東京営業所 勉強会

2019年12月7日

東京営業所で今期の取り組みと来期に向けての勉強会が行われました。

勉強会の内容は
・東京営業所の過去業績振り返り
・セグメント別売り上げ報告
・事業戦略における、今期の取り組みと来期に向けてのディスカッション
(講師:奥野社長)

 

参加を終えて感想
(学び、気付き、活かせること等)
東京営業所の強み、弱みを理解し、強い部分は伸ばし、弱い部分は改善・工夫する。このことを念頭に意見を出し合い、来期への展望が具体的に見えてきました。30期30億、34期40億に向け力添えできるよう東京営業所一丸となり、一層の努力をしていきたいです。
周りに伝えたいこと
今回のような社員のみ参加の勉強会では、社員だけが理解するのではなく、パートやアルバイトの方々にも情報共有し従業員全員で弱み強みを理解していただく。ここまでがこの勉強会だと思っていますので、各拠点の方々も、自分の中だけで終わらせることなく、不参加だった方にも積極的に情報共有しましょう!
参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)
この瞬間全員が今ぶつかっている問題に対し本気で考え、意見を出しているということが分かりました。30期まであとわずかという中で大小問わずできることを全部やるという真剣味を営業所中から感じることができました。
 
東京営業所 技術部 野中

フィロソフィ研修(一般社員)

2019年11月16日

本社3階でGS.GSJ.一般社員のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・社長挨拶(天皇陛下のお言葉)
・フィロソフィ研修
(講師:辻役員)
1.成功方程式
3.心に描いたとおりになる
4.人間として何が正しいかで判断する
13.地味な努力を積み重ねる

 

参加を終えて感想
以前はもっと自分中心な行動をしたり、意見を述べたりしてりまうところがありましたが自分の考えも少しずつ変わっており、きんそくに入社して6年となりますが成長したのかなと思います。人間性は周囲の環境によって変化するという意見があったのですが、ここ数年で自分の至らない点を見直したり、注意して頂いて客観的に見ることで発見したりすることが出来ました。「年をとると注意してくれる人が少なくなるから注意している」ということを上司に言われた時、なるほどと思い注意していただいた事を忘れないようメモを取るようになりました。今後も周囲の言葉を大切に自分を改善して成長していきたいと思います。ありがとうございました。
 
きんそく建築測量 管理部 桂
参加を終えて感想
補強補修の現場には何度も行き、似た工事もたくさんしているのを見ていたのですが、自分の考え以上に日本のインフラの老朽化が進みここまで深刻とは思いもせず、自身の視野の狭さを痛感しました。フィロソフィ教育では幾度もやってきた内容でしたが、過去の自分のノートを振り返ると今とは違うことが書いてありました。毎回新しい気持ちで向き合えていることが少し自信に繋がりました。今後もこの学びの場にド真剣に参加し仕事観・人生観の重なりを多くしたいと思います。
 
東京営業所 技術部 野中

参加を終えて感想
私自身、毎回思ったり発信している内容が変わったり深くなってきているなと感じました。仲間の意見の内容も深く一緒に成長している感じがして嬉しかったです。また、ただフィロソフィを一人で読んでいるだけではやはり理解は深まらないのだなと思いました。ディスカッションテーマをもらって初めて考えることがたくさんあり、こういった形式での研修の意義も改めて感じました。利己と利他は完全に対立しない絡まりあっているということについて対立関係にあるものと思ってきただけに大変学びになりました。両者の関係性を繋ぐキーワードが感謝なのではというお話は印象深かったです。
 
本社 営業部 松野

参加を終えて感想
私は管理部に所属しており皆様のように直接売上をつくる部署ではなく内側から支える役割です。但しその一方で採用や決算といった対外的にフロントに立つ役割もある事は事実です。その中でも求められる需要は信用力だと考えます。目先の利益に走ることばかりでなく地味な努力、そこから創意工夫して毎日、毎月、毎年と着実な改善が必要だと思います。会社と社会は表裏一体であり信用力を高められるようさらに能動的な対外業務もこなし成果あげていきたい。
 
本社 管理部 藤田

フィロソフィ研修(26期生)

2019年11月2日

本社3階で26期生のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育
(講師:大西専務)
33.一対一の対応の原則を貫く
34.全員参加で経営する
35.ベクトルを合わせる
36.現場主義に徹する

・専門スキル講習
(講師:田中取締役)
 

参加を終えて感想
田中部長の言葉「3年目を越えてからどんな成長スピードになるか分かれる」が自分のこれからの人生を考えるとダイレクトに心に突き刺さりました。来年再来年には役職を任されるようになりたいと思っていましたが、本日の「全員参加で経営する」「リーダーとして求められるもの」といったトピックでのディスカッションでは自分はまだまだであるという自己の考え方のいたならさを感じました。同時にリーダーになるという当面の目標へのやる気、向上心はこれまでより更にあがりました。今日一日を通して3年目であり、役職の人と新入社員との間である私たちの”役割”も同期で話し合えたとても充実した研修になりました。
 
