全社営業強化合宿

2019年10月12日・13日
ホテルビナリオ嵯峨嵐山にて 全社営業強化合宿開催

全拠点、顧問の皆さまにも参加して頂き、営業に関わる総勢30名で営業強化合宿が行われました。
辻執行役員から開会の挨拶があり熱い、営業合宿のスタートです。

奥野社長から28期上半期の結果、それを踏まえた28期下半期の経営方針の発表がおこなわれました。
大きく3つに分けて話していただきました。28期下期は29期の準備でもあります。下半期を30期30億、34期40億の目標達成のための準備期間と位置づけ29期を視野に入れた営業活動をお願いします。そして事業環境と対策として、28期の経営計画にもあります設備と人材へ、もっと力を入れていただきお客様の困りごと、求められるニーズを捉え、商品力の強化と事業領域の拡大をお願いいたします。最後にマーケティング力の強化として、28期上半期はマーケティング会議を行いました。そして下半期は実践に入り、方針・戦略・ロープレを中心に進めていきます。お客様の多様なニーズそして顧客を創造するためにもマーケティング力の強化は必要不可欠だと考えています。ここにおられる営業関係者のみなさんが一丸となり、ベクトルを合わせることで大きな力となります。年度計画達成に向け「謙虚にして驕らず、さらに努力を」共に重ねて参りましょう!と力強い言葉をいただき、全員の気持ちが一つになりました。

その後、山田副社長の”商品開発報告”発表へとうつり、新商品にみんなワクワク!顧問の皆さんも興味津々です。午前の部が終わり、昼食タイムです。

ここでなんとサプライズ!会議当日の10月12日は本社営業部 忠津部長、68歳のお誕生日です。おめでとうございます。奥野社長から皆さんのメッセージ入りのお酒とケーキのプレゼントです。突然のサプライズに忠津部長もビックリ!皆でお祝い、美味しくケーキを頂きました。おめでとうございます。

お天気の影響で顧問の皆さんはお昼までの参加となりました。普段なかなかお話を聞くことのできない顧問の皆さまから沢山の心強いお言葉を頂きました。ご参加いただき、ありがとうございました。

午後からも会議は続きます。
・28期下期 各拠点プロジェクト及び路線への取り組み方針発表
・社内ルールの再徹底
・上期営業特筆報告

そして熱い会議のあとは懇親会です。会議とは違いとても和やかな雰囲気です。

2日目もど真剣に熱い会議は続きます。
・上期営業特筆報告
・タイムマネジメントについて

同じ時間を共有し、皆がベクトルを合わせることができました。

28期下半期も2ヶ月が経とうとしています。営業部が”きんそく”を先導できるよう、全員で力を合わせ「30期30億」を全員で掴み勝ち取りに行きましょう。宜しくお願いします!

第28期経営合宿・GL研修

2019年9月14日・15日

ホテルビナリオ嵯峨嵐山で役員、部拠点長が集結し、一泊二日の経営合宿が開催されました。

経営合宿の内容
・第28期 上期総括進捗確認 ならびに 下期改善計画の作成
・全社売上計画確認、シェア計画の作成
・事業計画、中長期ビジョン達成に向けた具体的なアクションプラン作成

GL研修の内容
・フィロソフィ教育
・GLアクションプラン PDCA進捗発表

 経営合宿では、自部門・自拠点の経営計画(方策・戦略)を将来を見据えとことん具体的なアクションプランに代えていきます。きんそくでは、自拠点自部門のみを考えていくことはしません。仲間のために、良い時も悪い時も全員参加経営で共に会社全体を良くすることを考えシェアする考え方を大切にしています。28期も折り返し地点、決して簡単な目標ではありませんが一丸となってあきらめずに努力し続けて目標達成を目指してまいります。

 GL研修では全てのGLが自部門・自グループの目標達成に向け、重点施策のアクションプランを設定その進捗確認と課題・問題に対しての改善計画を深く掘り下げて考えていきます。全員の情報を共有することで、他部門の良き改善を自部門に持ち帰り実践するグループもあります。善きことはすぐに真似をして実践する。このちょっとの改善の積み重ねがきんそくを強く大きく成長させてくれます。GL全員が集結し、気合の入った研修が今回も実施されました。

GLJ研修

2019年9月7日

本社でGLJ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育(講師:山田副社長)
01.人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
27.お客様第一主義を貫く

