第29回 社内木鶏会 開催

2018年5月17日
第29回 社内木鶏会 テーマ「利他に生きる」

今月の『致知』特集のテーマは「利他に生きる」です。27期3回目の木鶏会です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第29回きんそく社内木鶏会のスタートです。

まず奥野社長の挨拶です。
5月12日に致知出版社様主催、グランフロント大阪で開催された「第8回 社内木鶏全国大会in大阪」に伺い沢山学ばせて頂きました。とても素晴らしい木鶏の全国大会でした。出場企業5社による発表後に行われた来場者全員による投票の結果、感動大賞は株式会社三恒様(さんつね)が受賞されました。きんそくもあの素晴らしい舞台に立てるようにみんなで頑張りましょう。今日の木鶏会も楽しく元気に、宜しくお願いします!

本日、縁あって同じグループの仲間と感想文を読んで意見交換です。新入社員もだんだんと木鶏会の雰囲気に慣れてきましたね。みんな真剣な表情です。この後のパフォーマンスを考えているのでしょうか…
意見交換のあとはいよいよお待ちかねのパフォーマンスのお時間です。今日の感動大賞は?
どのグループも素晴らしいパフォーマンスでした。

私心、三毒(欲望・愚痴・怒り)を抑え、自分だけのことを考えて判断するのではなく、周りの人のことを思い利他の方向へ考えを持っていくことができるか。仲間の感想文や意見交換から「利他の心」の大切さを学ぶことができました。第29回きんそく社内木鶏会も大成功に終わりました。

第29回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:利他に生きる

おそらく人間は誰でも多かれ少なかれ「利他の心」は持っていると私は思っています。それは遺伝子なのか学校の教育なのかは分かりませんが、大雪の時に車が雪にはまって困っているときは見ず知らずの人達が助けてくれましたし、私も微力を尽くさせてもらいました。そのことで人の和、絆は確実に太くなったと実感しています。大雪のときはステージが限られたものでしたが、仕事において実行できればより広く人の和を作ることができうると思いました。当然、仕事ですから「利他の心」と思っていてもできることには限りがあると思います。ただ、限られた中でも自分の能力が上がればできることは増やせるかもしれません。利己的に自分が幸せになることも大切なことと思いますが、現在家族を持ち養っている身として、他の人を幸せにすることで自分も幸せになる道も大切なことであると実感しています。意識しなくても、「利他の心」で体が動くことはありますが、それをはっきり意識することでもっと大きな人の和を作ることになり、良い結果につながり得ることを感じ取りました。

北陸営業所 技術部 (きんそく入社5年1ヶ月)

第28回 社内木鶏会 開催

2018年4月18日
第28回 社内木鶏会 テーマ「本気 本腰 本物」

今月の『致知』特集のテーマは「本気 本腰 本物」です。
27期2回目の木鶏会です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。

それでは第28回きんそく社内木鶏会のスタートです。
↓総リード読みたい方、挙手下さい。ほぼ全員!素晴らしい。奥野社長もビックリして笑顔です。
↓グループに分かれて、仲間の感想文を熱心に聞きます。上司の本気、部下の本腰、先輩の本物、後輩の本気等を聞くことができる貴重な時間です。
意見交換の後は、グループのパフォーマンスも考えて下さいね。山田副社長は余裕の笑顔ですね。

司会「はい、時間です。皆さん、前を向いて下さい。グループで意見交換は終わりましたでしょうか。前を向いてくださーい。1グループだけ前を向きませんね…」





山田副社長グループ、時間が足りなかったみたいですね。

 

 

↓今日の選ばれし2名の推薦感想文発表「本気 本腰 本物」を全員で聞きます。
地味な努力を積み重ね、”本物”になれるよう何事にも”本気”で、明るく前向きに取り組んでいきましょう。
第28回きんそく社内木鶏会も大成功に終わりました。

第28回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:本気 本腰 本物

世界一(日本一)になりたい。なるためにはどうしたらよいかということを語り合っておられた。その中に今までの木鶏会等でも度々取り上げられていると思いますが、勝負の世界では「勝ちたい気持ち」をしっかり持ち、本気で思うことである。もう一つは、新たに「片付ける」ということである。「汚い」とか「汚れている」と気付けない人達が、自分達のチームの問題に気付けるはずがない。その通りだと感じました。整理されていないと汚れていてもわからない。いつもきれいな状態にしているからその変化に気付けるということである。私が携わっている業務は官公庁発注物件を落札することである。会社全体でみてみると受注額は多くない。しかし、30期30億を目指すとなると、官公庁からの受注増は欠かせないものだと信じています。また日本一の建設コンサルタントを目指す上でも必要です。普段から身のまわりはもちろんのこと、心、頭の中をしっかり整理し、周りの変化に気付き、しっかりと対応していかなければならない。変化に気付けるようになれば、落札したい業務が落札できるようになるであろうし、そうなることで受注額も増となる。普段から変化に気付けることが大切で、常に強く意識して行動していきたい。

本社営業部 (きんそく入社2年2ヶ月)