本社 技術部 宮﨑
参加を終えて感想
研修を終えて、今後GLJになることを考えGLJになるまでに、どんな能力を伸ばす必要があるか、後輩の教育について勉強させて頂きました。今後GLJになっていくためにも「コミュニケーション能力を伸ばす」「責任感を持って仕事をする」「新聞や人との会話から世間の情報を知っておく」等、伸ばしていく必要があると感じました。後輩の教育については、その人のレベルに合った課題を渡し、分からないことがあればすぐに聞いてもらえる環境を作っておくことが大事だと思いました。また私がフィロソフィに準ずる行動をしていき後輩に背中を見てもらえるような存在になります。
 
きんそく建築測量 営業部 辰野

参加を終えて感想
今回の研修では特に「アメーバ」や「採算意識」等、経営についてふれることが多かったと思います。日々採算をつくることはもちろんですが、「個人」ではなく「チーム全体」の採算を教育の場だけでなく、常に知っておく必要があると感じました。印象に残った事では、現場に徹するという項目で、内業は職場の環境も現場内だという発言は目から鱗でした。そこも意識して改善につとめて行きたいです。
 
本社 技術部 喜多村

フィロソフィ研修(27期生)

2019年10月26日

本社3階で27期生のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育
(講師:奥野社長)
27.お客様第一主義を貫く
26.感謝の気持ちをもつ
28.ダブルチェックの原則を貫く
29.売上を最大に、経費を最小に

 

参加を終えて感想
入社して約1年半、同期も班長として稼動している事も多いので現場で気をつけていること、工夫していることがいろいろ学べました。フィロソフィ研修では今回は自信を持ってはっきり答えることが出来たので、仕事に対する姿勢にしっかりとフィロソフィが浸透していると感じました。しかし、会社にとって大切な売上、利益に関して自分の所属する部署のことすら把握していなかったので、これからはアメーバにも関心を持ち売上最大を目指していきます。
 
本社 技術部 田中
参加を終えて感想
頭では全員参加経営と理解はしていても全く自分のグループの売上・利益を理解できていなく自分の言葉で説明してもうまく伝わらずやはり数値は目にするべきだと思いました。専門講習では現場でやっている計算より高度な計算で困惑しましたが、わかりやすい解説でしっかり理解することが出来ました。まだまだ青い技術者なので、フィロソフィや勉強を頑張り、もっともっといろんな事を吸収し、日々の業務に勤めようと思いました。
 
本社 技術部 松本
参加を終えて感想
フィロソフィ教育においては、自身のお客様との対応の仕方であったり、会社の理念にどこまで近づけているのかを見直す機会となりました。まだまだ自分の意識が低いこと、未熟なところ、自身の成長を改めて知ることが出来ました。自身の所属するグループの売上、利益を把握し数字として知ることが会社への貢献に繋がるので今後は数字を常に意識しアメーバに参加したいと思います。
 
本社技術部 岡井

フィロソフィ研修(28期生)

2019年10月17日

本社3階で28期生のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそくフィロソフィ教育
(講師:奥野社長)
41.真の勇気をもつ
43.楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
44.見えてくるまで考え抜く
46.高い目標を持つ

 

参加を終えて感想
入社から半年が過ぎ、管理部においても少しずついろいろな作業を任されることが増えていく中で、今自分がやるべき事であったりこれから先どのように成長していかなくてはならないのかを振り返るいい機会でした。フィロソフィ研修で学んだように真の勇気を持ち、様々なことに恐れず挑戦していくことによって、自分の出来ることをもっと増やして会社に貢献できるよう成長していきたいと思いました。
 
本社 管理部 狩野
参加を終えて感想
高い目標をもつという項目が一番難しいと思いました。潜在意識に入る目標をするとどうしても自分の性格上、低く目標を見繕ってしまい、逃げ道を用意してしまいますが、社長の「まずは小さい目標からでいいんじゃないですか」という一言で気が楽になりました。大きな事を成すためには小さなことから、小さなことを成すためには日頃、心に何を思って行動するかだと再確認することができました。フィロソフィを実践で使えるレベルにまだまだ落とし込めていないと思いました。また、半年が経ち来年度、後輩として入って来る新入生にしっかりと教えられるような技術と態度、姿勢を作っていかなければならないと思いました。その為に光波の取り扱いや最低限の社会人のマナーを先輩として恥ずかしくないように頑張ろうと思いました。
 
本社 技術部 藤田

参加を終えて感想
まだまだ自分はフィロソフィを理解・実践できていないと感じました。特に今回は諦めない・努力し続けるなど、継続するということが大事であるという言葉や意見が多いように感じました。努力をし続けることは大変なことで私の苦手なことでもあります。でもここで諦めてしまうと成長できずにきっと先で後悔し続けることになると思うので、小さくても目標を持ちできる所からフィロソフィを実践し、人間としても成長していきたいと思います。
 
本社 商品開発事業部 岡田