きんそく新聞<7月号>

☆★☆絆の会☆★☆
6月23日(日)に、京都 ホテルルビノ堀川 で第1回「絆の会」が、開催されました。
「絆の会」とは、本社、和歌山支店、名古屋営業所、全従業員が集まってもっとお互いの絆を深めよう!
というのが、趣旨の会で、なんと総勢108名が一同に集まりました!!
内容盛りだくさんだった、この会の様子を今回は、お伝え致します!
会社、22周年にして、初のビッグイベント☆☆

初めてのイベントにみなさん、胸が高まります!

これから、一体何が始まるのでしょうか!?
10:00前、まだかまだかと会が始まるのを待つ面々・・・・

こんなに大人数が集まるのは、初めてなので、みなさん少々緊張気味の様子です。

「ワクワク・・・ソワソワ」

「まだかなぁ~」
午前の部の司会はこの人!
和歌山支店の橋本支店長です!

少し、こちらも緊張気味の様子。


さぁ!いよいよ幕開けです(^^)
「みなさん、今回はお集まりいただきまして、ありがとうございます。

この会を通じて、きんそくのこと、働いているみなさんのことを

深く知り、更なるきんそくの成長に繋がる会にしましょう!

それでは、まずは、社長に登壇していただきます!」
奥野社長のご登場です!

会社の創業時の苦労話や、これまでのきんそくの歴史をたくさん

お話ししていただけました。

若かりし頃の姿に、奥野社長自身も、「懐かしいなぁー」

と、感慨深げにお話しをされていました。
初めは、たった2人で作りあげた「近畿測量」。 たくさんのご苦労と、奥野社長の強い意志で、徐々に、会社は成長を遂げていき、 今では、従業員数150人を超える会社に。 和歌山や名古屋にも、会社を進出させていき、業務もどんどん拡大していきました。 業務は拡大していても、サービスの質は落とさない!クレドにもあるように、 顧客満足を第一に考えるからこそ、きんそくはたくさんの方々から、お声を掛けていただいているのです。 これからのきんそくを支えるのは、従業員全員の強い”絆”であるということを認識し、 もっと多くのお客様に喜んでいただける会社を目指していきましょう! そして、この先10年、20年と会社が成長していきますように、みなさんの力で頑張っていきましょう!