第27回 社内木鶏会 開催

2018年3月28日
第27回 社内木鶏会 テーマ「天 我が材を生ずる 必ず用あり」

今月の『致知』特集のテーマは「天 我が材を生ずる 必ず用あり」です。
新入社員にとって初めての木鶏会です。木鶏会って、どんな事をするんだろう?
↓まずは山田副社長から開会の挨拶です!
次、総リード読みたい方は挙手をお願いします。”ハイ!””ハイ!””ハイ!””ハーイ!”
↓各グループ、先輩社員から新入社員へ木鶏会の流れを説明します。↓みんなの前で自分の感想文を発表する選ばれし2人は新入社員です。
そして各グループのリーダーも8人中5人が新入社員です。パフォーマンスも全力です!!最後に締めの挨拶です。
新入社員から、木鶏会がこんなに楽しいものだとは思わなかったと嬉しい言葉もありました。

第27回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:天 我が材を生ずる 必ず用あり

今回の特集を読み、私がきんそくで持つ役割・使命とは一体何なのか改めて考えました。入社から一年経った今、新入社員という括りも無くなり、ますますこの会社で自分の使命は何か考え、またこの一年先輩方に与えていただいた知識や技術の蔵を開く時が来たのだと実感します。去年の今くらいの頃、立派に会社の一員として働く先輩方を見て、自分は同じ様に役割を果たすことが出来るようになるのだろうかと大きな不安を感じていました。今では立派にとはまだ言えないですが、自分の売り上げが一年前の何倍にもなったこと、少しずつお客様と技術的なお話もできるようになってきたこと、日々の何気ないことで自分自身の成長を感じることが出来ます。そして、4月からは私にとって初めての後輩が2人も同じ課の仲間になってくれます。それを聞いた時、嬉しさと同時に、同じ技術事務という立場で入社している唯一の存在として、彼女らの悩みや不安を誰よりも理解し、今後、技術事務社員の仕事や立場を確立させることが30期30億を目指すきんそくに私が与えられた立場なのだと思いました。

本社技術部 生産性向上G
(きんそく入社1年)

第26回 社内木鶏会 開催

2018年2月13日
第26回 社内木鶏会 テーマ「活気応変」

今月の『致知』特集のテーマは「活気応変」です。各グループ「活気応変」について話し合いました。
今、建設業界は大きな変革期に入っています。オリンピック需要、大型プロジェクトに下支えされ、少子高齢化、働き方改革などにより、きんそくも大変革を迫られています。その変化の機を逃さずこれからも目標にむかってきんそくグループ一同、頑張っていきましょう!

第26回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:ドラッガーに学ぶ経営の法則

私が初めてドラッガーを知ったのは「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら」を読んだ時でした。印象的だったのは野球部のそれぞれ個人が「何を望んでいるか」を聞きだし、その人の満足度を高める作業をするということを主人公が行うことでした。話はテーマに戻り、非常に納得した所は「マネジメントは分担する」という所です。しかしトップ1人が優秀でも一緒にやっていく人間が優秀でないとちぐはぐになるし、ましてやベクトルが合っていないと全然違う結果になり、思ったように伸びません。フィロソフィは会社の目的を上手に従業員ひとりひとりに伝えているのだなと改めて感じました。
私はこの仕事は何を目的としているのか?がわからないとなかなか上手に仕事に取り組めません。単なるパートが目的なんかいいから言われた通りに作業しろ、言われていたとしたら私はきっと満足の行く成果は出せません。今は明確な目的のある仕事をさせて頂いて、そのおかげ様で多少の困難も乗り越えられました。これからも目的を持ち、意欲的に働いて行ければと思いました。

本社技術部 ICT推進事業課
(きんそく入社3年9ヶ月)

第25回 社内木鶏会 開催

2018年1月22日
第25回 社内木鶏会 テーマ「仕事と人生」

今月の『致知』特集のテーマは「仕事と人生」です。各グループ「仕事と人生」について話し合いました。2018年最初の木鶏会も大いに盛り上がり、終始笑顔の絶えない時間を社員みんなで過ごすことができました。

木鶏会の後に『従業員満足推進課』の西村さんを筆頭に管理部のメンバーが鏡開きとして”ぜんざい”を振る舞ってくれました。お腹も心も満たされました。ごちそうさまでした!

第25回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:仕事と人生

学校を卒業し、いよいよ我が子を社会へ送り出す時期、親仲間の人と話をした時のことを思い出します。子どもの成長過程、親は物事の善悪、忍耐すること、協調すること、安きに流されないことなど、各家庭で精一杯教えてきたつもりです。しかし、まだまだ社会で生きていく力がついたのか不安に思うものです。そのような時ある方が「大丈夫。自分も含めてみんな今の自分は社会、会社、仕事に育ててもらった」と言われた事です。目の前がパアーッと明るくなりました。採用していただいた会社に委ね、お任せし、育てていただこう。その中で自分で考え、忍耐し、学んでいけばよい。そのために今の私に出来ることは、毎日自分自身働く姿を見せること。弱音を吐かず、会社でも家でもやるべき事はやりとげる姿を見せること。私自身も会社に仕事に社会に育てていただいているのです。「自らの仕事に無心に打ち込むとき、人間はいつの間にか成長している」という言葉。そして総リードの最後の言葉「時代は変わっても、自分の全身全霊を捧げるとこをに人生の真の幸福は与えられる」子どもと共に、私も成長しつづけなければと強く思いました。

本社営業部 営業事務
(きんそく入社10ヶ月)