きんそく新聞<2月号>

☆和歌山安全☆
本年度も残すところあとわずかとなり、皆様お忙しくされているのではないでしょうか?

建設業界も例外ではなく「年度末の工期に向けてラストスパート!」という現場が多く、
ありがたいことに弊社も充実した日々をすごさせて頂いております。

しかし、多忙になってくるとどうしても注意力が散漫になったり、体調を崩してしまうのも事実。
そこで弊社和歌山支店では、改めて「安全」とは何か全員で考える場を設けました。



本社より、安全品質管理室の中島室長、田中技術部長、今中営業部長を招き、
きんそくマンとして持つべき安全意識を指導いただきました。
経験豊富な中島室長の話には、
若い社員が思いもよらないような危険もあります。


中島室長『現場には「安全」という文字はあっても安全はない。 「危険」という文字は無くても危険はたくさんある。
最後に田中部長より激励のお言葉を頂き、社員一同、より一層安全を意識することを誓いました。
2013年02月13日/記者:業務部
きんそく新聞
2013年02月
●発行元:近畿測量株式会社●編集責任者(管理人):大﨏
皆でがんばろう日本 台風にも負けず 地震にも負けず
詠み人:営業部