第32回 社内木鶏会 開催

2018年8月20日
第32回 社内木鶏会 テーマ「変革する」

今月の『致知』特集のテーマは「変革する」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第32回きんそく社内木鶏会のスタートです。

 
本社技術部 生産性向上G 喜多村さんの参加レポートです。

第32回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:かくてJALは甦った

なぜ、成功する確率はほぼゼロといわれる中でJALは甦ったのか。それは稲盛会長の本気と愛情が社員に伝わったからだと思いました。上辺だけではなく言葉に力があり、人をかえる力がある。”他人と過去は変えられない”と言うが、稲盛会長はそれを可能にする人ではないかとさえ思ってしまった。そして誰よりもJALという会社を愛し、JALの社員を愛する。変革を実現する上で深い愛情は必要不可欠だと思いました。
きんそくに入ってからもたくさんの変革がありました。フィロソフィ、アメーバ経営、リーダー教育、木鶏会等、新しくなにかをはじめる度に奥野社長の本気が伝わってきました。「これをやりなさい」と口だけの人は沢山います。それでは長く続きません。次第に手を抜きます。しかし、私が思う”きんそく”のすごいところは、社長はじめ上司、リーダーのみなさん全員が誰よりも「本気」になって取り組んでいることです。その姿をみて私たちも頑張らなきゃ!と思い力が入ります。
会社は常に変わり続けなければ生き残れません。”きんそく”も変革を通じて、世のため人のために役立つ企業になれるよう成長発展していかなければなりません。その中で自分がなにで”きんそく”に貢献できるかを追求し続けていきたいと思いました。

本社 管理部 (きんそく入社10年3ヶ月)

第31回 社内木鶏会 開催

2018年7月11日
第31回 社内木鶏会 テーマ「人間の花」

今月の『致知』特集のテーマは「人間の花」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第31回きんそく社内木鶏会のスタートです。

 

本社技術部 設計グループ 山下さんの参加レポートです。

第31回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:人間の花

今回の特集を読み、今自分自身に感じていた焦りが少し和らいだ気がした。社会人として2年目の年も数ヶ月経ち、更に成長しなくてはという想いが日々積もっていくことを感じます。自分自身の成長、社会においての立場、先輩としての振る舞い、昨年の自分では全く思いも至らなかった沢山の責任や新しい事に、行動以上に焦りが先行し、上手くいかない、それぞれの立場で活躍する同期を見て自分が不甲斐なく感じる日々が続いていました。そんな自分から脱したく目に見えるもの全てに手を伸ばしていたように感じます。もちろん沢山の仕事が出来れば良いとは思いますが、今の自分にとってそれは「懐の蒸れ」に当たることだなと思いました。「あれもこれも」ではなく「あれに挑戦しよう、出来るようになろう」という一つずつ大きな木の幹を育てることの大切さをすっかり忘れていたなと反省しました。先輩方に与えられた苗を1年目で植え、沢山の知識という栄養を頂き、2年目の今、少し成長した苗木を守りじっくり育てるために、地道に努力を続けていきたいと思う。

本社 技術部 生産性向上G (きんそく入社1年3ヶ月)

第30回 社内木鶏会 開催

2018年6月15日
第30回 社内木鶏会 テーマ「父と子」

記念すべき30回目の木鶏会です。今月の『致知』特集のテーマは「父と子」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第30回きんそく社内木鶏会のスタートです。

まず奥野社長の挨拶です。
きんそくがみんなで木鶏会をやる理由は、一人でも多くの人に”きんそくファン”になって頂く為です。その為に、1つ1つ全ての商品に魂を込めて届け、お客様がその商品を受け取った時に感動してもらわなければなりません。木鶏会を通してみなさんの人間性を高め、その人間力をお客様に届け感動してもらいたいのです。その思いをもって皆さんに木鶏会をして頂きたいと思います。
今日も元気に明るくお願いします!
「父と子」について仲間と意見交換をします。自分自身が父親である人、自分の父親の事を思う人など、違う立場からの話を聞くことができます。子を思う親の気持ち、親を思う子の気持ちなど目に見えないけれど、とても深い愛情を感じる事ができました。
父と子の関係は「父と子」以外にも「上司と部下」「先輩と後輩」「師匠と弟子」色んな関係に当てはまると思います。30回目の木鶏会では素晴らしい「父と子」の関係を学ぶ事ができました。

