部門長・次長研修

2021年4月30日・5月1日

本社3階で部門長・次長研修が行われました。

研修の内容は
・クレーム対策
・自社の分析・市場の攻め方
・30期経営計画書に関しての深堀

参加を終えて感想
2日間の研修に参加させていただき、ありがとうございました。1日目は、クレームに対する深掘りときんそく各部門のポジショニングを考える時間をいただきました。自部門の置かれている環境や目指すべきところを再確認し、拠点長の皆様と共有させていただくことができました。2日目は、奥野社長に経営計画書の詳細まで細かく講義していただき、より深く経営計画を理解することができました。奥野社長が経営計画書に込められた熱い想いをしっかりと受け止め、今回学んだことを自部門の戦略、戦術にまで落とし込み、確実に実践していきたいと思います。
 
経営企画本部 商品開発室 圡本
参加を終えて感想
2日間の研修ありがとうございました。今期より担当次長になり始めての参加という事で緊張もありました。1日目はクレームについて、各事例を踏まえ意見を交わしどうしてクレームになったのか対応をどうしたら良かったのかを一軒一軒をど真剣に話這う事ができ自身の成長と学びを深められた思います。2日目は、きんそくのポジショニングついて学ぶ事ができました。1日目と2日目と初めての経験をさせて頂き学びの多い研修でした。
 
本社 技術部 河辺

参加を終えて感想
2日間の研修ありがとうございました。1日目はクレーム対応・ポジショニングマップについて学びました。クレーム対応については、正しい知識をつけることで正しい判断ができるということを心がけ実践していきたいと思います。ポジショニングマップについては、自社を分析することによりファーストコールカンパニーになるにはどうしていくべきか見える化することが出来ました。見える化することにより、行動に移すことができすぐ実践できます。2日目は経営計画書を深堀りしていくことで知識を入れました。知識だけでは何も身にならないので次の日から実践して研修を活かしていきます。2日間の研修を通して、やはり実践する・行動することが全ての始まりだと改めて感じました。
 
経営企画本部 商品企画室 古川
参加を終えて感想
①「部下に対して口うるさく・細かく・しつこくなければならない」
②「お客様との関係がいかに大切なものか」
③「研修というものは、参加しまたそれを実践しなければなんの役にも立たない」の3点でした。
 
今の自分に足りていない「口うるさく・細かく・しつこく」を部下に対して行う事。自分の事を棚にあげてでも実行したいと思います。また日々のお客様との関係を再度見直し、自分がお客様のより良いパートナーとなれるよう日々努力をする事。お客様対応においては支店の中で良い見本にならなければなりません。最後に今回の研修で学んだ内容をまず部下に説明したうえで、まず整理整頓を形から習慣化し心におちるまで粘り強く・しつこく・細かくやっていこうと思います。研修ありがとうございました。
 
和歌山支店 技術部 門田
参加を終えて感想
2日間研修頂きありがとうございました。初日はクレーム事例をお聞きし、これまで自グループでも行ったことを振り返り改善できているか、次に生かせているかということを個人的に振り返りました。また午後からはポジショニングについて深掘りし、自グループのポジション、目指すべき方向性を考えました。2日目は計画書を読み、自分に改めて落とし込む 作業を行い、またグループメンバーにどう落としていくか、どう伝えどうまとめていくかを考えさせられました。30期30億へ向け、強い気もちと新たな工夫、策を立て、 達成に向け動いていきたいと思います。
 
きんそく家屋調査 岡元

30期 GS.GSJ.一般社員研修

2021年4月24日

本社3階でGS・GSJ・一般社員の研修が行われました。

研修の内容は
<奥野社長 講師>
・コロナウイルスによる社会情勢の変化について
・30期経営計画書の解説

参加を終えて感想
今回はじめて研修を受けさせていただきました。社長の経営方針を従業員全員に周知していただけるのは非常にありがたく思いました。これまで数社で勤務しましたがこのような会社は他にはありません。又、私たちの日々の業務の中でどう行動すればよいのかがわかりやすく書かれており、マニュアルがあることによって一律の対応ができ、お客様に喜んでいただけるよう導いて下さり、きんそくという会社の素晴らしさを感じました。私は中途採用であり、他の社員の皆さんからどう思われているのか不安な面もありますが新卒採用を原則としている方針の中で私を採用していただき、又教えていただきありがたく思っております。工事測量はまだわからないことが多く現場でとまどうことばかりですが、日々勉強を重ね、皆様と同じように動けるよう精進していきますのでよろしくお願い致します。
 