この会場にいた全員の心に深く残るお話でした。 ありがとうございました。
なんと、サプライズで、奥野社長と山田室長へ奥野ファミリーから花束の贈呈がありました! とても、嬉しそうな山田室長、涙目の奥野社長。相反する2人の表情にご注目っ!!
そして、田中技術本部長からは、今までのきんそくと、これからのきんそくのヴィジョンを、パワーポイントを使って詳しく解説してもらいました。 今までも、順調に業績を伸ばしてきたきんそくですが、これからは、インフラ整備等の政府予算が拡大することや、 バブル期に作られた橋・トンネル・道路が劣化したことによる、修繕工事の増加により、外部環境の視点からみても、今まで以上にたくさんのチャンスがあるとのこと。 その分、今までと同じシステムでは、環境に追いつかない・・・・・その為、きんそくではこれからの為に、 新たなスタッフ戦略や、新たな技術継承制度、成熟した技術を持った人材の確保・育成、と具体的な内容を分かりやすく、伝えていただきました。 新入社員でも、すごく分かりやすい説明でした。どんなときでも、受け身ではなく、向上心を持ち続けながら、攻めることを考え、更なる発展を望む・・・ みんなのベクトルが一致した瞬間でした。
次は、グループリーダー・拠点長プレゼンです。 きんそくが誇る9人のリーダーに、質疑応答型で、 仕事をする上で大切にしてることや、様々なことを、お話していただきました。 まずは、伊藤取締役からです☆ 顧客満足に加えて、お客様目線に立ち、完璧な技術を常に提供する。 何を望み、どれがベストなのか。お客様の目線に立ったときに、はじめて顧客との 人間関係が、信頼関係に代わっていく。 お客様のことを第一に考えること、それこそが、きんそくの発展に貢献しているんですね!
2番手は、技術1課を率いる竹内次長です! 創業当初から、きんそくで働かれていた、竹内次長。 奥野社長と共に過ごした時間が礎となり、今の自分がいる。 そこで学んだことや、20年で培ってきた技術力を、多くの後輩に教えていき、 経験値を積み重ねていき、確かな組織力をつけていきたいと思う。 技術者でありながら、誰よりもきんそくでの経験が長いこともあり、多くの人を 指導・育成し、これからのきんそくを礎を築きあげて下さい。
次は、技術2課を率いる福田GLです☆ まだまだ、自分自身も日々成長していかなければならない。 コミュニケーションを積極的にとることで、お客様が望むことを見極める力がつく。 そのことが信頼関係を生み出す。また、社内においても、コミュニケーションをたくさんとり、 全員一致の考えで、柔軟性のある組織を作っていく。 仕事をする上で重要なのは、高い技術力だけではだめで、たくさんの意思疎通をすることにより、 お客様や、社内の人間との信頼関係を、築きあげていくことを教えていただきました。
次は技術3課を率いる荻GLです☆ 若い従業員は、元気でエネルギーがあり、多くの技術を吸収していく。 中枢の人間は、実行部隊となり、多くの現場に貢献する。 熟練の人間は、知恵を出して、若手を育成する。 それぞれの得意分野を活かして、まとまりのある集団を作り、みんなが、 この会社で働いて良かったと思えるような組織にする。 荻さんのたくましいリーダーシップに共感するからこそ、多くの人に支持されているんですね!
次は、技術4課を率いる土本GLです☆ 大切なのは技術の質である。それを常備して、お客様のニーズに答えながら、カスタマイズをし、 そのときに合った最適の技術を提供することが他社との差別化に繋がる。 また、拠点の地質・シーエムグループが孤立しないように、月1の会議で、コミュニケーションを取り、 アドバイスや提案を行っている。1人ではなく全員がスペシャリストになる集団を作っていきたい! と熱く語っていただきました。
続きまして、技術5課を率いる河辺GLです☆ 若手から、技術に長けた人間まで、様々な人がいるチームである。 技術懇談会を開催。お互いの技術をぶつけあう場で、若手は多くの知識を吸収して自分のものにして欲しい。 後輩にもそれを継承していき、スピードを活かした技術の提供が出来る環境にしていく。 また、本社だけではなく、設計グループを各拠点にも配置して、 より多くのお客様に納得していただける技術を提供していきたい。 優しい顔の裏には、熱い情熱が宿っていました!
次は営業本部長の今中部長です! きんそくの営業はただのモノを売るのではなく、付加価値を付けたサービスを提供する。 損徳感情だけで動くのではない。何にしても第一印象が大切! その為には、相手に価値観や人間性を見極める、洞察力が必要になる。 そして、技術と営業が持ち帰ってきた知識を融合して、きんそくのサービスに変えてお客様に提供していく。 人間力こそが、営業力に繋がり、きんそくの発展にも繋がっているのです。
続きまして、司会もこなす和歌山支店の橋本支店長です☆ 仕事を始めてから1番大切にしている言葉は、「温故知新」である。 ずっと、和歌山で頑張ってこられた大西前支店長から、良い所を 吸収し、若手からは、本気でぶつかってくる分、自分自身も本気で、 丁寧に、そして素直に答えるようにしている。 そうした環境の中、全員が持ち場や立場を明確にして一人1人がエンジンを持って 動ける組織を作っていきたい。 そこから、相乗効果を伸ばしていき、組織の中で競争できる環境に発展していく。 和歌山支店が勝ち続けている理由が、分かった気がします!
最後は、名古屋を率いる辻次長ですっ!! 名古屋は、個性的な人が多く、いつもたくさん、刺激をもらいながら、働いている。 お客様から、「きんそくは、仕事を受ける姿勢が低姿勢で、いつも自分たちの方を 向いて、仕事をしてくれる」と喜んでもらえる。 そう言っていただけるお客様をどんどん増やし、「困ったときにはきんそくやな!」 と言っていただけるように、これからも、お客様に寄り添った仕事をしていきたい。
9人に共通して出てきた言葉は、いつもお客様のことを考えた「顧客満足」が根底にあるということ。
きんそくはお客様第一主義で、丁寧な仕事を行います!いつでもご依頼下さい!!


そして、ここで午前の部が終了。

少し休憩をはさみまして・・・・午後の部から、写真も明るくなります!笑
まだかな、まだかなぁ~ 早く飲みたい!飲み放題だぜ!!
お酒が入る午後の部は、午前の部よりも気楽にお付き合い下さいませ~♪ 午後からの司会はこのお2人ですっ!! 長谷さんと安部さんの名コンビ! 先輩、安部さんの方が固い表情になっておりますが、午後は新入社員のイベントや、 サプライズ企画ありと、こちらも内容盛りだくさんでお送りしますので、お2人、 宜しくお願いしますっ! それでは、はじまりはじまり・・・・
まずは、山田室長より、乾杯の挨拶をいただきます。

みなさん、大変お待たせ致しました! ”絆”をより深めていき、新たなるきんそくへ向けて 乾杯!!!!
ビール片手に、満足気な北村親分☆彡 普段中々顔を合わすことのないメンバーもたくさんいるので、 どの席からもたくさんの話し声、笑い声が聞こえてきました! お酒を飲んだら、普段無口なあの人が大声で笑っていたりと、 新しい発見がたくさん生まれました☆★☆ そんな中、中々お酒が進まない一向が・・・・・・・・・・・・・・・ これから、出し物をする新入社員たちは、緊張でいっぱいです・・・・・ なぜなら、1回も全員が揃って、練習したことがないまま、   本番を迎えるからです!さぁ!何が起こるのか分からない新入社員プレゼンツ、 劇「きんそくの1日」 をお楽しみ下さい。
とある日、きんそく本社にて、たくさんの注文依頼の電話が舞い込んでいます。 もう、この日はてんやわんや。 元阪神、今岡のユニフォームを着て、今中部長のものまねをしているのは、なんと女子です! 普段声が小さめの西方さんは、この日はせいいっぱいの大声で今中部長になりきっていました。 そんな中、本社だけでは人が足りなくなり、急きょ、支店から応援に来てもらうことになりました。
奥野社長のものまねをしているのは、田中くんです。そして和歌山の水口くんは本人役。

