27期 7月の朝会

2018.07.05

27期7月の朝会です。

はじめに奥野社長からきんそくの近況報告を頂きました。月1回の朝会は社長の言葉で会社の動きを知り、従業員みんなが情報を共有することができる貴重な場所です。

27期に入ってフィロソフィ研修等で学ぶ機会が沢山あります。その時間を有効活用して頂き、研修で学んだ事を会社の仲間や家族、友人に伝えて欲しいです。「学ぶ」ことは新入社員、「実践」することは並の人、「伝える」ことはリーダーの役割です。どんな場所でも良い、皆さんがリーダーとなって伝えて下さい。学んだ事をポジティブな言葉で周りの人や次の世代へ”恩送り”して下さい。全員できんそくを明るく!日本を明るくして行きましょう!

7月テーマ
「能力を未来進行形でとらえる」

新たな目標を立てるときは、あえて自分の能力以上のものを設定しなければなりません。今はとてもできそうもないと思われる高い目標を、未来の一点で達成するということを決めてしまうのです。そして、その一点にターゲットを合わせ、現在の自分の能力を、その目標に対応できるようになるまで高める方法を考えるのです。現在の能力をもって、できる、できないと言うことは誰でもすることです。しかし、それでは新しいことや、より高い目標を達成することなどできるはずはありません。今できないものをなんとしても成し遂げようとすることからしか高い目標を達成することはできないのです。

まず出来ると”決める”そしてその方法を考える。絶対出来ると”決めて”それを”信じる”ことがとても大切です。物事は未来進行形でとらえないと地味な努力はできません。未来を信じて、日々出来ることをプラスする。それが1年で365個できるようになり、それが1年の評価となり、きんそくの評価となります。『きんそくは成長発展する!30期30億達成する!』と”信じる”。そして日々意識して自分の出来ることをプラスし地味な努力を続け、高い目標を達成しましょう。
7月も明るく元気に頑張っていきましょう!