第36回 社内木鶏会 開催

2018年12月13日
第36回 社内木鶏会 テーマ「古典力入門」

今月の『致知』特集のテーマは「古典力入門」です。古典と歴史と人物から学び、共に心を高め合う場としましょう。それでは第36回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
(学び、印象、気付き等)

読み書き計算の徹底反復。
これは勉強に限らず全てに当てはまることで、毎日少しづつの積み重ねてきた経験を身に付けることが大切だと感じました。

2.社内外に伝えたいこと
今回で第36回、丸3年続けてきた木鶏会です!
これからも毎月コツコツ積み重ね、5年、10年と続けます!

3.参加した際の仲間の様子
(雰囲気、感じたこと等)

人の考えや意見を聞くことで、自分には無かった考えや経験を知り幅広い視野を持つ良いきっかけとなりました。賑やかで楽しく素晴らしい時間でした。

参加レポート
本社技術部 技術2課ICTグループ 渋谷

第36回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:『人生を導いてくれた古典の教え』

温故知新という言葉がある。古い事を訪ね求め、そこから新しい知識、考えを導くことである。古来、人は昔の人から多くを学んできた。四字熟語、臥薪嘗胆【がしんしょうたん】や呉越同舟【ごえつどうしゅう】などはその典型であろう。中には管仲・楽毅・孫子の兵法書など、昔の武将や兵法書からビジネスに結び付けるなど多岐にわたる。
話は変わって、ここ1、2ヶ月の間に似たようなクレームが2件ほど発生した。どちらもクレームもダブルチェックをしっかりしていれば問題なく防げた事象であった。きんそくは今年で27期。この27年の間にはいろんな失敗や経験が蓄積されている。これも一つの古典であろう。きんそくルールブックや品質十訓などもその経験やノウハウを活かしたモノである。伊達に27年を積み上げてきたわけではないと思う。そして現在、私たちに求められているのは、そのきんそく古典を後人に教え、同じ轍を踏まない踏ませないようにすることだと思う。

本社 技術部
(きんそく入社6年4ヶ月)

第35回 社内木鶏会 拠点

第35回 社内木鶏会 テーマ「自己を丹誠する」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは名古屋営業所、北陸営業所、きんそく建築測量です。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

「経験を積めば積む程、ネガティブな考えは減っていき、どうすれば解決できるのかというポジティブな考え方しかしなくなる」という考えを聞いて私自身も知らずのうちにそういった傾向になっていたのだなという点に気付きがあったが、10年20年と重ねられた学びが反映された意見から、自分に足りていないものが浮き彫りになった。先をみすえることも大切だが、一つ一つ成長に必要な目標を達成することも大切だと仲間の意見から学びがあった。

 
2.社内外に伝えたいこと
自己を成長させるとは言うが、決して利己的なものではなく周囲にあるもの全ての感謝の気持ちがあってこそ成り立つものであるということ。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

賑やかな雰囲気でありながらも、皆が真摯な姿勢で自身の至らない点、今後の課題について考えていた。何事も学びに繋げていくという今回のテーマが活かされていると感じた。
 
参加レポート
 名古屋営業所 技術部 半田

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

今の現状に満足することなく丹誠し続けること、言葉にするのは簡単ですがそれを実践することの難しさを今、ようやく分かりかけてきました。意識を強く持って心掛けていきたいです。

 
2.社内外に伝えたいこと
北陸営業所一同、「いつか」、ではなく「今」を一所懸命に自己丹誠を続けていきます。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

大きな目標、小さな目標それぞれを大事にして自己を丹誠していく、皆さんの発表や感想にそのような想いが込められていた木鶏会だったと思います。
 
参加レポート
 北陸営業所 技術部 堀口

 

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

「自己を丹誠する」自分の現状に向き合い向上心をつけていき、成長できるように続けられる心構えが大切だとわかりました。

 
2.社内外に伝えたいこと
1人1人の仕事の取り組み方やテーマに対する意見を聞けるいい機会になりました。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

感想と仕事についてどう活かしていくかを話し合いすることができたのでよかったです。とても良い雰囲気でできました。
 
参加レポート
 きんそく建築測量 技術部 濱本

 

第35回 社内木鶏会 開催

2018年11月13日
第35回 社内木鶏会 テーマ「自己を丹誠する」

今月の『致知』特集のテーマは「自己を丹誠する」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第35回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

現状に甘んじない、現状に止まらない。現在の状態に安心してしまわないで学び続ける。「一生、自己丹誠」自分という人間をまごころを込めて仕上げていく。

 
2.社内外に伝えたいこと
今回で第35回!来月で丸3年の木鶏会となります!!全員参加で盛り上がっていきましょう!!