第30回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:父と子

私の父は新浪さんのお父様と似ていて、寡黙で怒ることもあまりないような父です。一年を通して1日しか休日がない新聞配達という仕事を私たち4人の子どものために、文句も言わず趣味を捨ててまで働いてきてくれました。もちろん家族全員での旅行などこれまで数回しかなく小さい頃は他の家族をうらやましがっていました。しかし、毎日早朝から雨の日も雪の日も台風が直撃していても働く父の姿はとてもカッコよく目に、心に焼きついています。口下手な父ですが、酒が入ると「もともと測量士を目指していたが父(私の祖父)が倒れて家業の新聞配達を継いだ」と何回も同じ話を聞かされました。私が測量の道に興味を示したのは父の影響がとても大きいです。父が目指したものを体験したい、道を究めたいという想いがありました。父と同じように一所懸命に仕事に取りくみ将来生まれてくるであろう自分の子どもたちにも、私の背中を見て、カッコいい、自分もこうなりたいと思ってもらえるような「誇れる父」になれるよう日々努力で仕事をしていきます。

本社 技術部 (きんそく入社1年2ヶ月)

第29回 社内木鶏会 開催

2018年5月17日
第29回 社内木鶏会 テーマ「利他に生きる」

今月の『致知』特集のテーマは「利他に生きる」です。27期3回目の木鶏会です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第29回きんそく社内木鶏会のスタートです。

まず奥野社長の挨拶です。
5月12日に致知出版社様主催、グランフロント大阪で開催された「第8回 社内木鶏全国大会in大阪」に伺い沢山学ばせて頂きました。とても素晴らしい木鶏の全国大会でした。出場企業5社による発表後に行われた来場者全員による投票の結果、感動大賞は株式会社三恒様(さんつね)が受賞されました。きんそくもあの素晴らしい舞台に立てるようにみんなで頑張りましょう。今日の木鶏会も楽しく元気に、宜しくお願いします!

本日、縁あって同じグループの仲間と感想文を読んで意見交換です。新入社員もだんだんと木鶏会の雰囲気に慣れてきましたね。みんな真剣な表情です。この後のパフォーマンスを考えているのでしょうか…
意見交換のあとはいよいよお待ちかねのパフォーマンスのお時間です。今日の感動大賞は?
どのグループも素晴らしいパフォーマンスでした。

私心、三毒(欲望・愚痴・怒り)を抑え、自分だけのことを考えて判断するのではなく、周りの人のことを思い利他の方向へ考えを持っていくことができるか。仲間の感想文や意見交換から「利他の心」の大切さを学ぶことができました。第29回きんそく社内木鶏会も大成功に終わりました。

第29回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:利他に生きる

おそらく人間は誰でも多かれ少なかれ「利他の心」は持っていると私は思っています。それは遺伝子なのか学校の教育なのかは分かりませんが、大雪の時に車が雪にはまって困っているときは見ず知らずの人達が助けてくれましたし、私も微力を尽くさせてもらいました。そのことで人の和、絆は確実に太くなったと実感しています。大雪のときはステージが限られたものでしたが、仕事において実行できればより広く人の和を作ることができうると思いました。当然、仕事ですから「利他の心」と思っていてもできることには限りがあると思います。ただ、限られた中でも自分の能力が上がればできることは増やせるかもしれません。利己的に自分が幸せになることも大切なことと思いますが、現在家族を持ち養っている身として、他の人を幸せにすることで自分も幸せになる道も大切なことであると実感しています。意識しなくても、「利他の心」で体が動くことはありますが、それをはっきり意識することでもっと大きな人の和を作ることになり、良い結果につながり得ることを感じ取りました。

北陸営業所 技術部 (きんそく入社5年1ヶ月)