本社 技術部 中川
参加を終えて感想
第30期経営計画の研修を終えて事業定義、基本方針、個人方針が社長の講和により、理解が深まりました。実際に第29期の経営計画書はあまり目を通した事がありませんでした。 しかしこの30期は朝礼で皆で読み合わせ、その後リーダーが簡単な説明をグループLineに残してくれます。それを家に帰ってから、もう一度経営計画書を読み説明書きをノートに書き写しています。今日更に直接社長からのお言葉で熱い思いをお聞きし、社員全員守られていると実感しました。今、働ける環境に感謝し、これからも必要であると言われる人になれる様、努力していかなければいけないと思いました。
 
本社 技術部 本田
参加を終えて感想
会社の方針がいかに業績の命運を分ける鍵であるかということを、改めて思い知らされました。その会社の方針(社長の考え)が具体的にわかり易く示されているのが、この人を生かす経営計画書(方針編)であるということも社長はじめ役員の方々から直接解説を混じえながら実際に皆で読むことを通して実感することができました。この様に方針が具体的に明文化されて手元に形として存在することで、社員が同じ方向を向いて迷わずに進めていくことができる(ベクトルを合わせることができる)のだと思いました。全社員が同じ経営計画書、フィロソフィを持っていることで、社員同士、上司と部下、先輩後輩との間での相談事や会議、面談等、あらゆる場面でこの2冊を共通認識として話し合えるので、話もし易くなっていくと思いました。
 
本社 営業部 松野
参加を終えて感想
日々の仕事の一つ一つの小さな積み重ねが会社全体でみたときの評価につながるということを改めて実感しました。自分一人の意識の低さで、仕事の質だけでなく周りの人間にも影響を与えてしまうということを忘れず、常に強い想いを持って仕事に取り組み、色んなことを任せてもらえるような人になれるよう学んでいきたいと思いました。今回の研修で特に報連相が大切だなと思ったので、小さなことでも違和感があれば先ず報告、相談をしてから理解した上で進めていくことが大切だと感じました。何かミスがあった時も、勝手に修正するのではなく、報告してから修正する等自分のミスが自分の上司のミスになってしまう(自分じゃ責任をとれないので)ことを頭において仕事したいと思いました。社長から経営計画書の解説をしていただいたことで自分の中でフィロソフィの理解が深まりました。
 
本社 技術部 中尾
参加を終えて感想
本日は経営計画の研修でしたが、今まで受けたフィロソフィー研修と同様に人についての内容できんそくの経営は人あってこそのものだと改めて実感しました。きんそくの経営は家庭と繋がる事が多く、仕事面だけでなく、生活面でも大変勉強になりました。経営に対して細かな説明や思いが自分の中では凄く伝わりました。自分の人間性を鍛え、会社の売上と個人の生活向上のために、これからも頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。
 
名古屋営業所 山崎
参加を終えて感想
社長がいかに私たちの幸せを考えてくださっているのかを改めて感じました。そんな社長に私ができることはきんそくの競争力の源泉である人間力を高めることだと思いました。そのためには知識・知恵をつけ、勉強し人としての差別化を図りたいです。社員だけでなく、社員の家族のことまで思い、考えてくださる会社のために、私も愛社精神を持ち自分の仕事に誇りを持ち成長を続けます。
 
名古屋営業所 加藤

30期 内業社員研修

2021年4月15日

本社3階で内業社員の研修が行われました。

研修の内容は
<奥野社長 講師>
・30期経営計画書の解説

参加を終えて感想
研修を受講させていただいてきたこれまでの研修よりも奥野社長の熱量は高かった。今回はきんそくを 「こうしたい!」と、具体的且つ情熱的に私たちに訴えかけられた。以前に朝会で、 経営計画書は従業員が未来を描けられるワクワクするものに、との旨を仰られていたが、 まさにその通りだと感じられた。きんそくの目指す、お客様のベストパートナーとはどういうものか、考えさせられた。いかにお客様の心に響く魅力を醸成できるか。この魅力は目に見えるものではない。けれども、何かを人に依頼しようとする時にどういう人にお願いをしたいか、その人に何を求めるか、と逆の立場になる目線が糸口だと思った。日々の業務もこの目線を意識したい。
 
本社 技術部 玉田
参加を終えて感想
初めて研修を受けさせていただきました。きんそくの経営方針がとても良く解りました。これから業務を行っていく中で生かしていけるよう努力したいと思います。お話していただいた内容は、これまでの会社員生活の日々にも当り前の事としてありましたが、きちんと実行できていたのか自信がありません。今回の研修を受講し、再確認することが出来ました。明日から、研修内容を心に思いながら仕事、生活をすごしたいと思います。
 