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

大きな笑いと皆の笑顔で活力いっぱいの1時間。皆さんからパワーをいただき、心の栄養も沢山いただきました。社内木鶏会楽しいです!
 
参加レポート
 本社管理部 西本

第35回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:自己丹誠

松原 泰道師の「空しく老いないためには自分自身への丹誠が欠かせない」という言葉を今しっかり受けとめている。この世に生を受け1回きりの人生。人と比べて云々とかいうのではなく、どんどん進化し、進化していく時代の中で自分はぶれずに自分自身を貫き仕上げてこれたかを問うてみる。今、私には難病のため日々目が見えなくなってきている85才の母がいる。いよいよ完全に見えなくなる覚悟をする時が近づいてきている。私は母の残りの人生をどのような状態になろうとも「幸せな人生だった」と思ってもらえるようにサポートしていきたいと思っている。自分の限られた時間の中で何ができるか姉妹との連携、介護サービスの利用などでやりくりしていくと同時に「楽しい人生」もサポートも絶対に必要である。今後、私自身も幸福な人生を生きるために、他者のために手助けする気持ち「与える」とはおこがましいが「してもらう」より「してあげる」ことに喜びを見い出せる心の持ち様を真剣に考えているとおろであり自分を丹誠できるのかが試されているような気持ちでいる。

本社 営業部 営業事務
(きんそく入社1年7ヶ月)
 

第34回 社内木鶏会 拠点

第34回 社内木鶏会 テーマ「人生の法則」

東京営業所・名古屋営業所・北陸営業所・和歌山支店・きんそく家屋調査・きんそく建築測量の木鶏会開催模様です。今月のレポートは東京営業所、北陸営業所です。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

自分よりも年下の方が多い中で、その方たちが立派な意見や芯の通った考え方を持っている。5年10年たったらと考えるととても頼もしく感じました。同時に自分もしっかりした意見を持たなければと思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
離れた営業所で存在感が薄いかもしれませんが、皆熱い想いを持って仕事に取り組んでいます。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

同じグループで同じ人の意見を何回か聞いていると、その人が何に重きを置いているかが分かって、普段の業務で協力する中でも参考になる。
 
参加レポート
 東京営業所 営業部 松本

 

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

「継続は本気さの証明」何か一つでも一生を通して本気になって続けることができるものができれば人生はこれからいくらでも変わっていけると思いました。

 
2.社内外に伝えたいこと
人生は投じたものしか返ってこない、一日一日をどう過ごしたかが人生になるということを意識して一日を生きていきたいです。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

とてもポジティブな感想が多く、盛り上がった木鶏会だったと思います。何事もポジティブな気持ちを持ってこれからも業務に務めていきたいです。
 
参加レポート
 北陸営業所 技術部 堀口

 
 
 

第34回 社内木鶏会 開催

2018年10月18日
第34回 社内木鶏会 テーマ「人生の法則」

今月の『致知』特集のテーマは「人生の法則」です。致知40周年。楽しい時間を共有し、みんなで人生の法則を語り合いましょう。それでは第34回きんそく社内木鶏会のスタートです。

1.参加を通して
 (学び、印象、気付き等)

今回は奥野社長、山田副社長とご一緒させていただきました。熱い思いを受けるだけではなく、自身の考えも発信でき、ますます気が引き締まりました。

 
2.社内外に伝えたいこと
普段は関わりの少ない人達の考えを聞き、交流できる機会なので大変勉強にもなり楽しめる場です。

 
3.参加した際の仲間の様子
 (雰囲気、感じたこと等)

一人一人が真剣に他者の発言に耳を傾け取り組んでいました。発表は真剣にパーフォーマンスは面白おかしく自然と笑顔が溢れていました。
 
参加レポート
 本社技術部 シールド計測G 岡井

第34回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:絶えざる挑戦に生きる

私は今まで働いてきたこの10年間で今の仕事が一番チャレンジだと思います。少し日本語の問題がある以外、日々の問題解決に向き合って充実感のある毎日を送っています。この仕事の経験は以前はありませんがそれをハンディキャップにするのではなく、モチベーションだと考えております。幅広くて奥深いプログラミングの世界で触れた事はまだまだ氷山の一角ですが、毎日打ち込んでしっかり勉強していきます。そして商品、サービスを開発してお客様に喜んで頂くためにより良いシステムを提供し前進して行きたいと思います。絶えざる挑戦に生きることは人生を生きることです。日々のチャレンジにワクワクしながら精一杯努力していきたいと思います。

本社 商品開発事業部 システム開発室
(きんそく入社3ヶ月)