・28期経営計画(講師:田中取締役)
自部門の状況・課題・問題点・解決策の発表
 

参加を終えて感想
フィロソフィ教育では、改めて「考え方」について学び考える時間となった。前回までの自分の発言や捉え方、考え方に成長を感じるとともに、また同じことを言っていないか?と感じる部分もあった。また部下に伝える、背中を見せる、手本となるためには言動一致が必要であるが、分かってはいても普段からできているか省みてまだまだだと感じた。自グループの経営についても最近ではマーケティング会議などの機会を通り、考えることも増え自グループに関する分析、そして今後どうするかについてはしっかり考えれてはいると思うがこちらも自分の思い描くように行動できておらず、言動一致できていないと感じた。考えること、描くことを次のステップとして明確な行動計画を練ることが今の自分には必要であると感じた。
 
本社 技術部 濱野
参加を終えて感想
山田副社長のフィロソフィ教育では、自分の立ち位置を再認識しました。中間管理職としての役割、部下からどう見られているかを考え、自分の行動を起こす事。部下と目線を合わせて、話を聞いてあげること、自分の話を聞いてもらえるようにすることが大事だと思いました。
自部門の課題、解決策の発表では、問題点を抽出する能力と、それを解決するアイデアの必要性を学びました。何が課題で、どんな問題があって、誰がいつまでに何をすれば解決するか。具体的に考えることで、より良いアイデアも出てくるだろうし、課員と目標を共有しやすくなり、良い方向に進んでいくと思いました。
 
和歌山支店 技術部 平岡

北陸営業所 研修

2019年7月27日

北陸営業所で奥野社長に講師をしていただき研修が開催されました。

参加を終えて感想
拠点で直接社長から話していただける場はなかなかないので、みんないい刺激になったと思います。28期も半分が過ぎようとしていますが、最後まで緩めることなく全力で頑張り30期30億という目標達成に繋げていきたいと思います。明日から帯を締めなおし北陸営業所を盛り上げていきます。
 
北陸営業所 技術部 浅野
参加を終えて感想
28期の事業計画と30期までの計画を改めて聞き、達成するには非常に困難なことのように思えましたが、社長・辻部長や北陸営業所の皆さんとディスカッションを通じて、自分ができる一歩から踏み出していこうという気持ちになりました。
 
北陸営業所 技術部 堀口

東京営業所 研修

2019年7月20日

東京営業所で奥野社長に講師をしていただき研修が開催されました。

研修の内容は
・28期経営方針について
・東京営業所、経営方針と戦略の共有
・グループディスカッション
 「社長への質問」「会社への提案」
 「自分に出来ること」

参加レポート
«学び気づき、印象深かったこと、今後活かせること»
 
30期30億を目指す中で、自分になにができるかを今一度真剣に考え、また周りの仲間がどう考えているかを知ることが出来ました。後半のディスカッションの中で「現場における測量工の立場が低いと感じる」という意見が上がり、それに対する社長の過去の経験と考えを聞けたことが一番印象深かったです。お客様から支持を頂き、きんそくの利益を上げていくためには、きんそくの理念をアルバイトを含めた全員で共有し、同じ方向を向いて進むことが大切だと感じました。


«社内外に伝えたいこと、情報発信したいこと»
 
きんそくでは、一人ひとりが目標に向けて自分が出来ることを考えていることが分かりました。こういった研修は、それぞれが考えていることをお互いに話し合える貴重な機会だと思います。


«仲間の様子、雰囲気、感じたこと»
 
社員同士だけでなくアルバイトの方々ともきんそくの経営方針や社長の想いを共有できたことは、東京営業所にとっても大きな意味があると思います。今回初めてきんそくの経営方針を聞く人も多く、皆が真剣に社長の話に耳を傾けていました。
 
東京営業所 技術部 石原
参加レポート
«学び気づき、印象深かったこと、今後活かせること»
 
会社全体の目標を具体的な数字で確認することで、達成に向かうためのプランがイメージしやすくなった。また、東京という地を活かした経営戦略を共有することで他の拠点にはない東京ならではの強みを理解し、お客様とのコミュニケーションに活かせると感じた。


«社内外に伝えたいこと、情報発信したいこと»
 
全員参加経営というのは、全従業員一人一人が考えて行動することに意味があります。そこにバイト・パート・正社員の境は無く、全員が数字を意識することで、30期30億、34期40億が達成できると思いました。全拠点全従業員で経営意識を高めていきましょう。


«仲間の様子、雰囲気、感じたこと»
 
東京営業所としては初のバイトさん、パートさんを交えた社長教育でした。社長の思い、会社の理念を直接伝えていただいたことで、営業所全体の士気が高まったように感じます。
 
東京営業所 技術部 保科