本社 技術部 米倉

参加を終えて感想
経営理念や社員、環境に関する細かな部分までが経営計画書内に書かれていることで安心感を持って仕事に取り組むことができます。私は今まで何社かに勤めましたが、ここまで細かく書かれている経営計画書に出会ったことはなく、言葉や文字にしてもらえることが、これほどまでに心に響くものなのかと改めて感じることができました。特に環境整備については、頭では分かっていることでも、ひとつひとつを読み込むと、なかなか実践できていないものが多く、「あ!!これはそうすべき事だったのか」と自分の行動を見直すことも出来ました。管理部は直接お客様と関わりながらお仕事をさせていただく事は少ないですが、電話応対は会社の看板だと思いながらこれからも丁寧に応対しようと思います。
 
本社 管理部 関根
参加を終えて感想
会社が何のために生まれ、存在しているかが書かれているのが経営理念だという内容が印象に残りました。今回の研修でその内容を一つ一つ教えて頂けたことで、毎日の朝礼の唱和する時の心持ちも変わってくるように感じます。環境整備に関する方針では、改めてチェックしてみると出来ていない事が多くありました。まずは自分で決めた3つの事柄を真険に取り組みたいと思います。行動することで習慣になるように努めたいと思いました。
 
和歌山支店 技術部 榎本

30期 29期生研修

2021年4月3日

本社3階で29期生の研修が行われました。

研修の内容は
<奥野社長 講師>
・30期経営計画書の解説

参加を終えて感想
今回は奥野社長に30期の経営計画についての研修を受けました。以前に比べて数字を絡めた売上や経営に特化した内容であると感じました。お客様との関係性について「お客様のベストパートナー」になる、「ファーストコールカンパニー」になるという顧客確保についてのお話がありましたが、以前現場にてお客様より「どの測量屋を呼ぼうか迷っていた。先輩に相談したらきんそくさんを進められたので呼んだ」と言われた時、お客様の中でリピートが受け継がれていくのを身近に感じる事が出来ました。クレームの処理についてのお話もありましたが、まずはクレームが出てしまう事、事体を無くすため、現場で出来る限りのチェックをするべきであると考えました。環境整備に関しても仕事場だけでなく、現場へ向かう車の中も整理整頓して、気持ちよく働けるように環境をつくっていこうと思いました。それを習慣化することの大切さも理解出来たのでこれからは意識して行動しようと思います。
 
本社 技術部 中村
参加を終えて感想
本日社長から30期の経営計画書についてご講話いただき、新しく30期がはじまり2年目として新たに目指すべき所を明示されたように思う。特に、未来に向けた売上を上げていく為の戦略や多様な働き方を推進し、中長期にわたって働くことができる環境作り等の試みについても知った。又、経営計画書に基づいて将来を作り上げていくのと同時に、報連相の徹底やクレームの対応がお客様との関係を築く上で、最も大切な事柄であり、会社を大きくする為の根本であると理解できた。ベストパートナーやフィロソフィにもある、お客様第一主義という言葉にも強い説得力を感じ、お客様への感謝と共により一層の技術としての価値を提供しなければならないと意識を高めようと思うに致った。この経営計画の自指す、目標達成に貢献できるよう、個人の目標として設計など新たな技術の習得、啓発活動として測量士補の合格を目指し、仕事面での活用に励みたいと考える。
 
本社 技術部 濱田

参加を終えて感想
私は最近班長として現場へ行きお客様と直接話をし要望を聞く機会が増えてきたのですがお客様が何を求めているのか、何を重要視しているのかそれによってどのような作業が
必要で不必要なのか、同じ作業内容でもまったく効率や結果が変わってきます。お客様とはもちろんのこと、上司ともより報・連・相・打・根を密にとることが仕事の成否に大きく直結し非常に大切なことであるということが改めて再認識することができました。これからも現場へ出る上でお客様からクレーム等とうけることがあるかと思いますが、その時はまず落ち着いて謝罪し冷静に上司と報連相ができるよう心がけたいと思います。
 
