影響で売上が下がっているのではと思っていて、少し安堵しました。今仕事が出来ている事に感謝しなければと思いました。そのためにもしっかりと仕事をこなし、社会に恩返し出来たらと思いました。実際に経営計画書を作成して思ったのは、しっかりと伝わるわかりやすい言葉にするのがとても難しいと感じました。しっかり言葉の意味を理解し、かつそれを数値化する。合理性・実効性・納得性がないと下の者はついてこないと社長が仰った時、自分の中でたしかにと思いました。今、自分が作成した計画書が次回の研修でしっかり活かしきれているのか、計画通りになるよう今日から精進したいと思いました。
 
本社 技術部 松本
参加を終えて感想
今コロナで仕事がない人たちがいる中で仕事が出来ていることにもっと感謝しないといけないと思いました。そして仕事が出来ている人達に出来る事それは経済を回すという事、これが大切な事だと学びました。そしてこれからICTの需要が広がっていくのだと思います。そのためICTの知識を他業者に負けないよう深めていく必要があると思いました。専門スキル講習では改めてPDCAの大切さを学びました。PDCAをより深く具体的に示す事で、業務がより上手く回せる事が出来るのだと思いました。もっと自分自身のスキルや知識を高めていきたいと思いました。
 
本社 営業部 廣瀬
参加を終えて感想
コロナの流行が続く中、きんそくの売上は前年度よりも向上していることを知って驚きました。世間では自粛による休業により不況が続く中、以前と変わらず仕事を請けられていることは、会社の「きんそくスピリット」の精神だからこそ乗り越えられていることに感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。経営計画については目標を数値化することの難しさを、スキル講習では目標を明確にすることの大切さを思い知りました。今後、今回の目標を元に技術力の向上に努めたいと思います。そのためにもまずは、専門技術特化を目指し次世代に能力継承できるよう、これからの一年間一生懸命勤めさせていただきます。
 
本社 技術部 岡井
参加を終えて感想
自身で個人の経営計画書を作るという初めての経験で改めて自分の仕事に対する姿勢、信念、行動指針など考えられる機会になりました。経営方針での目標を考えるところでは自分の考えを上手く書き出せず、まだまだだと感じさせられました。これからの業務の中でも、今日自分が立てた目標をしっかり実行できているか振り返りながら精進していきたいと思います。「PDCA」学習では自分個人のPDCAサイクルを一から考えて作業しました。PDCAは前から学習していたもののいざ自分で考えてみると難しくて、良い経験が出来たとおもいます。仕事の中でも意識して取り組んでいきたいと思います。
 
本社 技術部 鬼屋敷
参加を終えて感想
経営計画書に沿って目標を考えましたが、自分の目標には明確さがないことを指摘して頂き、目標を数値化することの大切さを学びました。その後のPDCAで細かく数値について教わりましたが、今までそのような考え方を教わりましたが、今までそのような考え方をしてこなかったからか、目標を立てるのが難しかったです。次の研修までの間、最低1日1つはPDCAにあてはめて考える訓練をしていきたいと思います。私の今後の課題はCIM業務の強化と設計業務のスキルアップだと思いました。これを合理性・実効性・納得性の3つの観点から考えてPDCA講習で習ったとおりに数値化した目標にすることから始めたいと思います。
 
本社 技術部 中尾

フィロソフィ研修(GS.GSJ.一般)

2020年5月16日

本社3階でGS.GSJ.一般社員のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・フィロソフィ研修
(報思、人たる所以、敬する心、生きる力)
・29期経営計画について
・個人計画書作成

参加を終えて感想
コロナがきっかけとなり今までの価値観が揺らぎ、新しい価値観・生活様式の構築が必要とされている。その中で変えてはならない普遍的な物はそのまま大切にしながら、新しい基準を自分自身で作る必要がある。教えて頂いているフィロソフィを根本とし行動することにより周囲の環境に影響されることがなくなり自身で考え行動することが可能となる。今後も大きなうねりとなり変化していくが正しい道を見失うことがないよう常に自分でしっかりと考え責任を持ち行動していきたい。
 
本社 技術部 熊本
参加を終えて感想
今回の個人経営計画書作成にあたり、ディスカッション及び他拠点の人の発表を聞いて、それぞれ抱えている問題は違いますが「同じ目標に向っている」「ベクトルが合っている」と感じました。考え方が前向きでありフィロソフィを実践しているのが感じとれ共感し、一体感を感じました。続けて諦めずやっていくことで更によりよい仲間とともに一体感を感じることが出来ると思いました。また自分の行動、考え方を見つめ直すいい機会でした。ディスカッションが不十分であると感じた部分もあったので、支店の皆にも意見を聞いてさらに深めていく余地があると思いました。
 
和歌山支店 技術部 寺岡

参加を終えて感想
29期経営計画を再認識するとともに、経営方針をより深く理解できました。ただ読むだけでは足りなかった部分を社長の言葉と一緒に目を通していくことで今の東京営業所の強みや、課題が見えてきました。また自分がしなければいけないことが明確になりました。どれも28期の自分には足りなかったものばかりで今更ながら不甲斐なさを感じましたが、29期ではそれを払拭し必ず東京営業所の売上を目標に届かそうと強く思いました。東京営業所のICT担当として新しい技術をどんどん取り入れ、積極的かつ他者との差別化を意識し、この29期を全力で走り抜けます。
 
