27期 11月の朝会

2018.11.05

27期11月の朝会です。

奥野社長からお言葉を頂きました。まずは10月の行事の振り返りです。10月は”全社営業強化合宿” “外業社員の研修”があり、毎回参加して頂いている方から沢山学ばせて頂き、また頑張ろうという力をもらっています。明日から内定式があるので”きんそく”の考え方を一生懸命伝えてきたいと思います。

11月テーマ
「本音でぶつかれ」

責任をもって仕事をやり遂げていくためには、仕事に関係している人々が、お互いに気づいた欠点や問題点を遠慮なく指摘しあうことが必要です。ものごとを「なあなあ」で済まさずに、絶えず「何が正しいか」に基づいて本音で真剣に議論していかなければなりません。欠点や問題点に気づいていながら、嫌われるのを恐れるあまり、それらを指摘せずに和を保とうとするのは大きな間違いです。ときには激しく議論してでも、勇気をもってお互いの考えをぶつけ合っていくことが大切です。こうした中から、本当の意味でお互いの信頼関係も生まれ、より良い仕事ができるようになるのです。

ただし、本音丸出しで議論をするにしても、ルールがあります。まず、相手の欠点をあげつらったり、足を引っ張り合うようなことでは当然いけません。たとえそれが事実であっても、そのような言動は御法度です。必ず「みんなのためによかれ」ということに立脚した本音でなければならず。建設的でポジティブな議論でなければなりません。そのような議論であれば、必ずと言っていいくらい創造的な結論にたどり着けるはずです。
 
「本音でぶつかれ」は全員参加経営するにあたりとても大切なことです。人間関係がないとただのケンカになってしまいます。伝えるためには信頼関係が必要です。”きんそく”ではその信頼関係のベースを創るために「フィロソフィ研修」「コンパ」「きんそくバースディ」「木鶏会」「社員旅行」などがあります。これらを利用して人間関係を醸成して頂き、立派な企業を目指していきたいと思います。

朝晩の気温差が厳しくなってきました。体調に気を付けていただき11月も明るく元気に頑張っていきましょう!