フィロソフィ研修(外業)

2018年6月23日

本社3階で外業(パート社員・アルバイト社員)のフィロソフィ研修が行われました。

研修の内容は
・きんそく2018年度経営方針
・経営理念をどう理解しましたか?
・人生の方程式はなぜ大切なのか?
・「考え方」こそが人生を決め、運命を変えるをどう理解しましたか?
・きんそくフィロソフィが心に描かれている状態とは?

参加者は8名、講師は奥野社長です。

第30回 社内木鶏会 開催

2018年6月15日
第30回 社内木鶏会 テーマ「父と子」

記念すべき30回目の木鶏会です。今月の『致知』特集のテーマは「父と子」です。楽しい時間を共有し、共に心を高め合う場としましょう。それでは第30回きんそく社内木鶏会のスタートです。

まず奥野社長の挨拶です。
きんそくがみんなで木鶏会をやる理由は、一人でも多くの人に”きんそくファン”になって頂く為です。その為に、1つ1つ全ての商品に魂を込めて届け、お客様がその商品を受け取った時に感動してもらわなければなりません。木鶏会を通してみなさんの人間性を高め、その人間力をお客様に届け感動してもらいたいのです。その思いをもって皆さんに木鶏会をして頂きたいと思います。
今日も元気に明るくお願いします!
「父と子」について仲間と意見交換をします。自分自身が父親である人、自分の父親の事を思う人など、違う立場からの話を聞くことができます。子を思う親の気持ち、親を思う子の気持ちなど目に見えないけれど、とても深い愛情を感じる事ができました。
父と子の関係は「父と子」以外にも「上司と部下」「先輩と後輩」「師匠と弟子」色んな関係に当てはまると思います。30回目の木鶏会では素晴らしい「父と子」の関係を学ぶ事ができました。

第30回社内木鶏会 社長推薦優良感想文

テーマ:父と子

私の父は新浪さんのお父様と似ていて、寡黙で怒ることもあまりないような父です。一年を通して1日しか休日がない新聞配達という仕事を私たち4人の子どものために、文句も言わず趣味を捨ててまで働いてきてくれました。もちろん家族全員での旅行などこれまで数回しかなく小さい頃は他の家族をうらやましがっていました。しかし、毎日早朝から雨の日も雪の日も台風が直撃していても働く父の姿はとてもカッコよく目に、心に焼きついています。口下手な父ですが、酒が入ると「もともと測量士を目指していたが父(私の祖父)が倒れて家業の新聞配達を継いだ」と何回も同じ話を聞かされました。私が測量の道に興味を示したのは父の影響がとても大きいです。父が目指したものを体験したい、道を究めたいという想いがありました。父と同じように一所懸命に仕事に取りくみ将来生まれてくるであろう自分の子どもたちにも、私の背中を見て、カッコいい、自分もこうなりたいと思ってもらえるような「誇れる父」になれるよう日々努力で仕事をしていきます。

本社 技術部 (きんそく入社1年2ヶ月)

27期生フォローアップ研修②

2018年6月13・14日

前回の続きとなります。
27期生のフォローアップ研修が1泊2日で行われました。

管理部の宮嶋 大希さんの熱いレポートと当日の様子を写真で振り返ります。


27期生フォローアップ研修①

2018年6月13・14日

27期生のフォローアップ研修が1泊2日で行われました。

研修の内容は
・『経営理念』<奥野社長>
・『きんそくフィロソフィ教育』<奥野社長、山田副社長>
・『新入社員の心得』<田中取締役>
・『感想、抱負発表』(参加者全員)
・『きんそくコンパ』

今回のレポーターは管理部の宮嶋 大希さんです。
とても素晴らしい、読む側も学ぶ事がたくさんのレポートとなっています。
27期生のフォローアップ研修は2回に分けて投稿します。