東京営業所 技術部 野中
参加を終えて感想
1年目のときは、1年上の先輩がすごく見えるが、2・3年目になったとき1年上はどう見える?という話で、自分が思っていたよりも後輩から尊敬の目で見られていないな。という私の感じていた違和感と恐怖の図星を当てられた気がしました。伸びしろが弱くなってきているのは自分でも薄々感じていました。新しい刺激の連続である若手に、自分も追随されないように自分の時間を使って、少しでも学びを深める事が数年後、大きな差になるということを真剣に考えて、自分の技術・知識の向上に尽くしたいです。
 
本社 技術部 半田
参加を終えて感想
パート研修とは違い、経営にぐっと踏み込んだ研修内容で「全員参加経営」を実感しました。コロナの状況に疲れていましたが、テレワークは今後も重要な雇用形態になるという社長のお言葉、ピンチの中にチャンスを見出せる強さを表していて頼もしさを感じました。個人経営計画書を作成することで、自分の強みや伸ばしていきたいことがはっきりし、とてもわかりやすかったです。
 
和歌山支店 管理部 今里

第29期 部門 拠点長 次長研修

2020年5月1・2日

2日間に分け本社で29期 部門・拠点長・次長研修が行われました。

1日目研修<奥野社長講師>
・コロナ対策関連
・29期経営計画の説明
・GL、GLJ、新入社員研修資料の説明
・不況対策の研修

2日目研修
・売上利益の達成に向け具体的な対策を練る
 (ディスカッション発表)

奥野社長より、コロナ危機を乗り越えるためのメッセージをいただきました。
きんそく全従業員に聞いて欲しい社長の声です。

 「新型コロナウイルス感染症拡大で、私たちリーダーは健康被害の恐怖、売上の減少、資金繰り、従業員への対応に追われ、先の見えない現状に不安を抱えながらも対策に奮闘し、日々の業務に尽力していることと思います。きんそく心得の「PDCA」にあるように、企業は「環境適応業」です。世界、日本が体験したことの無い未曽有の危機に直面しています。私たちきんそくは現状を真正面から受け入れ、明るい未来に向けて力強く歩んでいきます。
 今こそ全従業員がベクトルを合わせ『全員参加経営』でコロナ危機を乗り越えなければなりません。全員参加で経営するには、持ち場立場、営業・技術・管理部がそれぞれの役割を果たすことが必要です。そして一番大切にしてきた、きんそくの『フィロソフィ』があります。経営者、リーダーの『フィロソフィ』が影響します。平常時ではあまり差が出ないように見えますが、不況や困難に遭遇した時にはその差は大きなものとなり、企業文化を創ります。ドラッカーは〝企業文化は戦略に勝る〟と説かれました。私も同感で、コロナ危機に勝つには、どんなに立派な戦略よりも『きんそくフィロソフィ』にあると確信しています。私たちは多くの経営資源をこのフィロソフィに費やしてきました。現在の状態を必要以上に悲観することはありません。感染拡大以前から準備してきています。原点に返り、『きんそくフィロソフィ』を学び、少しでも実践する毎日を送りたいと考えます。

 全員参加で乗り越える、この体験が大きな「節」となり、より強固な人間関係をつくり、会社を立派にするものであること祈り、期待しています。」

参加を終えて感想
2日間の研修ありがとうございました。1日目はリーダーとしてのあるべき姿を教えて頂きました。自身の成長が部門の成長と捉え、学びを深めたいと思います。部下に対して、どんなメッセージを出すのか、自身の言葉で語らなければなりません。それには、自らが学び率先垂範していく必要があります。2日目は、各部門の課題を抽出しました。PDCAを回し実践することの大切さを学びました。自分を磨き、成長していかなければいけないと氣持ちを改める機会になりました。
 
和歌山支店 古川
参加を終えて感想
今回の「部門・拠点長・次長研修」は、コロナウィルスの影響の為、ZOOMを使った開催となりました。私は、次長に就任してから2年目で、まだ足りない部分が多いと考えています。研修は自分の足りていない部分を補うためには欠かせないものであるので、気合いを入れて臨みました。1日目のフィロソフィ研修では、部下を教育していくうえで自分たちができてない部分が再確認しました。日々の些細な行動が、自分と部下の成長につながります。業績が良い今のうちの悪い所を改善し、闘っていける組織作りをします。2日目に行った上期の改善計画では、売り上げを上げることに加えて労務管理や技術継承も加えました。今の状況に慢心せず、今後も成長発展を続けるための取り組みを続けていきます。自分が中心となって周りを改善し、それに同意しついてきてくれる同志がいることはありがたいことだと思います。課題は多く、自分だけの力では達成できない事ばかりで途方にくれそうにもなりますが、全員一丸となって同じ方向に向い、必ず達成します。
 
和歌山支店 門田
参加を終えて感想
① 仏作って魂込めずが一番の悪である
② 技術力は大切だが、そこに高まった心が必ずいる
③ 心と身体のバランス→1番力を発揮する状態へ
④ 感性的な悩みはしない
参加して改めて、きんそくの先達の方々も悩み、苦しむことがあっても克服してきたのだと感じられた。その背中を追い、また自分も背中で見せられる人間となりたい。
 
きんそく家屋調査 岡元

きんそくでは新型コロナで事業環境変化があるなか、売上利益の計画達成に向け全力で取り組んで参ります。