本社 技術部 久保田
参加を終えて感想
本日は30期経営計画についてご指導いただきました。入社2年目になり、全員参加経営であったり、事務として人のために、仲間のためにと自ら行動できるようにしていきたいと思います。30期経営計画書に書かれている社員の未来像に近づけるように日々の業務から努力してまいりたいと思います。お客様と実際関わることは少ないですが、顧客の囲い込みのところで、電話対応であったり、郵送物に一言添えるなど、お客様との連絡、やリ取りを人切にしていきたいです。一度、お客様に急ぎの書類があるので押印してすぐに郵送してほしいと言われ、郵送したことがありました。後日お客様の方から非常に助かりました、ありがとうございました。と言われ、私としては当然のことをしただけだと思っていたのですがとても嬉しくなりました。お客様を大切にし寄り添えるような、事務としての役割を確認し、これからも努めてまいりたいと思います。
 
和歌山支店 営業部 村田

30期 GL研修

2021年3月27日

本社3階でGL研修が行われました。

研修の内容は
<奥野社長 講師>
・30期経営計画書の解説

参加を終えて感想
「言葉はなるべく多く書き留めること。貯金し、そして使うこと」 とありました。上司が100くらいでやっと部下は50くらいなので、我々が50くらいでは部下の理解度はゼロに等しく、これではベクトルを合わすことなど到底不可能です。我々GLは、3月のうちに2回、奥野社長より直接経営計画書についての学びの機会を頂いたので、いち早く部下に伝えていかなければならないと思いました。ただ目を通すだけ、読み上げるだけでは、文字として認識するだけで本当の理解にはならないので、今日学んだように、”魂”を込め伝える努力をすることが必要だと感じまた。4月からは新入社員も1名入ってくるので、ぜひ朝礼やグループミーティングで実践したいと思います。また、今後の働き方の改善、生産性の向上のため、在宅ワークや業務委託など、新たな事業展開に向け課題を与えていただいておりますが、それはただ売上を上げるためではなく、売上が上がることで会社が成長・発展し、高給与の実現と未来への投資により、従業員全体が幸福になり活気ある職場になるのだということを念頭に、今後の事業を改善、構築していきます。
 
本社 技術部 濱野
参加を終えて感想
研修の冒頭であった、「GLは会社の上から数えて28番目の人間」、「GLがきんそくの顔」という言葉に、改めて自分に与えられている役割に対して、再認識させて頂きました。GLは社長の言葉を部下に伝えなければなりまん。その為には、私自身経営計画書の内容をもっと学ぶ必要があります。ただ知識を入れるだけではなく、そこに魂を入れないといけません。ラーニングピラミッドでもある通り、他の人に教えるということが私自身も学べる一番の方法なので、実戦していく必要があります。営業マンとして、会社として、お客様にとってのファーストコールカンパニーにならないといけません。30年間積み上げてきた関係性を守るだけでなく、より深く、また多くのお客様との繋がりを課題としていきたいと思います。
 
本社 営業部 木村

参加を終えて感想
今回、社長に30期の経営計画について説明して頂き感じた事は、非常に内容が具体的となっていて、わかり易く、自らが行動していく上での指針としやすくして頂いているという事です。具体的で明確になった事で、部下に対しても教育がしやすくなっていると思います。後は自分がいかに社長と同じ熱量に近付けて説明出来るかだと思うので、繰り返し読み返し自分の言葉に置き換えていきたいと見います。
 
本社 営業部 安部
参加を終えて感想
奥野社長が伝えるためには言葉が必要だと言われていましたが、実際に今日社長自身の言葉で説明をして頂くことで、話し方や気持ちを直接感じる事ができたと思います。また、今度は自分が部下に伝えていかなければならないので、今日の学び、感じた思いをしっかりと持ち帰りたいと思います。形から入って心に至る。まず形からということで、最初は奥野社長のお言葉をお借りしながら部下に伝えてきます。そうすることで、より自分の心にも浸透し、より深く自分の言葉でも伝えることができるようになっていくと思います。そして、それが部下にも伝染し部下の心も変わっていくという良い循環を産み出していきたいと思います。
 
和歌山支店 技術部 平岡
参加を終えて感想
環境整備に関する方針で、よい社風をつくることで気づく人間になる。行動(実践)を変えることで心が変わり、また行動が変化する。その繰り返しが人格を高めていく。今日からまず自分ができることから行動を変えていき、その背中を課員に見せることで、課の雰囲気を変えていこうと思います。もっと経営計画書を読み込んで課員に30期の方針とこの先の目標を伝えていきたいと思います。それから日々の清掃や自分の机周りの片付けを率先して実践していきたいと思います。新入社員も入ってきますので、責任感を持って行動していきたいと思います。
 
名古屋営業所 技術部 柘植