社「おはよう!あれ?自分珍しいな!」 水「そうなんですよ。本社から応援を頼まれて。」 社「そうですかぁ!気をつけて行ってらっしゃいっ!」 水「ありがとうございます!いってきます!」
そんなこんなで、和歌山だけでは人出が足りなくなり、さらには、名古屋にまでも応援依頼をし、 全員の力で、この危機を乗り切ったというお話でした。 現場に行く人が多く、ましてや、各拠点にいる人たちとは、当然中々打ち合わせ、練習する時間がないまま 本番を迎えましたが、みんなの集中力で無事劇が出来ました! 数々の無礼講があったにも関わらず、会場のみなさんが温かな目で見て下さり、 笑い声も聞こえてきたので、新入社員一同、胸を撫で下ろしていました。 きんそくアカデミー賞、最優秀女優賞はやはり、西方さんに決まりです☆★☆ たくさんの役をこなし、小道具も作ってくれた西方さんに、みなさん、盛大な拍手をっ! さて、来年の新入社員は何を見せてくれるのか・・・・・ 今から、楽しみです♪
最優秀女優賞を獲得した、西方さんと、ご本人である今中部長の貴重な2ショットですvv 今中部長も、「いやぁ~西方さん、良かったよ~~」とおっしゃていました。 西方さんも、「絶対怒られるーー」と心配していたので、安心していました。 そして、ユニフォームが西方さんから、今中部長へ手渡されました。 心が広い、今中部長! ユニフォームは何かの機会に、ご活用下さい!!
時間が経つにつれ、みなさん活発に席を離れ、思い思いの時間を過ごされています。 午前の部で大活躍だった、福田GL.、竹内次長、田中部長です。 3人とも少年のような、いい笑顔です!
ここの席もたくさんの人に囲まれていました。 伊藤取締役はいつも、カメラを向けるとステキな笑顔をくださいます! あっ!司会のお2人もこんな所に!! 飲んでますかーー?
こちらは、家族と会社の”絆”を写し出した貴重な写真です! 奥野社長のご家族と竹内次長です。 なんと、奥野社長には、4姉妹の娘さんがいらっしゃるのです! 家族を大切にしているからこそ、社長として、多くの人から信頼され、 会社を束ねることが出来るのです。 奥野ファミリーに、すっかり溶け込んでいる様子の竹内次長でした!
会が盛り上がる中、和歌山の大西部長からも、お言葉をいただきました。 こんなに大勢の人が一同に集まるのは大変貴重な機会です。 だからこそ、こういう場でもっと、同じ仕事をしている仲間のことを知り、 コミュニケーションを取り、お互いのことを分かり合い、 仕事へと繋げていきましょう。 来年、この会が開かれている頃には、今年よりも成長した会社になっていることを信じています!! 話し上手な大西部長からでした!
そして、会のプログラムもそろそろ終盤を迎えました。 伊藤取締役より、締めの挨拶をしていただきます。 今日は、こんなに大勢の人が集まって下さり、ありがとうございます。 今日1日、色んなプログラムがありましたが、いよいよ最後になります。 これまでのきんそくと、これからのきんそく。両方のきんそくをみなさん、 知ることが出来たと思います。これからのきんそくの更なる発展には、全従業員が、 向上心を持ちながら、同じ目標に進むしかありません。この会を通じてできた”絆”が 決して絶えることのないように、今まで以上に頑張っていきましょう!!!!
そして、”絆の会”ラストは、新入社員と2年目社員が前に出て、 今回の会のテーマ曲、「明日があるさ」を全員で合唱しました♪ 長かったこの記事もついに最後です。 お付き合い下さいまして、ありがとうございました! 少しは、この会の意義や、きんそくの昔、今、未来をお伝えできたでしょうか?! 若手から、ベテランまで。多くの人間がきんそくを作っています。 きんそくの事業はすべてお客様の為にあります。 会社の成長が、社会貢献に繋がることを信じて、 これから、何十年先も、近畿測量は歩み続けていきます。 さぁ、来年はどんな会になるのでしょうか?! 1年後、新たに成長した姿でまた再会できるように、 切磋琢磨しながら、頑張っていきましょう! また来年~~~☆彡
2013年07月09日/記者:業務部
きんそく新聞
2013年07月
●発行元:近畿測量株式会社●編集責任者(管理人):大﨏
皆でがんばろう日本 台風にも負けず 地震にも負けず
詠み人:営業部